ランクル GT-Rのトルクはどのくらい? ジャンル別「トルク王」選手権

加速度ピカイチはどのクルマ!? ジャンル別・国産車トルク王選手権

 馬力(最高出力)がその名のとおりエンジンが発生する最大出力を意味するのに対し、トルクは回転力の大きさを表している。

 簡単に解説すると、トルクが大きければ静止状態のクルマを発進させる力が強く、馬力の大きいクルマは最高速度が速くなる。

 トルクが大きいとクルマの加速力が高くなるので、最高速度を出すことが難しい公道では、馬力よりもトルクの重要性が高まる。

 つまりクルマのパワーを感じ取りやすいのは、トルクの大きいクルマということ。もっとも、馬力は「トルク×回転数」で決まるため、大馬力のクルマはトルクも大きい傾向がある。

 馬力とはまたひと味違った「魔物」、トルクの効いたクルマたちをチェックしてみよう。

※本稿は2021年4月のものです
文/長谷川 敦、ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年5月10日号

【画像ギャラリー】座席に身体が張り付くほどの加速度に酔いしれたい! 絶品トルクを誇る7台をギャラリーでチェック!


■国産スポーツNo.1/日産 GT-R NISMO(2014年・66.5kgm/3600~5600rpm)

 別企画「馬力王」に続き、トルク王の国産スポーツ部門もGT-R NISMOが戴冠。66.5kgmは圧倒的な数字で、このマシンをドライブすると、加速時に後ろから蹴飛ばされるような感覚を味わえる。

国産スポーツNo.1/日産 GT-R NISMO(2014年・66.5kgm/3600~5600rpm)

■国産SUV No.1/トヨタ ランドクルーザー(2009年・46.9kgm/3400rpm)

 悪路走行も考慮されるSUVでは、馬力と同様にトルクも重要。ここではSUV馬力王で2位だったランドクルーザーが1位になった。元々トルク重視の設計で納得の優勝。

国産SUV No.1/トヨタ ランドクルーザー(2009年・46.9kgm/3400rpm)

次ページは : ■国産セダン No.1/レクサス GS F(2015年・54.0kgm/4800~5600rpm)