オラオラ顔はどこから始まった? クルマ界を賑わすブームの開祖カーを探る


 たとえば現在ならSUVは世界的なブームだし、比較的新しい流れとしては新世代クーペタイプの潮流も起こっている。

 いつの時代にも、クルマ界にはそうしたなにかしらのブーム、潮流があり、それが自動車産業の発展を下支えしてきたと言っても過言ではない。

 この企画は、そうしたいくつものブームの「開祖」的なクルマを探仕出してみるというものだ。

 2名の自動車史に詳しい評論家が選出した「開祖候補」カーについて、編集部が「それならコッチなんじゃねーの?」と思ったほうに投票。投票数の多いほうが真の「開祖王」として認定される、という流れだ。

 現在のクルマ界で幅を利かせているブーム。その「始まり」探しの旅にご案内!

【画像ギャラリー】決から漏れても偉大な先駆車! 話題に上ったクルマたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年9月のものです
選出・文/片岡英明、鈴木直也、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2020年10月26日号


■Part01 プレミアムSUVの“開祖”は誰だ?

●乗って快適、所持して自慢。それがプレミアム

 悪路だけ走ってればよかった時代は終わり、舗装路での快適性&ステータスまで求められるようになった現在のSUV。そんなしゃらくさい流れを生み出してしまった最初の一台はなんなのか?

●片岡英明の見解 → 三菱 2代目パジェロ

三菱 2代目パジェロ…最上級グレードのスーパーエクシードは、電動スライドシート&シートヒーターなども装備されていた2代目パジェロ

 乗用車ベースのクロスオーバーSUVが登場する前にプレミアムSUVの世界を提案したのが1991年に登場した第2世代のパジェロだ。自慢の高い走破性に加え、4ドアのロングボディは快適性も大きく向上させている。

 副変速機付き4WDは電子制御デフロック付きのスーパーセレクト4WDに進化し、高速走行も余裕でこなす。エンジンもディーゼルターボだけでなく上質なパワーフィールのV6エンジンを設定した。上級グレードは本革シートを採用し、贅沢さも格別。

●鈴木直也の見解 → トヨタ 初代ハリアー

トヨタ 初代ハリアー…6代目カムリをベースに作られた初代ハリアー(1997年登場)。「WILD but FORMAL」のCMキャッチコピーがすべてを物語る

 その昔、SUVがまだRVと呼ばれていた頃、初めて全国的なブームを起こしたクルマがパジェロだった。ただ、パジェロはそもそも本格クロカン4WDだから、都会派ユーザーには過剰にヘビーデューティ。ブームが一巡すると、もっとオシャレでライトなSUVが望まれるようになる。

 そのニーズをうまくキャッチアップしたのが、1997年デビューの初代ハリアー。このクルマ以降、乗り心地と居住性に優れたセダンベースのプレミアムSUVの天下となったわけでございます。

●ベストカーで「決」を採ると…2代目パジェロ:1票 vs 初代ハリアー:6票

 部内で唯一パジェロに票を入れたイイジマは「2代目パジェロ、もしくはランクル80しかないっしょ!」と力説。が、賛同されず…。

■結論:初代ハリアーこそ開祖!!!

■Part02 ミニバンの“開祖”は誰だ?

●日本的なクルマの使い方、その最適解がコレ

 自動車史で考えれば、1982年登場の日産・初代プレーリーが日本的ミニバンの開祖のはず。が、今回お願いしたお二方とも、少し違った考えをお持ちのようで……。

●片岡英明の見解 → ホンダ 初代オデッセイ

ホンダ 初代オデッセイ…1994年にデビューした初代オデッセイ。普通の乗用車感覚で乗れるミニバンとして大ヒット

 オデッセイが登場するまでのミニバンは、商用の1BOXをベースに鼻先を追加しただけだった。が、1994年秋に登場したオデッセイは違う。アコードをベースに、伸びやかなワンモーションフォルムのボディを被せた。

 ホンダは生活を創造するクリエイティブムーバーと呼んでいる。セダン感覚の洗練されたハンドリングと乗り心地、快適に座れる広いキャビンがオーナーを魅了した。

●鈴木直也の見解 → マツダ 初代MPV

マツダ 初代MPV…1990年に日本に導入された初代MPVは、クロスオーバーSUV的な性格も併せ持っていた

 昔は多人数乗用車といえば“ワンボックス”だったが、その実体は5ナンバー登録用にアレンジした商用車。今のミニバンと比べたら、走りも乗り心地も洗練性に欠けるものだった。

 そんな時代、FRレイアウトながら純粋なパッセンジャービークルとして生まれたのがマツダMPV。北米市場向けに企画されただけに、走りの洗練度はミニバンの名にふさわしいものがありました。

●ベストカーで「決」を採ると… ホンダ 初代オデッセイ:5票 vs マツダ 初代MPV:2票

 鈴木直也氏の解説には説得力があったが惜しくも敗退。ホンダの業績を回復させたオデッセイのような強力なエピソードがあれば……。

■結論:初代オデッセイこそ開祖!

次ページは : ■Part03 ハイパワーセダンの“開祖”は誰だ?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ