トヨタへ供給のライズ&ルーミーも大人気! ダイハツの小型車作りとヒット車の秘策

 ダイハツが企画・製造し、トヨタへOEM供給しているライズ(ダイハツ版はロッキー)とルーミー(ダイハツ版はトール)が大ヒットしている。

 新車販売台数を見ると、ライズは2020年1月1位、2月1位、3月4位、4月7位、5月2位、6月1位、7月2位、8月2位、9月3位とまさにバカ売れ状態。

 ルーミーも2016年11月の発売と約4年が経過しているのにもかかわらず、2020年の1~9月の新車販売台数ランキングでは7位~8位をキープしている。

 一方、本家ダイハツ車の2020年1~9月の新車販売台数ランキングでは、ロッキーが20位~24位を行ったり来たり。トールも32位~40位と、OEM供給したトヨタ車の約3分の1~5分の1程度にとどまっている。

 そこで、ダイハツが企画、製造した小型車はなぜヒットしているのか? ダイハツのクルマ作りは凄いのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。


文/渡辺陽一郎
写真/トヨタ ダイハツ ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】どこが違う? ライズとロッキー、ルーミーとトールを写真でチェック!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ