秋の行楽はこれで決まり!!! 独断で選ぶ「神7」もご紹介 カーマニアのための「現存天守閣」12城ガイド

秋の行楽はこれで決まり!!! 独断で選ぶ「神7」もご紹介 カーマニアのための「現存天守閣」12城ガイド

 みなさんは、お城のプラモを作ったことはないだろうか? お城はミニカー同様、男の子にとってロマンそのもの。憧れの存在だ。

 中学生の時、生まれて初めて訪れた城は姫路城だった。あの時の感激が忘れられない。それは、チビッコ時代に空き地に作った「基地」の超巨大版。濠や石垣、塀や門を抜けた先に聳える大天守が、男子の脳ミソを直撃した!

「城は好きだけど、天守なんて権力の象徴だろ。興味ないね。俺が惹かれるのは実戦で鍛えられた山城や石垣だ」

 そううそぶく城好きも多いことだろう。何を隠そう、成人後の私がそうだから。

 しかしそういうセリフは、日本に12城残る現存天守(江戸期以前に建築され現在も残る天守)をすべて巡ってから言うべきだ。

 男なら、まずは行け、現存天守へ! 愛車に乗って突撃しろ! そのうえで、「俺が好きなのは濠だ」とか「縄張以外興味ない」とか、各自の趣味に進めばいい! だから声を大にして言う。行かずに死ねるか現存天守!

※本稿は2022年7月のものです
文/清水草一、写真/清水草一、Adobestock、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2022年8月26日号

【画像ギャラリー】各城の歴史もご紹介! 清水氏厳選の12城をギャラリーでみる。(13枚)画像ギャラリー

■現存天守城郭はこう見よう「天守とは、たたずまいのみである!」

 天守には、「望楼型」と「層塔型」、そのほか独立式や複合式など、学術的にはいろいろな分類がある。

 しかし我々シロウトは、そういった細部にこだわる必要はない。見て、感じればそれでいい!

 なぜなら現存天守は、中身はカラッポのがらんどう。物見櫓としての機能を除けば、単独では攻撃力も防御力もほぼゼロ、居住性すらない。人に見せ、畏怖させることだけを目的とした建造物なのだ!

 だから少し離れて眺め、味わえばそれでいい。クルマで言えば、グリルのデザインに近い。が、実はそれが意外と大事だったりするのである!

 最初の本格的な天守は、織田信長が作った安土城(1579年)だと言われる。安土城天守は内部も豪華絢爛で、信長自身、天守に居住していたらしいが、わずか3年後、本能寺の変の直後に炎上し、灰燼に帰した。その後、豊臣秀吉が建てたゴージャスな天守たちも残っていない。

「神セブン天守」も発表するぜ!!! カーマニアのための現存天守閣12城ガイド
安土城天守が築かれてから、大坂の陣後に「一国一城令」が出され、新たな天守の建設が禁じられるまで、わずか40年ほどだった。天守の建設は実に短い歴史しかないのだ。それもロマン(画像はイメージです)

 江戸期に入ると、質素を好んだ徳川家康の影響もあり、天守の目的は「権力の象徴」に絞られるようになった。つまり見た目だけが勝負。中身はカラッポなので、無視してもいいのである!

 西洋の城には、防御機能のない宮殿も多い。女性も、お城に住むお姫様を想像してもウットリできる。しかし日本の現存天守はほぼハリボテ。兜で言えば、中央に突き出た「前立」みたいなものである。

 極論すれば、現存天守を訪ねても、内に入る必要はない。そこは装飾性ゼロで、すべてがむき出しの舞台裏みたいなものだ。最上階に上って周囲を眺めたくはなるが、現存天守に関しては、城主が天守に登る機会はなかったかもしれない。最上階から眺めを味わったのはお殿様ではなく、留守役なのだ!

 繰り返すが、天守は周囲から眺めてナンボ。たたずまいがすべてだ。周囲の濠や石垣や縄張や山や川や海などの「背景」も含め、全体が醸し出す風情にどれだけロマンを感じられるかが重要。よって今回は、それだけを基準に、独断でランキングしてみた!

 思えば天守の建設は、実に短い歴史しかない。安土城天守が築かれてから、大坂の陣後に「一国一城令」が出され、新たな天守の建設が禁じられるまで、わずか40年ほどだった。長い日本の歴史を思えば、現存天守は、ごく短い期間に集中して建設された、陽炎のようなものである。

 その陽炎が、現在に至るまで男のロマンを刺激してやまないのだから、それは一種のビッグバンだ!

 さあ、現存12天守を巡って、男汁のビッグバンを堪能しよう!

次ページは : ■第1位 松本城(長野県・国宝)

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ