今度は拓海と戦う!! アニメとCGの境界線に唸りまくり!? 『頭文字D』アーケードゲーム最新作が稼働開始!!


■あえての「店内4名対戦プレイ」

同じお店でプレイする人と、最大4人で対戦できるモード セガの開発陣が最も力を入れた要素だ もちろん、全国のプレイヤーと1対1でオンライン対戦するモードある

 また、店内4人対戦を新たに導入したことも、今作のポイントだ。

 店内4人対戦プレイのレースゲームは決してめずらしくないが、頭文字Dでは初めて。頭文字Dのゲームで、オンライン対戦を始めたのは2007年。当時は、家庭の回線は細く、ゲームセンターにいく価値があったが、いまは高速通信対戦が当たり前の時代。

 しかし、そういった時代だからこそ、ゲームセンターで、顔を合わせて対戦する楽しみの価値を提案したかった、と新井Pはいう。

 実は、「頭文字Dで4人対戦はあり得ない」、「原作と違う」といった意見もあったそうだ。しかし、それ以上に肯定的な意見が多数あったそうで、実際に、「2月25日に稼働開始して、今のところ反響は絶好調」とのことだ。

 ユーザーには、原作である漫画を読んでいた40~50代のおじさま方の他に、ゲームで頭文字Dを知った若者たちも結構いるそうだ。頭文字Dがもともと漫画だったことを知らずに、「セガの新キャラクタか?」と言う人もいたらしい。

 「そうした若い世代からも支持されることは大変光栄。ぜひ、消毒・換気を徹底している、いまのゲームセンターで、プレイしていただきたい(新井P)」とのことだ。

■今春には、湾岸ミッドナイトのZとポルシェも実装予定!!

現時点では7コース、18台のラインナップだが、車、コース、ストーリーが続々とアップデートされていく予定だ

 現時点は7コース、クルマは18台だが、今夏には2コース、14台を新たに追加、ストーリーモードの第2部も追加されるなど、コース、クルマ、ストーリー、数年かけてアップデートをしていく計画だという。する。

 そしてなんと!! 頭文字Dと同じく、大人気のクルマ漫画、「湾岸ミッドナイト」とのコラボまでもが決定していた。

 「悪魔のZ」ことS30型フェアレディZ、そして「ブラックバード」ことポルシェ911ターボ3.6(964)が、秋名や赤城を走るという夢の展開は、ファンならば胸が熱くなるだろう。これを実現したセガ、そして「新井P」には、感謝しかない。

 原作漫画の湾岸ミッドナイトとのコラボは、2021年春頃に実施される予定とのこと。頭文字D THE ARCADE公式Twitterにて最新情報を発信していくようだ。最新情報をゲットしたい方は、フォローをしておこう。

<頭文字D THE ARCADE公式Twitter リンク>
【画像ギャラリー】4年ぶりの新作!! 絶賛稼働中の「頭文字D」アーケードゲームのプレイ画面を見る!!