大ヒットのレクサスSUV軍団に「本命」投入!! 新型レクサスNX登場で「買い」はどれ?

大ヒットのレクサスSUV軍団に「本命」投入!! 新型レクサスNX登場で「買い」はどれ?

 2021年6月にフルモデルチェンジを発表、10月からの発売開始がアナウンスされているレクサスの新型NX。既に8月より予約がスタートしているが、パワートレインの選択肢がガソリンターボからPHEVまでと多くあり、グレード検討に迷っている方も多いのではないだろうか。

 また、レクサスにはほかにも、エントリーラグジュアリーSUVから、クロスカントリー路も走破できる本格クロカンSUVまで用意されていることから、そもそもどのモデルがいいのかと、悩んでいる方もいるだろう。

 そこで本稿では、直近のレクサスSUVの販売台数を振り返りながら、新型NXを含めたレクサスSUVの「買い」モデルがどれか、考えてみよう。

文:吉川賢一
写真:LEXUS

【画像ギャラリー】ラグジュアリーSUVが欲しいなら!! 本格クロカンSUVからエントリーラグジュアリーまで、レクサスのSUVラインアップのすべて


人気車種はRX、車種グレード別ではUX250hが人気

 レクサスのSUV、4車種の2021年販売台数(1~8月)は、それぞれ、UX=7560台、NX=4748台、RX=8626台、LX=462台となっており、車種別で最も売れていたのはRXであった。

 また、人気のグレードは、トップがUX250h(6267台)、2番手はRX300(4132台)、3番手はRX450h(3935台)となっていた。全体的には、廉価なガソリンモデルよりも、価格はやや高いが、ハイブリッドが好まれている様子が読み取れる。

2021年の販売台数は、UX=7560台、NX=4748台、RX=8626台、LX=462台。人気のグレードは、トップがUX250h(6267台)、2番手はRX300(4132台)、3番手はRX450h(3935台)だ

 2021年3月までは、ほぼ同じような台数が売れていたUX、NX、RXだが、従来型NXのみ、4月以降登録台数が減少している。新型NXがワールドプレミアとなったのは6月12日、従来型NXの受注停止・販売終了がアナウンスされたのはそのころだ。事前に新型NXを察知していたユーザーが買い控えをしたのだろうか。その分、RXが販売を伸ばしたといった感じだ。

2021年4月以降、従来型NXのみ登録台数が減少している。新型NXの登場を予測してのことだろうか

迫力のLX、優雅なRX、パワトレの選択肢が多いNX、コンパクトなUX

●パワートレインの選択肢が多い新型NX
 10月に発売開始となる新型NXは、従来型NXに対して、スタイリングはほぼキープコンセプトであったが、ボディサイズは若干大型化し(従来型NXよりも20mm伸び、20mmワイドに、5mm背が高くなり、ホイールベースも30mm伸びた)、細部がよりダイナミックなデザインとなった。

現在、先行商談中の新型NX。価格は、NX250:455万円~570万円、NX350:599万円、NX350h:520万円~635万円、NX450h+ :714万円~738万円の予定だ

 そして最大の特徴は、なんといってもパワートレインだ。注目の18.1kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載する2.5L直4プラグインハイブリッドと、2.5L直4ハイブリッド(FFとE-Four)、2.5L直4NAガソリンエンジン(FFとE-Four)、そして、2.4L直4ガソリンターボ(電子制御フルタイム4WD)の、なんと6種。トヨタが持つエンジンラインアップをフルに織り込んできた。

ヘッドアップディスプレイ、液晶デジタルメーター、14インチワイドタッチディスプレイを採用。コマンドコントローラーで操作するのではなく、直感的に操作ができるようにした

 プラグインハイブリッド車の燃費や加速性能などは、今後明らかにされていくだろうが、RAV4PHVの圧巻のパフォーマンスから想像すると、半端ない加速力の快速ラグジュアリーSUVになっていることだろう。

 ただし、714万円~と超高額になる模様。RAV4PHV(469万円~)よりも200万円以上も高く、RX450hが買えてしまうほどだ。RAV4PHVのときも予想に反して大人気となったため、ふたを開けてみなければわからないところもあるが、おそらく人気の中心となるのはハイブリッドのNX350hだろう。

●取り回ししやすいサイズと手ごろな価格が魅力の「UX」
 UXは、コンパクトなサイズと個性的なデザイン、そして、レクサスとしては手ごろな価格(UX200 397万円~)も人気の理由のひとつだ。ボディサイズは、CH-Rよりもひとまわり大きいが、全高が抑えられているため、コンパクトカーとSUVのクロスオーバー的な印象が強い。

 また、最小回転半径が5.2mと、コンパクトSUVの中でも小さく、都内でも取り回しのしやすい絶妙なボディサイズもあり、運転は抜群にしやすい。ちなみに、NXは最小回転半径5.6m(18インチ)、RXは5.9mだ。弱点といえば、NXやRXには及ばないインテリアの質感くらいだろう。またUX300eは、レクサス唯一のバッテリーEVであり、どうしてもEVが欲しいという方はこの一択となる。

コンパクトなサイズと個性的なデザイン、そして、レクサスとしては手ごろな価格(UX200:397万円~)も人気の理由のひとつだ。UX200:397万円~482万円、UX250h:432万円~544万円)

●ゆったりしたインテリアが魅力の「RX」
 全長4890mm、全幅は1895mm、という立派なサイズのRX。このサイズをうまく生かした、シャープでダイナミックなエクステリアデザインは、迫力を感じさせてくれるが、最小回転半径が5.9m(FF、AWDとも)と、この手のSUVにしては大きめ。

 この最小回転半径5.9mという数値は、先日発売となった新型(300系)ランドクルーザーと同じ数値であり、駐車場などでの取り回しには、多少苦労するかもしれない。

 しかし、新型NXに対して30mmも車幅が広いRXは、ダッシュボードやインパネ周りが伸びやかに使え、ナビゲーションモニターやエアコン吹き出し口、シフトノブやドリンクホルダー、コントロールスイッチなどを、ぎっちりとレイアウトする必要がないためか、優雅でおおらかな雰囲気が漂っている。

 新型NXが、いかに最新のデジタルインフォテイメントを投入し、豪華な内装素材を使おうとも、RXの空間の広さには敵わない。インテリアに「上質感」を求める方には、やはり、RXの方がおすすめだろう。

新型NXに対して30ミリも車幅が広いRXは、インテリアが強み。RX300:524万円~642万円、RX450h:638万円~783万円、RX450hL:796万円

●ランクルに高級感をプラス!! レクサス最大のSUV「LX」
 レクサスLXの日本市場導入は2015年のこと。日本のみならず、いまや世界中から圧倒的な支持を得ている、トヨタのランドクルーザー(以下ランクル)と姉妹車だ。悪路走破性など、クルマとしてのポテンシャルの高さはランクル同様であるが、滲み出るオーラは、ランクルとはひと味ちがい、高級感に溢れている。

 ラダーフレームの強靭な車体と、ハイテクの足回りの効果もあり、オンオフ問わず、どこでも快適に走ることができる。全長5080mm、全幅1980mmのボディは、当然、日本国内で扱うには持て余すサイズだが、その分満足感も高い。姉妹車のランクルが300系へとモデルチェンジしたことで、このLXもそう遠くないうちに、新型へと刷新されることだろう。

LX570の価格は1135万円

次ページは : 新型NX350hの4WD がおススメ!!