マニュアルってだけで中古価格2倍以上? スポーツカーは「MTじゃなくたっていいじゃないか!」

マニュアルってだけで中古価格2倍以上? スポーツカーは「MTじゃなくたっていいじゃないか!」

 クルマを自分の思い通りに走らせたいならだんぜんMT! それはわかっちゃいるけど、やっぱり現実的にはATかCVT。でもCVTやMTでもおもしろいクルマはたくさんある! はたしてどんなクルマがあるのか、おススメのAT車はどれだ?

文・写真/ベストカーWeb編集部

■ホンダシビック1.5L、直4VTECターボ/CVT

1.5L、直4VTECターボを搭載するシビック
1.5L、直4VTECターボを搭載するシビック

 MT車を毎日の通勤で使っていると、渋滞、特に坂道の渋滞で疲れることもある。実際、筆者はもう50代だから、都内の坂道の渋滞や高速の出口が坂道だったりすると辟易することもある。

 それにAT限定免許しかもっていない彼女や奥さん、子供が運転することだってある。

 そこで、ATやCVTだって、MT並み、MTに匹敵するほど、運転が楽しいクルマを挙げてみたい。

 まずMTじゃなくてもいいじゃないかと思う新車を3車種挙げてみたい。

 最初におススメしたいのはシビックの1.5L、直4VTECターボのCVT車。電動化時代に合わせたスポーツモデルで、1.5L、直4VTECターボのCVT車なのだが、全開加速時のステップアップシフト制御やブレーキング時のステップダウンシフト制御が入り、まるでMTを運転しているような錯覚を感じさせてくれる。エンジン音、排気音も心地いいのでおススメです。

シビックのコクピット(CVT)
シビックのコクピット(CVT)

■スバルWRX S4/CVT

2.4L水平対向4気筒エンジンにCVTを組み合わせるWRX S4
2.4L水平対向4気筒エンジンにCVTを組み合わせるWRX S4

 続いて挙げたいのはスバルWRX S4。きめ細かい変速フィールや応答性のよさはCVT勢のなかでも最高峰といえるもので、特にS、S♯モードはスポーツ走行したいというドライバーの意志を読み取り、トルク制御やブリッピング制御をしてくれるので、MT感覚の走行フィールが味わえる。なぜMT車を出さないのか、というスバリストの多いと聞くが……。

秀逸な制御を行うS4のCVT
秀逸な制御を行うS4のCVT

■GR86/6速AT

非常に出来のいいGR86の6速AT
非常に出来のいいGR86の6速AT

 GR86の6速ATもなかなかの出来。このモデルを試乗した時に、気張らずにこれならATでもいいじゃないかと呟いてしまったほどの秀逸モデルだった。

 というのは前モデルのトヨタ86のAT車よりも2ランク上くらいの出来のよさだったからだ。前モデルが200ps/20.9kgmの2Lエンジンが、2.4Lとなり、235ps/25.5kgmへと引き上げられ、下からのトルク増強でパンチとともに、高回転域までスムーズに回る余裕が感じられられた。

 さらにブレーキングに合わせてシフトダウンするスポーツモードの制御ロジックもいい。これは蛇足かもしれないが6速AT車のみアイサイトが付くというのもポイントが高い。

次ページは : ■スイフトスポーツ/6速AT

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ