広州モーターショーの注目車劇場 世界初1000km走るSUVやアルファードのぱくりミニバンに唖然!


 2021年11月19~28日に開催された中国・広州モーターショー。オンラインではなく、バーチャルな開催となった広州国際モーターショーの会場にはコンパニオンも姿を見せ、出展した車種数は1020台、そのうち、EVなどのNEV(新エネルギー車)は全体の約4分の1、241台が出展した。

 日本車メーカーでは、まずホンダが、中国初となるホンダブランドのEV、eNS1とeNP1、広汽ホンダが中国版オデッセイを公開。

 そのほか、広汽トヨタがハリアーの姉妹車であるヴェンザ、東風日産がe-POWER搭載のシルフィーを出展。広州モーターショー直線にフォトデビューした広汽三菱のEV、新型エアトレックが世界初披露となった。

 なかでも会場で注目を集めていたのが、中国らしさに溢れた、世界初の1充電あたりの航続距離が1000kmを超えるEVやアルファード対抗の超高級ミニバンたちだった。

 今回は、広州モーターショーで話題を集めた中国車にスポットを当てて紹介していきたい。

文/ベストカーweb
写真/News Press、GAC、GWN、Xpeng、Voyah、Buick、ORA

【画像ギャラリー】まだまだパクリ車は健在! 広州モーターショーで発表されたアッといわせた驚愕車たち(45枚)画像ギャラリー

■GAC Aion LX Plus/1充電あたりの航続距離はなんと1008km!

1充電あたりの航続距離1008kmという広州汽車傘下の広汽新能源汽車(GAC)が開発したGAC Aion LXプラス。1充電あたりの航続距離が1000kmを超えるのは世界初だという
綺麗によくまとまっているデザインだ。ボディサイズは全長4650×全幅1920×全高1720mm、ホイールベースは2830mm

 広州汽車傘下のブランド、広汽新能源汽車(GAC)が広州モーターショーで発表したAion LXプラスは2019年10月に発売した同社第4弾のEV、LXの改良版だ。

 このGACは2017年に設立されたEV専門ブランドで2018年12月には年間20万台の生産能力を持つEV専門工場を設立するなど積極的な投資を進めている。

 驚くべきは1充電あたり1008kmという航続距離。1000kmを超えるEVは量産車では世界初だという。

 ただし、この1008kmという航続距離は、欧州のWLTPやアメリカのEPAと異なる中国のCLTCに沿ったものだからWLTPに換算すると2割ほど低い数値といわれている。

 Aion LXプラスには、725hpを供給するデュアルモーターが装備され、0→100km/hは2.9秒。

 なんとLXプラスに搭載されている電気モーターは、日本電産製のE-Axle。このE-Axle シリーズはモーター、インバータ、ギアを一体化し、ユニットシステムとすることで小型・軽量化を実現したことが大きな特徴。AION4車種のみならず、広汽トヨタや吉利汽車、広汽ホンダなどにも供給されている。

最上位モデルは144.4kWhという大容量バッテリーを搭載。GAC独自の弾性シート技術でこれまでのバッテリーよりも20%コンパクトで14%軽いという。0→100km/h加速は2秒台。ちなみにテスラ最速といわれる3モーターを搭載するテスラモデルSブレイドは0→96km/hは1.99秒、1回の充電あたりの航続距離は627km、プレイド+は837km

 ちなみに日本電産は世界NO.1の総合モーターメーカーで、2030 年までに EV 用駆動モーター市場で世界シェア 40~45%の獲得を目標としているという。日本メーカーここにあり、と少し誇らしく感じる。

 最上位モデルには世界最大級の144.4kWhの大容量バッテリーを搭載。このバッテリーは負極材にこれまでのグラファイトに変えて、エネルギー密度の高いシリコンベースの負極材を採用することで、テスラが採用しているLGエナジーの168Wh/kgを超える205Wh/kgというエネルギー密度を達成。これまでのバッテリーよりも20%コンパクトで14%も軽いという。

■小鵬汽車 Xpeng G9/チャイニーズテスラと呼ばれるXpengの最新EV・SUV

発表されたXpeng G9は中国市場には2022年第三四半期、世界市場には2023年に発売予定。世界戦略車だけにユーロNCAPや欧州のWVTAEU(車両認証基準)の基準を満たしてのデビューとなる
洗練されているXpeng G9のエクステリアデザイン

 チャイニーズテスラといわれている小鵬汽車(Xpeng=シャオペン)は、テスラモデルYやNio ES6、Li Xiang Oneといった中国のBEV・EV対抗のBEV・SUV、Xpeng G9を公開した。

 XpengはGACグループの元上級幹部2人によって2014年に設立。Xpengは中国国内だけでなく、EVの普及率で世界をリードしているノルウェーに主力のP7セダンやSUVのG3を2021年8月から輸出を開始。

 同社の創業者の一人、ヘンリー・シャ氏によれば、今回発表された同社の第四弾G9も世界戦略車として、世界中に輸出するそうだ。

 G9には都市部での半自動運転を想定したXpeng初の半自動運転、オートパイロットシステムのXpilot4.0(チップはNVIDIA製)を搭載。

 残念ながらG9のモーターの出力や航続距離、バッテリー容量は明らかにされていないが、これまで登場したモデルたちの実力を鑑みると、少なくとも316kW(430ps)/655Nm、0→100km/h=5秒未満、WLTP航続距離は500km(80kWhのリチウムイオンバッテリー)というスペックを上回ってくるだろう。

 バッテリーはエントリーレベルのG3やP7と同様、車載電池メーカー世界最大手のCATLのリチウム電池を搭載していると思われる。

 急速充電は800VをサポートするXPOWER3.0を使用し、最大480kW、670Aを超える急速充電ステーションを使用する場合には200km走行分の容量を5分以内で充電できるという。

 世界戦略車として開発されているだけに、中国のC-NCAPはもちろん、欧州のユーロNCAPやWVTAEU(車両認証基準)に準じているという。

 2021年9月に5つ星のユーロNCAP安全性評価を受けたNio ES8のように中国車も年々安全性が急速に向上しており、今後こうした中国製EVが衝突安全基準や認証基準を欧米の基準に合わせてくると、日本導入も可能だから、日本車メーカーの脅威になってくるのは間違いない。

 このG9は2022年第三四半期に中国市場で発売され、2023年には世界に投入される。どのようなモーターを搭載してくるのか、1充電あたりの航続距離はどうなるのか見ものだ。

次ページは : ■長城汽車(GWM)の新型メカドラゴン/SUVメーカーが仕掛けた高級セダン

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ