フロントマスクよりもテールランプのほうが衝撃的なクルマ


■マツダ R360クーペ(1960年)/小さいテールフィン

シンプルなのに個性が光る、マツダ R360クーペのデザイン

 このムーヴメントは日本にも多大な影響を与えた。初代クラウンには小さいながらにテールフィンがあった。今見ても超キュートでカワイイのは、マツダR360のテールランプだ。

 これもテールフィンの流れなのだが、その小ささ、控え目さは、日本人の謙譲そのもの。R360はフォルム全体が個性のカタマリだが、コロンと丸まったテール形状にも強く引き込まれるし、小さなテールランプも個性が光っている。

■日産 チェリークーペ(1971年)/噴射口を思わせる丸形2灯ヘッドランプ

リアフォルムは近未来的な雰囲気もあって、丸型2灯のテールランプがよく似合うデザイン

 1971年に登場した日産 チェリークーペのテールも超個性的だ。セミファストバックとも呼ばれるこの異様に盛り上がった背中、富士山をモチーフにしたといわれるCピラー、そして噴射口を思わせないでもない丸型2灯のテールランプは、どこか1950年代アメ車の面影がある。

次ページは : ■2代目日産 ローレル(1972年)/ブタケツローレル