衰退期なのは百も承知! それでも大好き!! 現行国産「エンジン」ランキング

それでも内燃機関への愛は止まらない! クラス別・現行日本車エンジンランキング

 カーボンニュートラル、地球環境、2030年に向けた動き……。クルマ業界は確実に電動化への流れだが、クルマ好きにとっては「まだ今は内燃機関を楽しみたい!」、これが本音ではないだろうか。

 最初は現行日本車に搭載されるエンジンが題材。7つのクラスに分け、松田秀士氏、片岡英明氏、斎藤 聡氏、3人の自動車評論家がランキングを発表。加えて現行モデル込みの歴代No.1も挙げてもらう。「3気筒がテーマだけどどうしても4気筒を!」など、クラスを超えてヒートアップする場面も!?

●カテゴリーラインナップ
・V6&V8編
・ターボ(※スーパーチャージャー含む)編

・4気筒(直列&水平対向)編
・3気筒(コンパクトカー系)編
・3気筒(軽自動車系)編
・3気筒ターボ(軽自動車系)編
・ディーゼル編

※本稿は2021年8月のものです
文/松田秀士、片岡英明、斎藤 聡 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年9月26日号

【画像ギャラリー】各氏の“推しエンジン”を一覧で! カテゴリー別エンジンランキングをギャラリーでクイックチェック!!(28枚)画像ギャラリー

■V6&V8編

●松田秀士のV6&V8ベスト5

1. レクサス 2UR-GSE
2. 日産 VQ37VHR
3. トヨタ 2GR-FKS
4. ホンダ JNB
5. 日産 VQ35HR

 このテーマもNAエンジンにこだわり、1位はRCFに搭載される5L、V8。481psを7100rpmで、54.3kgmを4800rpmで発生。パワーフィールのテンションは全回転域でレスポンスが鋭く、なんといっても高回転に至るサウンドが素晴らしい。

 2位はZニスモ。ベースのVQ37もいいがこれはニスモ専用チューンで、高回転域のキレの心地よさが一味も二味も異なる。3位はアルファードなどに搭載されるV6、3.5L。低速から中速にかけての力強さが印象深い。以下、4位=レジェンド、5位=フーガに搭載。

●歴代No.1はトヨタ3UZ-FE(ソアラなど)!

 3UZ-FEは言わずと知れたソアラや30系セルシオに搭載。あの頃実にリッチになれるパワーソースだった。

レクサス2UR-GSE

●片岡英明のV6&V8ベスト5

1. トヨタ 2UR-GSE
2. レクサス 8GR FXS
3. トヨタ 2GR-FKS
4. 日産 VQ37VHR
5. ホンダ JNB

 マルチシリンダーは、やはり官能的なエンジン音を奏でるV型8気筒に惹かれる。最高峰はレクサスLC500などに積まれている5Lの2UR-GSE型エンジンだ。圧巻のパフォーマンスを見せ、滑らかさも群を抜く。トヨタのV6では3位の、2GR-FKS型エンジンの上質なパワーフィールも捨てがたい。

 3位は8GR FXS。レクサスLSに搭載されるV6、3.5Lで、モーター特性をうまく引き出すハイブリッド。パワー感も充分だ。フェアレディZに積まれる4位のVQ37VHR型は切れ味鋭い加速を見せるが、洗練度は今一歩……。

V6、3.5Lのトヨタ2GR-FKS型が搭載されるアルファード。ミニバンでも走りモリモリ

●歴代No.1はトヨタ1UZ-FE(初代セルシオ)!

 国産エンジンで感銘を受けたのは、1989年にセルシオに搭載された4Lの1UZ-FE型V型8気筒ハイメカツインカムだ。驚くほど滑らかに回り、静粛性と振動もV12並み。洗練度が高かったなあ。

●斎藤 聡のV6&V8ベスト5

1. レクサス 2UR-GSE
2. 日産 VQ37VHR
3. レクサス 2GR-FKS
4. レクサス 8GR-FXS
5. ホンダ JNB

 レクサスRC-Fに搭載の、世界的にも希少な5L NAエンジン2UR-GSE、これが1位。5Lの排気量を持ちながら鋭く吹き上がるレスポンスと、地の底から湧き上がるような分厚いトルクが魅力。2位はZニスモの3.7Lエンジン、VQ37VHR。専用チューンを施し、レーシングエンジンを思わせるダイレクトで鋭いアクセルレスポンス。3位はレクサスIS350の2GR-FKS。4位はLS、5位はレジェンドに搭載されるエンジン。

日産 VQ37VHR

●歴代No.1はレクサス 2UR-GSE(RC-F)!

 歴代1位はRC-Fの2UR-GSEだが、勝手に多気筒という意味に広げさせてもらい(笑)、V10のLFA、11R-GEUを推す! 振動もなく9000回転までの回転フィールはまるで精密機械。甲高いサウンドを轟かせながらアクセルに敏感に反応する応答のよさがあった。

■ターボ(※スーパーチャージャー含む)編

●松田秀士のターボベスト5

1. 日産 VR38DETT
2. ホンダ JNC
3. スズキ K14C
4. マツダ PY-VPTS
5. トヨタ B58

日産VR38DETT

 1位はGT-Rに搭載されるエンジンで、そのニスモ専用チューンは600psを発生する。筆者自身JARIのコースで300km/hオーバーを記録したが、超高速での空気の壁を切り刻むように突進させるそのパワーはスゴイ! のひと言。

 2位はNSX搭載の、V6、3.5Lツインターボで、507psを発生する。このエンジンのレスポンスはとても鋭く、9速DCTのクロスしたギヤによって次々にシフトアップしてゆく加速感は異次元だ。3位はスイスポの1.4Lターボ。価格を考えればこのエンジンの仕上がりはスバラシイ。4位はCX-5に搭載される2.5Lターボでレスポンスに驚く。5位はスープラ搭載の3L、直6ターボだ。

●歴代No.1はトヨタ2JZ-GTE(2代目スープラ)!

 歴代はA80スープラに搭載された3L、直6ツインターボ。スペック上は自主規制で280psだが実力は“超”が付く。

●片岡英明のターボベスト5

1. 日産 VR38DETT
2. トヨタ G16E-GTS
3. ホンダ K20C
4. ホンダ JNC
5. スバル CB18

 登場から14年になるが、今なお進化を続け、パフォーマンスだけでなく精度の点においても一級だと感じさせるのが、GT-Rに搭載されているVR38DETT、V型6気筒ツインターボだ。快音を響かせながら高回転まで一気に回る。エンジンが放つオーラはハンパじゃない。

 3気筒だから音はショボイが、刺激的な加速を見せ、ワクワクさせるのがGRヤリスのG16E-GTSだ。シビックのタイプRが積むK20C型ターボも痛快である。NSXのJNC型V6ツインターボも異次元の加速フィールだ。レヴォーグに搭載のCB18もフィーリングよし。

シビックタイプRなどに搭載されていたホンダのK20C型は、3位に選出された。痛快な加速を味わえる名機だ

●歴代No.1は日産RB26DETT(R32 GT-R)!

 卓越したパフォーマンスに加え、回した時の音色もいいなど、気持ちよさが際立っているのが、スカイラインR-32GT-Rに積まれていたRB26DETT型直6ツインターボ。対話できる、エンジンだ。

●斎藤 聡のターボベスト5

1. 日産 VR38DETT
2. ホンダ JNC
3. トヨタ B58
4. トヨタ G16E-GTS
5. 日産 VR30DDTT

 1位はその圧倒的なパワーと異次元の速さを見せるGT-R NISMOのVR38DETT型。600ps/55.5kgmによる言葉を失う豪快な加速は世界屈指。

 2位はNSXのJNC型エンジンとハイブリッドシステム。エンジン単体で507ps/56.1kgm、システム出力581ps/56.1kgmの迫力。それでいてフレンドリーで巧みな味付けも魅力。3位はスープラRZのB58型。以下、4位=GRヤリス、5位=スカイライン400Rに搭載される。

●歴代No.1は日産RB26DETT(R32 GT-R)!

 歴代1位は、作りだされた背景とレースの実績を合わせて、R32GT-RのRB26DETTを推す。

歴代No.1には日産RB26DETTが推された。R32 GT-Rに搭載されたエンジンで、前出の片岡氏も同エンジンを選出!

次ページは : ■4気筒(直列&水平対向)編