あのデロリアンも忠実コピー! 超リアル再現!! レプリカ&カスタムカーの世界


 ドラマや映画、レースで走っていた憧れのクルマに乗ってみたい……という思いは、クルマ好きはもちろん、テレビ好き、映画好きの方も一度は抱くものかもしれない。

 『ナイトライダー』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『マッドマックス』、GT-R…。

 オーナーたちの憧れを結実させたレプリカカーと、ユニークだけど手抜き一切なし、本気のカスタムカー8台をご紹介。クルマ好きの情熱と、職人たちの技術が生み出したクルマの世界をご覧あれ。

文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2018年7月10日号


■【どんなオタクにも負けない愛が生んだ】『ナイトライダー』ナイト2000(K.I.T.T.)

 AREA TEN-ONEの代表取締役今井悠貴氏の趣味が高じて製作されたデモカー。クルマ好き男子が(きっと)一度は憧れを抱いたナイト2000「K.I.T.T.(キット)」のレプリカである!!!

 極上のポンティアック ファイアーバード トランザムをベースに作られた車両のインパネは、K.I.T.T.なのにキット商品が売られていないため、今井氏がFRPを使用してひとつひとつ手作業で仕上げたものだ。5L V8エンジンが収まるボンネット内もバフがけされており、美しい輝きを放っていた。

 大人の事情でこのデモカーのみに搭載されているのが、iPhoneに搭載されている「Siri」と同じように人間の言葉を認識し、劇中のキットさながらの回答をするシステム。

 しかも、テレビ放送当時実際にキットの吹き替えを担当した野島昭生さんの声になるようプログラミングまでされているというからトンでもない。レプリカの域をとうに超えた1台だった。

■【あのビフ・タネンも乗った!!】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』デロリアン

 あのマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)がタイムトラベルをしたマシンを完全再現したのがこちらのデモカー。雷をエネルギーにしていた車両ではなく、生ゴミをエネルギーに変えてタイムスリップできるように改造されたデロリアンをレプリカ。

 タイムマシンの肝となる「フラックス・キャパシター(次元転移装置)」も再現。電源供給装置やタイムサーキットも劇中車かと見紛うクオリティで製作されている。

 こちらのデロリアン、ひとたびイベントに出展すれば黒山の人だかりが。なんと改造費は800万円程度かかったという。

 現在素のデロリアンの中古車価格は、程度のいい物は800万~900万円するとのことで、お財布に余裕がある猛者以外にはなかなか手が出せない状況のようである。

次ページは : ■【荒野を駆け抜けた雄姿が日本で!】『マッドマックス』 インターセプター