トラック・特装車新時代の「震源地」もやはりアメリカ テスラ アマゾン… 世界を動かすEVトラック 5選

トラック・特装車新時代の「震源地」もやはりアメリカ テスラ アマゾン… 世界を動かすEVトラック 5選

 日本ではある用途のための装置などを備えた自動車を「特装車」と呼んでいます。トラックはたいがい特装車というわけです。しかも世界には、日本と同じだったり違ったりユニークだったりスゴかったり、いろんな特装車が存在します。

 トラックマガジン「フルロード」では、そんな特装車を紹介する「世界の特装車」を絶賛連載中ですが、ベストカー読者の皆さまにもこの底なし沼の一端をぜひとも味わっていただきたい!

 というわけで、今回はテスラ・ニコラをはじめとしたアメリカEVトラック最前線の「現在」を俯瞰します!

※本稿は2022年5月のものです。本文中「GVW」は「車両総重量」、「GCW」は「連結総重量」の略語です。クラスについては最下段を参照
文/緒方五郎(トラックに詳しいフリーライター)、写真/トラックマガジン「フルロード」編集部
初出:『ベストカー』2022年6月26日号

【画像ギャラリー】アマゾン テスラ フェデックス リヴィアン ニコラ GM… 新時代のEVトラックたちをギャラリーでチェック!(12枚)画像ギャラリー

■世界を動かすEVトラック

 電動化の先端をゆくことで、既存トラック市場に挑む新興メーカーが現われた。いうまでもなく、先進的なクラス8、しかも長距離運行を可能とする燃料電池車(FCEV)で名乗りを上げたニコラと、BEV乗用車で時代の寵児となったテスラだ。

 もっとも成功が約束されているとは限らないが、一流大企業フリートが真っ先に大量導入の手を挙げているのも確かである。

 この流れに追従するように、アマゾンが自社配送専用BEVの開発を進めたり、先進的BEVの未開拓クラスを狙う新興メーカーも現われた。さらに既存の自動車メーカーも高い技術力と豊富なノウハウによって、この流れを引き寄せようとしている。

 トラック・特装車の新時代が最も早く訪れるのは、やはり米国なのだ。

■ニコラ ワンFCEVトラック

 ニコラはクラス8電気トラックメーカーとして2014年に起業、2016年に先進的なスタイルをもつクラス8コンベンショナルFCEV「ワン」の生産計画を発表して話題となった。

 2021年はGMとの提携破談や元創業者が詐欺の疑いで起訴されるといった危機がありながら、初の製品であるキャブオーバー大型BEV「トレ」を発表、そして2023年にはいよいよワンの生産が同社アリゾナ工場でスタートする予定だ。

ニコラ ワンFCEVトラック

■アマゾン リヴィアン・EDV

 アマゾンがリヴィアンと開発中の電気配送車(EDV)。クラス2~3相当らしく、コネクティッドと先進HMIの搭載で配送業務をサポートするのも特徴だ。

アマゾン リヴィアン・EDV

■ブライトドロップ Zevo600

 ブライトドロップは、GMが2021年に創設した先進物流システム供給ビジネスだ。Zevo600はクラス2の小型BEV配送バンで、1年を待たずに納車を開始した。

■ゼウス エレクトリックワークトラック

 2018年起業のゼウスは、クラス4~6フルサイズピックアップBEVのスタートアップだ。デザインもさることながら4輪独立懸架の4WDシャシーも特徴的である。

■テスラ セミ

 イーロン・マスク氏率いるテスラも、2017年に未来的なデザインのクラス8コンベンショナルBEV「セミ」を発表している。ただ生産計画は遅れており、2023年開始という報道もあるが、明らかではない。

テスラ セミ

次ページは : 【番外コラム】日本車唯一のクラス8にもFCEV! 日野・XL8 FCEV

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ