いつかまた乗りたい? これからの人生で今が一番若いんですぞ!! 「リターン」にお薦めバイク15選


アドベンチャー気分をお気軽にスズキVストローム250

スズキVストローム。価格:61万3000円(ABS付)。水冷4ストロークSOHC2バルブ2気筒248cc、24ps/2.2kgm、WMTCモード燃費31.6km/L(クラス2、サブクラス2-2)。普通二輪免許

 クルマでいうSUVが、バイクでのアドベンチャーカテゴリー。実際に野山を冒険しないまでも、どこでも行けそうな雰囲気がたまらない。

 しかし、ガチのアドベンチャーは1000cc超級の巨漢揃いで乗りこなしも大変だ。そこへきてVストローム250は、アドベンチャーらしいテイストながら250ccならではの気軽さで乗り回せる。

 低中回転域を重視したエンジンは24psと控えめで、手の内で転がせる感じがイイ。

気兼ねなく回せる超高回転エンジンカワサキNinja ZX-25R

カワサキZX-25R Ninja ZX-25R。価格:82万5000円~91万3000円(ABS付)。水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒249cc、45ps(ラムエア加圧時46ps)/2.1kgm、WMTCモード燃費18.9km/L(クラス3-2)。普通二輪免許

 並列2気筒や単気筒がほとんどの250ccクラス。久々に登場したZX-25Rの並列4気筒エンジンは、1万7000rpm以上回る、まさに走る精密機械だ。

 ……なんて書くと超高性能マシンのようだが、ZX-25Rの良さはさほど速くないこと。

 超高回転まで気持ちよくブン回しても、そこは250cc、たいしてスピードは出ないのでいろんな意味で安心だ。カッチリとストッパーに当たるまでアクセルをひねられるのは快感!

次ページは : 最高にちょうどいいホンダ・バイク版/ホンダレブル250

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ