最後発の日産新型ノートは先行ヤリス&フィットに勝てるのか?

 2月にトヨタヤリスとホンダフィットが、12月に日産ノートがそれぞれフルモデルチェンジとなり、2020年は、国産3大コンパクトの新モデルが勢ぞろいした年となった。2021年の、この3台の販売合戦は、いまから非常に楽しみだ。

 すでに人気車となり、波に乗っているヤリスそしてフィット。ノートはこの強敵2台から10か月遅れ、最後発となってしまったが、ここから2台に追いつき、追い越すことはできるのか。3台の長所と短所の比較をしていこうと思う。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、HONDA、NISSAN

【画像ギャラリー】国産コンパクトカーの覇権争い激化!! 新型ノート、ヤリス、フィットを写真でチェック!!


コンパクトカーの常識を超えた、新型ノート

 新型E13ノート最大のキーアイテムは、第2世代e-POWERだ。WLTCモード燃費は29.5km/L(市街地29.9、郊外32.6、高速27.6)と、優秀であり、そこに、新開発の次世代上級小型車向けプラットフォームを組み合わせ、さらには改良版プロパイロットを備えるなど、クラスを超えた乗り心地を実現している。

バリエーションは、上級「X(税込218万6800円)」、ミドルクラス「F(税込205万4800円)」、エントリークラス「税込S(202万9500円)」の3グレード構成。いずれもe-POWERとなる

 またインテリアは、これまでの日産車の中で、もっとも先進的になった。メーターとナビゲーションを繋げた一体型バイザーレスディスプレイや、コンパクトな新しいシフトノブ、大型のコンソールボックス、それらを覆う表皮素材も、非常に質感が高い。

 また、オートホールド機能付のE-PKBが全車標準搭載になった。インテリアが苦手な日産のクルマとは思えない、質の高い仕上がりとなっており、日産の上級車のクオリティを抜いている。

メーターとナビゲーションを繋げた一体型バイザーレスディスプレイと、新開発された小型のシフトノブ その下に位置するのが全車標準搭載になったE-PKBだ

 走りも秀逸だ。第1世代e-POWERとは全く違う世界観がある。走り始めてすぐに感じるのが、ゼロ発進時のなめらかさと浮遊感だ。低速走行時に聞こえる「フィーン」という電子サウンドによるもので、フィットe:HEVやヤリスハイブリッドとは異なる、独特なフィーリングがある。

 ハンドリングや乗り心地もすっきりとした印象で、全グレード最小回転半径4.9mと、取り回しも抜群に良い。路面突起との当たりの柔らかさ、といった乗り心地性能も、すこぶる改善している。

 静粛性の高さが自慢のフィット並にインパクトノイズも抑えられており、先日、日産追浜工場グランドライブで開催された試乗会では、ロードノイズは殆ど気にならなかった。また発電時のエンジンの音質も、現行ノートの「ガーガー」という芝刈り機サウンドから、「グォーン」という澄んだ印象に変わっている。

リアスタイルも新世代の日産を感じさせる纏まり感のあるデザイン

 走行性能やクルマのつくりには、弱点が見当たらない新型ノートだが、唯一心配な点は、廉価なガソリンモデルがないことだ。

 現行のE12ノートが、ガソリン車が約145万円から買えたことを考えると、大幅な価格アップとなり、新型ノートを求めるすべてのユーザーに、この価格がマッチするのか、が、新型ノートの勝負どころだ。

欧州コンパクト並みの運動性能が自慢!! のヤリス

 ヤリス最大の魅力は、WLTCモード燃費「36.0km/L」(※HYBRID X 2WD)というハイブリッドモデルの驚異的な燃費性能だ。EVを除く、量販車史上最高レベルの燃費を達成している。

 ハイブリッドシステムは、従来のトヨタのハイブリットシステムと同様の「THS-II」だが、新開発の直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジンが組み合わされたことにより、可能となった。

ヤリスは、1.5Lハイブリッドの「HYBRID X 2WD(CVT)」が199万8000円、1.5Lガソリンエンジンの「X 2WD(CVT)」が159万8000円と、手の出しやすい価格設定となっている

 また、ハイブリッド車(FFの場合)であっても車重は1050kgと超軽量であり、トルクフルなエンジンも相まって、力強く滑らかに加速する。コーナーへのターンインや、旋回中のステアリング切り増し操作にも、クルマがしっかりと応答してくれるだけでなく、旋回中のブレーキングも安定している。

 コーナリング中にギャップを乗り越えた際などには、若干タイヤが跳ね上げられる印象はあるものの、揺れのおさまりは速く、ロールやピッチングといったボディモーションも小さく感じられる。こうした運動性能の良さは、すべて軽量ボディのおかげだ。

 気になるのは、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)が、30km/h以下になるとカットされる点。新型であれば当然、渋滞時の自動追従システムがあるものだと考えていたが、意表を突かれた。また、手引き式のサイドブレーキのみという点も、E-PKBを標準装備する新型ノート、フィットと比べるとやや古い印象だ。

大型のディスプレイオーディオは目立つ位置にあるのだが、メーター周りやインパネ周辺、シフトノブ形状など、新型ノートやフィットと比べると、ひと周り古さを感じるヤリスのインテリア

「広さ」と「静かさ」はコンパクトカートップ!! のフィット

 「e:HEV(イーエイチイーブイ)」とよぶ2モーターハイブリッドシステムがホンダのコンパクトカーとして初搭載された、フィット。WLTCモード燃費は「28.8km/L」(※e:HEV HOME 2WD)を達成している。

 このハイブリッドシステムは、発電時のエンジン騒音が小さく、しかもアクセルペダルの踏み方に応じてエンジン音がリニアに上昇するようセッティングされているため、加速時のフィーリングが良い。

フィットは、ハイブリッドの「BASIC e:HEV 2WD」が199万7600円、ガソリンエンジンの「BASIC 2WD」が155万7600円と、ほぼヤリスと並んだ価格設定だ

 また、前方視界の良さもポイントだ。従来のAピラーにあたる柱を細幅化し、ワイドで見晴らしの良い視界を実現している。車幅感覚がつかむのが苦手な人や運転初心者に向けては、この視界の広さは大きな武器となる。

度肝を抜かれたAピラー周りの構造 車幅感覚がつかむのが苦手な人や運転初心者にとって、この視界の広さは大きな武器となる

 昨今のコンパクトカーの中で、フィットはトップレベルで静かだ。特に、中低速(~60km/h)では、「サー」という小さめのロードノイズで音量も小さく、バツグンの遮音性能をもっている。高速走行時も、「ゴー」というノイズは聞こえるが、それでもこのカテゴリでは相当に静かなレベルだ。

 遮音機能付フロントウインドウガラスの採用や、吸遮音材の効果的な配置だけでなく、車体の局所剛性やパネル面剛性を上げて、音の振動伝搬を防ぐ構造を採用しているおかげだ。

 フィットの課題としては、旧型フィットには存在した「RS」グレードが、現時点のラインアップにはなく、旧型でファンになった方の受け入れ先がないことだ。

 本当は「NESS」が「RS」にあたるグレードであってほしかったところだが、その名の通り「フィットネスジム」程度の軽めのイメージあり、RSファンの期待する走りの良さには、全く届いていない。

ヤリス・フィットよりも一歩前へ出た!!

 新型ノートのボディサイズは、全長4045(-55)mm×全幅1695(±0)mm×全高1520(±0)mm、ホイールベース2580(-20)mmだ。E12ノートよりも全長を縮め、よりコンパクトでスタイリッシュなボディへとなった(カッコ内はE12比)。

 ちなみに、ヤリスは3940×1695×1500(全長×全幅×全高mm)、フィットは3995×1695×1515であり、ヤリス<フィット<ノートの順で約50ミリずつ、全長が長くなる。

 新型ノートの使い勝手、快適性能、走りには、ヤリスやフィットをこえるポテンシャルがある。もともとハンドリング性能に優れていたノートだが、快適性を上げ、日産コンパクトとは思えないインテリアを備えたことで、ライバルに一気に追いつき、そして、追い越した印象だ。

 ネックとなる価格も、旧型のE12型ノートe-POWERとほぼ同じ価格帯に抑えたことは、進化の内容を考慮すると、驚異的にコストパフォーマンスが良いし、新型ノートに漂う先進的なイメージには、e-POWERが似合うようにも思う。

 約10か月前にデビューをしているヤリス、そしてフィットで、コンパクトカーへの供給がひと段落した今、新型ノートが持つプレミアムコンパクトカー(e-POWERだけ)といういばらの道は、むしろ、吉と出るのかもしれない。この新型ノートは、必ず、日産を救う救世主となるだろう。

【画像ギャラリー】国産コンパクトカーの覇権争い激化!! 新型ノート、ヤリス、フィットを写真でチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ