スイフト、ヤリスなど 「ボーイズレーサー」たちが今こそ必要だ!!


 かつて、1980年代。「ボーイズレーサー」と呼ばれた、小さいボディに元気のいいエンジンを積み、切れのある走りで当時のクルマ好きたちを魅了していたモデルが多数しのぎを削っていた時代があった。

 手頃に買え、維持費も安く、何より運転していて楽しい。

 本企画では、そんなかつての「ボーイズレーサー」たちを回顧しながら、現行車ならばどのモデルが「ボーイズレーサー」と呼ぶのにふさわしいか? それを考察してみたい。

【画像ギャラリー】思わず胸が熱くなったあのクルマたち 歴代ボーイズレーサー列伝

※本稿は2020年9月のものです
文/片岡英明、永田 恵一、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2020年10月10日号


■そこが気になる!「ボーイズレーサー」ってどんなクルマ?

(TEXT/編集部)

 そもそも「ボーイズレーサー」という言葉が出始めたのは、1980年代だったようだ。

 1970年代から同じようなコンセプトを持ったクルマ(例:2代目のKP61型スターレット)は存在していたものの、担当は個人的に3代目のワンダーシビックに直4、1.6LエンジンZCを搭載して1984年に追加設定されたシビックSi以降にボーイズレーサーが認識されたように思う。

GRヤリスはノーマルとは違う3ドアハッチバックベース車となる。1.5L DOHCのRSグレードもエクステリアは272psの1.6Lターボを積んだRZとほとんど変わらない

 全日本ツーリングカー選手権への参戦マシンとなったことや、ボンネットにはノーマルのシビックにはないパワーバルジがあったことも、そのイメージを色濃くしていた。

 同じようなモデルを指す言葉に「ホットハッチ」があるが、こちらはボディ形状が文字どおりハッチバックに限定されてしまう。

 ボーイズレーサーにはハッチバック車だけでなく、AE92型以降のカローラレビン/スプリンタートレノ、歴代CR-Xなどのクーペモデル、さらには軽のセダンをベースにしたアルトワークスなどのホットモデル(※軽の過激なスポーツモデルには「ベビーギャング」の愛称もある)まであり、ボディ形状の区別までは厳密にはないと思われる。

現行の4代目スイフトスポーツは価格といい、走りのよさといい、まさにボーイズレーサーそのものだ!

 下にボーイズレーサーの10カ条を記したが、あくまでこれは原則であり、AT率が向上してクルマ全体の新車価格が上がった現在では、必ずしもこの条件すべてを満たすモデルばかりではないことをお断りしておく。

●ボーイズレーサー10カ条
・求めやすい車両価格(約200万~300万円台前半)
・ランニングコストが安い
・アフターパーツが豊富
・ボディサイズが小さい
・基本的には4シーターで実用的に使える
・絶対的な速さはなくともキラリと光る走りを持つ
・排気量は2L以下
・峠を走るのが楽しい
・3ペダルMTの設定車があるクルマが多い
・基本的にFF車ベース

 続いては現行モデルのボーイズレーサーランキングをお届けしよう。

■国産モデル&輸入車混合ランキング 現代ボーイズレーサーモデルTOP20

(TEXT/永田 恵一)

 1位はイマイチなMTのクラッチとシフトのフィール、エンジンが「速いけど楽しさに欠ける」という点と、タイヤ代が安くない以外はボーイズレーサーの鏡のようなスイフトスポーツが鉄板だ。

1位 スズキ スイフトスポーツ…最近あった一部仕様変更でブラインドスポットモニターを標準装備し、安全性をさらに向上。トルクフルなエンジンなのでATという選択も大アリだ

 スイフトスポーツは内容を考えれば激安なのに加え安全装備も文句なし、豊富なアフターパーツによる発展性も高いと、日本車の宝。

 2位の86/BRZは下の番外コラムで書いた私のレビンのような要素も持ち、FRなので学べる要素も多く、価格も納得できる範囲といまだ魅力的だ。

2位 86/BRZ…標準系なら聞き覚えのあるタイヤサイズなので車格のわりにタイヤ代が安いのもありがたく、燃費も良好

 ボーイズレーサーとして使うなら、新車が残っているかはともかくとして、ベース車となるBRZのRカスタマイズパッケージのホイールを換えるという乗り方がおススメ。

 3位のアルトワークスはすべてが安上がりなだけでなく、ボーイズレーサーらしいピリリとした走りも素晴らしい。

3位 スズキ アルトワークス…パンチあるエンジンと適度な硬さのサスペンションにより、ボーイズレーサーの資質は高い

 4位のマーチNISMO Sはいいクルマ度は低いが、乗って楽しいというボーイズレーサーらしさを評価。

4位 日産 マーチNISMO S…全体的に悪い意味でなくアフターパーツを集めて作ったような雰囲気があり、それはそれで楽しい

 5位のアバルト595はボーイズレーサーらしさに加え、「小さいのにプレステージがある」というブランドイメージの高さも大きな魅力だ。

5位 アバルト595…買うなら左ハンドル+MTという仕様がおススメ。街乗りにも似合う雰囲気も好ましい

 ノートNISMO SはマーチNISMO S同様の楽しさを持つが、絶対的な価格が安くないので6位、7位とした。

6位 日産 ノートNISMO S…1.6L NA+MTという古典的なボーイズレーサーを思い出すスペックも魅力だ

 ボーイズレーサーに似つかわしいのはオーソドックスな1.6L+MTだが、新鮮さやレスポンスのよさに代表される電動車の魅力を試してみたいならe-POWERもいい。

7位 日産 ノートe-POWER NISMO…通常のノートe-POWER NISMO以上に回生制動を強くできる点も電動車らしい

 8位から10位は「MTのあるコンパクトカーのベースグレード」を安さと、チューニングによる発展性を評価して並べた。

8位 トヨタ ヤリス1.5L…ボーイズレーサーとしてヤリス1.5ガソリンを使うなら、安いXのMTに手を加えるのが面白い
9位 マツダ デミオ15MB…「MB」はモータースポーツベースを意味しており、その意味でも存在意義が明確だ
10位 スズキ スイフト1.2L…1.2L NAだけにパワーはないが、そのぶんは800kg台後半の軽さでカバーしたい

 本当の意味での現代のボーイズレーサーはこんなクルマたちかとも思う。順位はアフターパーツの豊富さによる発展性の順と思ってほしい。

 オープン2シーターは実用性の低さによりこの順位とした。

11位 マツダ ロードスターNR-A…ボーイズレーサーに使うなら大径ブレーキローターなどにより持久力が向上するNR-Aが、レースに出なくてもおススメだ
12位 ホンダ S660…スペースに加え最悪な乗降性など実用性は皆無に近いが、その代わりクルマを運転する歓びにあふれているのがS660の魅力だ
13位 ダイハツ コペン…軽オープン2シーターながらそれなりに実用的なのがコペンの持ち味。価格との折り合いもありグレード選びは迷うかもしれない

 しかし、実用性を求めないならボーイズレーサーにも問題なく、このなかではワンメイクレースに出られるという資格もついてくるNR-Aの存在も決め手にロードスターを筆頭にした。

 軽の2台は走りに没頭したいならS660、「S660がピュアすぎる」というならMTのコペンのLSDつきという選び方がいいだろう。

 トゥインゴは「いいクルマではないけど、この価格でNA+MTのSも含めRRに乗れる」という理由で輸入車では上位とした。

14位 トゥインゴ ボーイズレーサーとして乗るならNAを選び、小まめなシフト操作でMTを駆使してエンジンを回しながら走らせるのが楽しいだろう

 GRヤリスのRSの順位が低いのは1.5L NAにはクルマ自体があり余っている点など、「ボーイズレーサーにはちょっと違うかな」と感じるためだ。もちろん「クルマの余裕を味わう」という楽しみ方もあっていいとは思う。

15位 トヨタ GRヤリスRS…競技に使われるであろうGRヤリスの雰囲気を気軽に味わえるのがRSのキャラクターだ。オプションだが安全装備も非常に充実している

 輸入車のコンパクトカーはこの価格帯だとスポーツグレードでないのもありこの順位としたが、好みが合えばアリなチョイスだ。

 このなかでは好みがわかれるところもあるが、シャープなハンドリングを持つミニONEが楽しさでは一番だろう。

16位 ミニ ミニONE…ベーシックモデルでも街中や峠を軽快に走るというミニの魅力は健在。「小さくても存在感がある」というキャラクターも得がたいものだ
17位 プジョー208…ボーイズレーサーに使うならGTラインが本命だが、挙動が大きくなるアリュールかスタイルでクルマの動きを学ぶというのも面白い
18位 VW ポロTSI…オプションとなる装備もあるが、ポロと意外に変わらない価格でアウディブランドと高級感が手に入るのは確かに魅力的ではある
19位 アウディA1…派手さはないが、ドイツ生まれだけに日本でも厳しい環境下では真価を発揮する。それだけに長距離ドライブが多い人などには向く

 アクアGRスポーツはノートe-POWER NISMOに対するアドバンテージがない点と全体的な古さから最下位とした。

20位 トヨタ アクアGRスポーツ…GRスポーツはボディ補強やサスペンションの強化などGRのなかでは最もライトなチューニング内容だが、それでもその効果は高い

次ページは : 【番外コラム】ボーイズレーサーと聞いて頭に思い浮かぶモデルたち

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ