【RX500 MID4 S-FR…】期待に胸を焦がしていたが…お蔵入りになった幻のスポーツカーたち


 1950年代から1970年代、高度経済成長期を迎えた日本では、クルマが急速に普及し、それまでの実用重視のモデルから、嗜好性のあるモデルが人気となりました。

 1960年代後半には、トヨタ2000GTや、日産フェアレディZ(S30型)といった、スポーツカーの名車が登場し、1970年代に入るとその流れはさらに加速、近年はその数を減らしているものの、これまでに多くの国産スポーツカーが世に送り出されてきました。

 しかし、なかにはさまざまな事情から販売に至らず、残念ながらお蔵入りとなってしまったモデルもあります。今回は、そんなお蔵入りになってしまった国産スポーツカーをご紹介します。

文:吉川賢一
写真:MAZDA、NISSAN、TOYOTA、HONDA、MITSUBISHI、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】1990年代に登場した、傑作国産スポーツをギャラリーでチェック!!


マツダRX500

 マツダが世界で初めて量産化したロータリーエンジン車である「コスモスポーツ(1967年登場)」。このコスモスポーツの後継モデルとして、1970年の東京モーターショーで発表されたのが「RX500」という、ロータリーエンジンを搭載したコンセプトカーでした。

RX500の「500」は、マツダ創立50周年を意味している 鮮やかな緑色のボディカラーは、マツダのイメージカラーの緑にあわせて塗られたが、その後、黄色に塗り直されている

 コンセプトカーとはいえ、デザインだけのモックアップではなく、実際に走行できる仕上がりとなっていたRX500は、登場が期待された国産スーパースポーツの先駆けでした。

 リアにロータリーエンジンを搭載し、重量バランスは50:50。850kgという車体に、最高出力250psの高出力エンジンを搭載するという、当時のレーシングカーのようなスペックでした。

 ウェッジシェイプ(車両後方が高く前方が低いスタイリング)のボディデザインをしており、リア周りがワゴンの形状になっています。また、スーパースポーツ必須の条件ともいえる、跳ね上げ式ドアも採用されていました。軽量化のため、ボディにはFRP(繊維強化プラスチック)が採用されていました。

 量産、そして販売まであと一歩だった…と考えるところなのですが、残念ながらコンセプトモデルにとどまってしまい、未だに「幻の国産スーパーカー」として、語り継がれる存在となっています。

日産MID4/MID4-II

 1980年代に日産が開発していた「MID4」。最高出力230psのエンジンを横置きに搭載し、なおかつ4輪駆動とした、ミッドシップのスポーツカーでした。MID4は、1985年のフランクフルトモーターショーでデビュー、同年の東京モーターショーにも出品され、好評を得たことから、市販化を前提とした「MID4 II」の開発がスタートしました。

1985年のフランクフルトショーで世界初公開となったMID4

 MID4-IIは、MID4に比べて、丸みを帯びたデザインとなり、ボディサイズは全長、全幅共に拡大されました。また、ミッドシップ+四輪駆動というパッケージングはそのままに、MID4に搭載されたエンジンをインタークーラーツインターボ化して最高出力330psまでチューンアップ、縦置き搭載するレイアウトへ変更しています。

1987年の東京モーターショーで世界初公開となったMID4-II 3.0L V型6気筒ツインターボエンジンのVG30DETTをミッドシップに搭載、最高出力330ps/6800rpm、最大トルク28.5kgm/3200rpmを誇った

 サスペンションはフロントがツインダンパー式のダブルウィッシュボーンで、リアはマルチリンクに「HICAS」を装備、ちなみに5速MTでした。

 MID4、MID4-II共に、非常に完成度の高いプロトタイプカーに仕上がり、テストコースにて試乗会も開かれ、いつ発売されるのか、当時、大きく話題になりましたが、実際に市販するためには、安全基準への対応が必要で、その開発に少なくとも1年以上かかること、さらには、販売価格が2,000万円を超えると試算されたことなどから、やむなく日産はプロジェクト中止を決断。市販されることなく、姿を消しました。

次ページは : トヨタS-FR

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ