トヨタへ供給のライズ&ルーミーも大人気! ダイハツの小型車作りとヒット車の秘策


 ダイハツが企画・製造し、トヨタへOEM供給しているライズ(ダイハツ版はロッキー)とルーミー(ダイハツ版はトール)が大ヒットしている。

 新車販売台数を見ると、ライズは2020年1月1位、2月1位、3月4位、4月7位、5月2位、6月1位、7月2位、8月2位、9月3位とまさにバカ売れ状態。

 ルーミーも2016年11月の発売と約4年が経過しているのにもかかわらず、2020年の1~9月の新車販売台数ランキングでは7位~8位をキープしている。

 一方、本家ダイハツ車の2020年1~9月の新車販売台数ランキングでは、ロッキーが20位~24位を行ったり来たり。トールも32位~40位と、OEM供給したトヨタ車の約3分の1~5分の1程度にとどまっている。

 そこで、ダイハツが企画、製造した小型車はなぜヒットしているのか? ダイハツのクルマ作りは凄いのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。


文/渡辺陽一郎
写真/トヨタ ダイハツ ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】どこが違う? ライズとロッキー、ルーミーとトールを写真でチェック!


ダイハツが小型車を作ると必ずヒットする?

左が本家ダイハツロッキー、右はダイハツがトヨタへOEM供給しているトヨタライズ
2015年9月15日にマイナーチェンジしたトヨタルーミー
ルーミーと同じくダイハツトールも2020年9月15日にマイナーチェンジが行われた

 トヨタは国内でも最大の販売規模を誇るメーカーだ。2020年度上半期(2020年4~9月)には、小型/普通車とOEM軽自動車を合計すると、国内で約65万台を販売した。

 2位のスズキと3位のホンダは僅差で、両社とも約28万台だから、1位のトヨタとの間には2倍以上の開きがある。

 そして2020年度上半期に国内で販売された新車のうち、軽自動車が38%を占めた。したがって、軽自動車をほとんど扱わないトヨタは、小型/普通車市場におけるシェアが特に高い。2020年度上半期に新車として売られた小型/普通車の50%がトヨタ車であった。

 そうなると小型/普通車登録台数ランキングの上位にも、トヨタ車が数多く並ぶ。2020年度上半期は、1位:ヤリス+ヤリスクロス、2位:ライズ、3位:カローラシリーズ、4位:フィット、5位:アルファード、6位:ルーミーと続く。上位6車の内、フィット以外はすべてトヨタ車だ。

 そして2位のライズと6位のルーミーは、ダイハツが企画と製造を受け持つOEM車になる。正確には2020年9月15日のマイナーチェンジで、兄弟車のタンクが廃止となり、ルーミー1本となった。尚、スバルへのOEM供給車、ジャスティは継続販売している。

 トヨタ製のヤリス+ヤリスクロスとカローラシリーズは、複数のボディタイプで成り立つが、ライズとルーミーは1種類だ。ダイハツ製OEM車は、少ないバリエーションで効率良く売れ行きを伸ばした。

 ちなみに10年前になる2010年度上半期(2010年4~9月)の小型/普通車登録台数ランキングは、1位がプリウス、2位はフィット、3位はヴィッツであった。ダイハツ製OEM車ではパッソが6位に入った。

 この時に売られていたパッソは2代目で、発売は2010年2月だから、2010年度上半期には新型車であった。それでも6位だから、ライズが2位、ルーミーも6位に入る現在のほうが、ダイハツ製OEM車の売れ行きは好調だ。

2010年2月にデビューした2代目トヨタパッソ/ダイハツブーン
安っぽいと酷評された2代目パッソのコクピット

 近年のダイハツのクルマ作りを振り返ると、2010年に発売された2代目パッソは、内装の質、収納設備、走り、乗り心地などに不満があった。

 インパネの作りやシートの座り心地は、率直にいえば安っぽく、フタの付いた収納設備もほとんどない。重要書類の車検証を荷室のポケットに突っ込んだ。

 運転感覚も同様で、乗り心地が粗い。特にベーシックな13インチタイヤ装着車は、操舵に対する車両の動きが曖昧で、路上駐車する車両を避ける時にも気を使った。操舵した後、クルマの動きを見極めながら、操舵角を修正する必要もあった。

 こういった事情で、パッソは新型車だった2010年度上半期も、販売面でフィットやヴィッツを抜けなかった。

 このクルマ作りの背景にあったのは、2008年後半に発生したリーマンショックによる世界的な景気の悪化だ。

 2010年代前半に発売されたコンパクトカーは、3代目の先代ヴィッツ、4代目の現行マーチ(発売は両車とも2010年)、現行ミラージュ(発売は2012年)など、全般的に質感を下げた。パッソとダイハツ版のブーンは、この代表であった。

軽自動車で培ってきたノウハウでスモールカー全体のレベルアップを図る!

2016年4月にフルモデルチェンジした現行型パッソ。写真は2018年10月にマイナーチェンジした現行モデル

 そのために3代目の現行ブーン&パッソを開発する時に、ダイハツは慎重になって反省も行った。2016年4月に現行ブーン&パッソが発売された時の広報資料には、ダイハツによる次の記述が見られる。

 「ブーン&パッソなどのいわゆるリッターカーは、存在価値が問われる状況になっていた」。

 「従来のブーン&パッソのユーザーや小型車の購入意向があるユーザーに従来車の評価を尋ねたところ、取り回し性の良さは一定の評価を得ているものの、室内空間の広さや基本性能について厳しい意見があった」。

 「国内ユーザーの声に耳を傾け、ダイハツが培ってきた(軽自動車の)ノウハウを小型車に展開することで、スモールカー全体のレベルアップを図る」。

 以上を要約すれば、従来の2代目ブーン&パッソは、基本性能などに関する顧客の評価が低かった。

 存在価値が問われる状況でもあったから、3代目は軽自動車のノウハウを使って商品力を高めた。従来はコンパクトカーのノウハウを使って、軽自動車をレベルアップさせたものだが、今は逆の状況になったと述べている。

 この2016年のブーン&パッソに込められた切実な想いが、ダイハツのコンパクトカー作りを変えた。

次ページは : トヨタが口を出すよりも、すべてダイハツに任せたほうがうまくいく?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ