ハリアーからレヴォーグまで…最激戦区 300万円台の目的別お薦めベストカー


「使い勝手がイチバン」「走りを楽しみたい」「コスパ最重要」「とにかく扱いやすいクルマ!」……クルマの用途や買う基準、楽しみ方は人それぞれ。

 今回は300万円台の予算がある人の目的別・ベストチョイスを18台選出。

 300万円台あれば購入の選択肢はかなり広がるが、それだけに迷いも出る。あとから後悔しないためにも、ベストカーのイチ押しモデルたちを、クルマ選びの候補にぜひぜひ加えてみてほしい!

●こんなニーズ、考えてみました!!!
・スポーツドライビングを楽しみたい!
・運転しやすいクルマが欲しい!
・3列シート重視なら?
・居住性&乗り心地重視なら?
・コスパにこだわりありなら!
・趣味のアウトドア遊びに便利なクルマは?
・10年飽きずに乗りたいなら?
・インテリアの質感にこだわりアリ!
・免許を取った子どもの「最初のクルマ」探してます!

【画像ギャラリー】選択肢がグッと広がるなかでのベストチョイス18台をギャラリーでじっくり見る!

※本稿は2020年10月のものです
選者/斎藤 聡、国沢光宏、渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2020年11月26日号


■スポーツドライビングを楽しみたい!

(選者/斎藤 聡)

 200~300万円台は86、BRZ、ロードスター(含むRF)の寡占状態。86ファンの方はBRZを86と読み替えてください。

 BRZ STIスポーツはBRZのメーカーチューンバージョン。こうやったらクルマのよさがもっと引き出せる、という心憎いチューニングが魅力。

【オススメNo.2】スバル BRZ STIスポーツ:359万7000円(6MT)

 ロードスターはライトウェイトスポーツの教科書的クルマ。コンパクトなボディ、決してパワフルではないエンジンを駆使して走る面白さは、文字どおりスポーツドライブ。

【オススメNo.1】マツダ ロードスターRS:333万4100円(6MT)…BRZ STIスポーツもいいが、スポーツを満喫できるロードスターがNo.1

■とにかく運転しやすいクルマがいい!

(選者/渡辺陽一郎)

 300万円台では、全般的にボディが大きく運転しにくいクルマが増える。そこで最も推奨されるのがVWゴルフだ。

 モデル末期だが全長は4265mm、全幅も少々ワイドながら1800mmに収まる。ボディは水平基調で四隅の位置もわかりやすい。

 最小回転半径は5.2mで、小回りも利く。インパネの周辺もシンプルで、操作性がいい。

【オススメNo.1】VW ゴルフTSIコンフォートラインマイスター:323万円(7DCT)…水平基調のボディで四隅の位置がわかりやすいゴルフがイチ押し

 No.2はフォレスターだ。全幅は1800mmを超えるが、スバル車らしく周囲を見やすい。着座位置が適度で乗降性も優れている。

【オススメNo.2】スバル フォレスタープレミアム:308万円(CVT)

次ページは : ■わりと頻繁に3列目シートを使います

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ