ハリアーからレヴォーグまで…最激戦区 300万円台の目的別お薦めベストカー


■わりと頻繁に3列目シートを使います

(選者/渡辺陽一郎)

 この価格帯のミニバンで3列目が最も快適なのは改良を控えるオデッセイだ。低床だから床と座面の間隔が充分に確保され、足を投げ出したり膝の持ち上がる不自然な姿勢になりにくい。

 しかも3列目のシート形状も優れ、座り心地にもボリューム感を持たせた。

【オススメNo.1】ホンダ オデッセイアブソルートホンダセンシング(7人乗り):338万7000円(CVT)…アルファードで決まり……と思いきやオデッセイをNo.1選出。優れた3列目だ

 No.2はアルファード。オデッセイに比べると床と座面の間隔が足りず、左右に跳ね上げて畳むから、体を包む形状にもできなかった。それでも頭上と足元の空間は広く、畳んで荷物を積む時の荷室容量も大きい。

【オススメNo.2】トヨタ アルファードS(7人乗り):390万8000円(CVT)

■クルマは居住性&乗り心地重視派です

(選者/渡辺陽一郎)

 300万円台で、居住性と乗り心地が最も快適なモデルはカムリGだ。17インチタイヤを装着しており、18インチに比べると、適度な柔軟性が伴う。

 セダンボディによる振動の伝わりにくさや遮音性も、快適性を向上させている。後席の頭上や足元の空間も広く、大人4名が乗車して、長距離を快適に移動できる。

【オススメNo.1】トヨタ カムリG:379万4000円(—)…遮音性が磨かれ、超快適に移動できるのがカムリだ

 No.2はレガシィアウトバックだ。北米ではすでに新型が登場しており、国内仕様はモデル末期だが、足回りが柔軟に動く。後席も広く長距離移動も快適だ。

【オススメNo.2】スバル レガシィアウトバックリミテッド:363万円(CVY)

次ページは : ■コストパフォーマンスにこだわるなら?