青春のプレリュードとセリカが欲しい!! 1980年代のデートカーは今買える?


 50歳以上のクルマ好きは、ほとんどがスーパーカー世代ではないだろうか。彼らが熱狂していたクルマの多くが、リトラクタブルヘッドライトを採用していた。

 カウンタックやフェラーリ512BBに憧れていたが、もちろん買えない。現実の世界では当時、デートカーといわれたプレリュードやセリカ、シルビアを60回払いのローンを無理やり組んで買った人も多かった。

 今回は、1980年代に20代だった若者が熱狂したリトラクタブルヘッドライトのクルマ代表として、セリカ、プレリュードの中古車を取り上げたいと思う。


文/萩原文博
写真/トヨタ ホンダ ランボルギーニ

【画像ギャラリー】買うのは最後のチャンス!? プレリュードとセリカの新車当時の写真をチェック! 


当時、スペシャルティといえばリトラクッラブルヘッドライトだった

スーパーカーといえばカウンタック、リトラクタブルヘッドライトだった

 筆者は1970年生まれで現在50歳。幼少期にスーパーカーブームそして漫画『サーキットの狼』を体験したことで、ランボルギーニ・カウンタックやフェラーリ512BBといったクルマが採用しているリトラクタブヘッドライト=“カッコイイクルマ”と刷り込まれた。

 日本車として、初めてリトラクタブルヘッドライトが採用されたのは1960年代に登場したスポーツカーのトヨタ2000GTだったこともあり、リトラクタブルライトは高性能スポーツカーの必須アイテムとなった。

 時が流れて1980年代、リトラクタブルヘッドライトはスポーツカーだけでなく、当時“デートカー”と呼ばれたスペシャルティモデルにも拡大した。

 その代表例が2代目~3代目のホンダプレリュードである。ライバルといわれていたS12型日産シルビア/ガゼールもリトラクタブルライトを採用していたが、人気面では圧倒されていた。

 そして1980年代のリトラクタブルヘッドライトブームを象徴する映画が1987年に公開された。

 その映画は『私をスキーに連れてって』だ。この映画に登場するクルマというとST165型のトヨタセリカGT-FOURを思い浮かべる人が多いが、映画のオープニングで主人公の愛車として登場するのがトヨタカローラIIリトラだ。

映画『私をスキーに連れてって』に登場したST165セリカGT-FOUR
スポーティカー=リトラクタブルヘッドライトというイメージがあったのか、このカローラIIのようにスポーティさを強調したいクルマはリトラクタブルヘッドライトを装着していた

 すなわち『私をスキーに連れてって』の劇中に登場する重要なクルマはすべてリトラクタブルヘッドライトを採用したクルマばかり。これが当時の若者の世相を反映したものといえる。

 余談ではあるが、劇中に出てくる主人公のたまり場であるゼファーインは筆者の自宅の近くにあったが、現在はマンションに建て替えられてしまった。

 リトラクタブルライトはスポーツカーだけでなく、1981年に登場したマツダコスモなどにも普及したが、国産車では2002年に生産終了したマツダRX-7を最後に採用されなくなった。

 その理由は安全基準の変更によるもの。歩行者保護の重要性が高まり、ボディの突起物を減らすように設計されるようになったこと。

 そして外国ではヘッドライトの常時点灯が義務づけられている国もあり、リトラクタブルヘッドライトに逆風が吹いたのだ。

3代目プレリュード:1987年4月~1991年8月

量産乗用車として初めて機械式4WSを採用した3代目プレリュード。先代に引き続きデートカーとして人気を誇った
当時のスペシャルティカーのコクピットデザインは凝っていた。写真は人気グレードのプレリュードXX

3代目プレリュードの中古車情報はこちらをクリック!

 もう中古車でしか手に入れることができないリトラクタブルヘッドライトを採用したクルマ。

 現在、1989年以降に登場した国産中古車は海外への流出によって価格が高騰しているが、そこで今回は50代のオジサンたちの若者時代に憧れた1980年代に登場したリトラクタブルヘッドライトを採用したデートカーをはじめとした国産車の最新の中古車相場について紹介する。

 まずは、なんといっても当時“デートカー”として圧倒的な人気を誇った3代目ホンダプレリュードだ。

 3代目プレリュードは1987年4月~1991年8月に販売された。外観デザインは大ヒットした2代目を継承し、プレリュードを象徴するロー&ワイドフォルムは、低く抑えた全高1295mmのまま、全長4460mm、全幅1695mmと従来のモデルに比較して拡大した超偏平エアロスタイルを採用。

 ボディの凹凸を極限まで削ぎ落した張りのある曲面構成は、サイドを精悍に引き締める低いベルトラインとの相乗効果により、フォルムの美しさを一段と強調している。

 インテリアは、極細ピラー採用によるワイドなガラスエリアとサンルーフ位置の前方レイアウトにより、優れた超広角視界を確保。

 また、大型センターコンソール付のラップラウンド形状のインストルメントパネルや、機能的なメーターレイアウトを採用するなど、コクピット全体をスポーティなイメージでトータルデザインしている。

 搭載されているエンジンは2L、直4で最上級グレードのSiには最高出力145psを発生する2L、直4DOHCを搭載していた。

 3代目プレリュードのトピックスは当時世界初の技術、舵角応動タイプの4輪操舵システム、ホンダ4WSや新世代の4輪ダブルウィッシュボーンサスを採用したことだ。

 女性にもてることに注目が集まったが、見た目だけでなく、走行性能でも十分高い実力を兼ね備えていたモデルだったのだ。

 3代目プレリュードは1991年に生産終了しているので、最終モデルでもすでに約29年が経過しているモデル。

 しかし、中古車は6台流通している。直近3ヵ月は約4~8台の幅で上下しているものの安定傾向となっている。

 流通している中古車の平均走行距離は3カ月前の約10万kmから現在は約8.9万kmに減少しているものの、中古車の平均価格は約106万円でこの3カ月の間横這いで推移しており、このあたりが底値といえるようだ。

 中古車の価格帯は約88万~約238万円で、価格応談が3台となっている。流通している中古車のグレードはほとんどが2.0Siだが、わずかに限定車のステイツも見つけることができる。

 走行距離が5万km未満になると中古車相場は200万円以上となるが、青春の甘酸っぱい思い出を100万円で手に入れられるというのはリーズナブルといえるだろう

次ページは : ST160系セリカ:1985年8月~1989年8月

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ