007シリーズ最新作『ノー・タイム・トゥ・ダイ』封切り記念! 同シリーズと同い年の自動車ライターが選ぶ「個人的に最もエモかったボンドカー3選+1」

007シリーズ最新作『ノータイムトゥダイ』封切り記念! 同シリーズと同い年の自動車ライターが選ぶ「個人的に最もエモかったボンドカー3選+1」

 10月8日、日本でも映画007シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が封切りになった。映画の007シリーズのお約束といえばボンドカーだが、今作では1960年代のアストンマーチンDB5のほか、2代目ランクルプラドがボンドカーとして登場するのが注目だ。

007シリーズ最新作に登場する2代目トヨタランドクルーザープラド。劇中ではランドローバーのレンジローバースポーツSVRとカーチェイスを繰り広げる

 近年のボンドカーとしては定番のアストンマーチンのほか、一時007シリーズのスポンサーとなったBMWが主力だが、過去を振り返ると、実にさまざまなボンドカーが登場している。

 また、かつてはボンドカーというと、「ジェームズ・ボンドが乗ったクルマ」を意味したが、近年は、007シリーズに登場したクルマは、すべて広義のボンドカー扱いになっている。そこで今回は、映画『007シリーズ』と同い年(1962年生まれ)のカーマニアである清水草一が、個人的にエモかったボンドカーのベスト3 +1を選出してみた。あくまで個人的な思いですが……。

文/清水草一
写真/トヨタ、BLBG、FavCars、© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

【画像ギャラリー】「清水草一の愛したボンドカー 」ベスト3+1を写真でチェック!!(14枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ