【ゲレンデタクシーがすごい】雪道タクシーで最強スバルSUVの本領発揮

「ゲレンデで原動機の着いた乗り物に、気軽に乗れるアトラクションがある」と言われたら、どんなことを想像するだろう? 

 頭に浮かぶのはスノーモービルか、キャタピラやクローラーが着いたクルマかもしれないが、答えは冬場にスキー場でスバルが開催している「ゲレンデタクシー」である。

 今シーズンで6年目となるゲレンデタクシーは、XV、フォレスター、レガシィアウトバックというスバルのSUVが、スキーヤー、ボーダーをリフトの代わりに上まで運んでくれるというサービス。今シーズンは1月19日、20日の週末の栂池高原スキー場(長野県)から開催されており、2月2日、3日の週末にエコーバレースキー場(長野県)で行われたイベントを取材した。

文:永田恵一 写真:永田恵一/SUBARU


■今年で6年目、スバル車がスキー場を走る!

 スキー場をそのままクルマが上るというのではなく、事前に雪の下を氷で固めたコースを、麓のリフト乗り場付近からこれまでで最長となる片道1kmをスバル製SUVでのぼってゆく。

 乗車はもちろん無料で、乗車するのに必要なことは展示車と参加者が写った写真を「ゲレンデタクシー」のハッシュタグを着けてフェイスブックやツイッターなどのSNSに投稿するだけである(身長125cm以上という制限はある)。

スキー場に出現した「ゲレンデタクシー」。最新のスバル車に乗れる(同乗)ということで、多くのスキー客で賑わった

 タクシーとして用意されるスバルのSUVは小さい方から、2018年に追加されたXVのe-BOXER(簡易的なハイブリッド)、2018年にフルモデルチェンジされたフォレスターのe-BOXERと2.5リッターガソリン、レガシィアウトバックの4台。

 クルマにはラッピングとタクシーの行灯(笑)、ダンロップのスタッドレスタイヤ、スーリーのスキーキャリアが着く以外手は加えられておらず、つまりラッピングと行灯のほかはどこのスキー場にもいるゲレンデエキスプレスである。

■頼りになるだけでなく乗り心地もいい!

 取材ということでイベント開始前にレース、ラリーなどの各モータースポーツ界で活躍するプロドライバーが運転する4台に乗車。

 同乗試乗ということになるのだが、往路(上り坂)では4台とも200mm以上という余裕ある最低地上高による深い雪への対応力の高さ、特にスタート直後は10度という急な斜面+刻々と変わる雪道に対しても、もともと高いスバルAWDのトラクション=駆動力をさらに高めるX-MODE(フォレスターはスノー&ダート、ディープスノー&マッドのモードも備える)が着くことも含め、何事もなかったかのように斜面を上って行く姿には、相変わらずのスバルSUVの頼もしさを痛感した。

 また全車スキー場の路面でも乗り心地が良かったことも印象的だった。

最新のスバル車の実力だけでなくプロの運転で雪上走行のフィーリングも試せるという願ってもない機会

 復路(下り坂)は、各車広いところでは重心の低い水平対向エンジンも大きく貢献しているクルマを振り回しながらのスバルSUVが持つ高いコントロール性の披露に加え、乗降場近くの急な斜面ではオンにすれば下り坂でクルマがブレーキを掛けてくれユックリとした一定速を保ってくれるヒルディセンドコントロールのデモンストレーションが行われる。ヒルディセンドコントロールは前進だけでなく、バックの際にも機能するのが分かったのは新たな発見であった。

昨年デビューした最新のフォレスターに乗ると、悪路走破性だけでなく走行安定性や快適性も高いレベルで実現していることがよくわかる

■それぞれの個性と頼りがい

そのほか各車の印象的だった点や特徴を挙げると

・XV e-BOXER 2Lエンジンながらe-BOXERのモーターのアシストで、上り坂も力強く上ってくれ、クルマが小さく軽いこともあり下り坂での振り回しやすさは3台で一番。

XVのe-BOXERもゲレンデに登場。コンパクトながらしっかりとした走りをアピールした

・フォレスター 3台の中ではバランス型。重量配分がより適正に近いためか、下り坂での振り回しやすさは2.5Lガソリンよりe-BOXERの方が一枚上手に感じた。それだけにゲレンデタクシーでフォレスターに乗ると、より豪快な走りができるであろうターボ車の復活を一層期待してしまう(MTもあればなお嬉しい!)。

・レガシィアウトバック ボディサイズが大きい長男だけに全体的に高い重厚感を持つ

 といったところで、ゲレンデタクシーの体験も含めスキー場の駐車場を見ると相変わらずスバル車が多いのも大いに納得させられる。

参加者の弾けるような笑顔が満足度の高さをものがたっている

 一般参加者はスキー板やスノーボードをキャリアに積み乗車するのだが、当然ながら上り坂でクルマに興味を示す方が多いため、上で下車して滑り降りる方は少なく、少なく見ても7割の方はそのまま乗車して下り坂でのデモンストレーションも楽しむという(そのためリピーターも多く、「どうせ下り坂も乗るから」と初めから板をクルマに積まない方もしばしば見かける)。

 一般参加者の方に話を聞くと「ゲレンデタクシーがあるので今週末はエコーバレースキー場に来ました。ゲレンデタクシーはリピーターで他社のクルマに乗っているのですが、やっぱりゲレンデタクシーを体験するとスバルのSUVが欲しくなってしまいます」、「レガシィで来たのですが、『自分のクルマって凄いんだなあ』と強く感じました」と、やはり皆さん大喜びだった(中にはゲレンデタクシーのためだけに来たと思われる、スキーウェアではない普段着姿の人も!)。

WRX STIによる圧巻のデモンストレーションラン。うーむ、スバル、この調子でWRCにワークス参戦復帰してくれまいか

 そして夕方にはラリードライバーの石田雅之選手がドライブするWRX STI(こちらもラッピングとダンロップのスタッドレスタイヤ以外はドノーマル)のデモランが行われ、客席に雪が飛ぶほどの豪快な走りとWRX STIのポテンシャルの高さにギャラリーは大喝采しながら、イベントの幕は閉じた。

 初体験の人は未体験の世界、リピーターも何度乗っても楽しいゲレンデタクシー。

 今シーズンはこの後、2月16日、17日の週末に新潟県苗場スキー場での開催が控えている。ゲレンデタクシーを体験したい人だけでなく、スキー場選びに迷っているならゲレンデタクシーを決め手に足を運ぶことを大いに勧めたい。

参加者で記念撮影。2/2(土)は245組、531名。2/3(日)は250組、576名。計495組、1,107名がゲレンデタクシーを体感した

■長野へはアウトバックで出陣! 

 今回のゲレンデタクシー取材の足となってくれたのは、ゲレンデタクシーでも活躍しているレガシィアウトバック。

 グレードは2018年9月にスバルの60周年記念として加わった、撥水ファブリックと合皮を組み合わせた専用シートや可動式クロスバーを内蔵した大型ブラックルーフレールといった装備が着き、よりアクティブに使える仕様な上に価格もリーズナブルなX-BREAK(340万2000円、スタッドレスタイヤ付)だった。

レガシィアウトバック。骨太なSUVが好みの方はぜひ!

「スバルのクロスオーバーなら安心」ということで、夕方の都内を出発。

日中の仕事もあり疲れ気味の体であったが、十分な余裕があり高回転まで回しても不快な振動、騒音を出さない2.5L水平対向エンジン、重心の低い水平対向エンジン+AWDによる高い走行安定性、そして運転が上手い人のような先行車の追従に加えレーンキープも積極的に行われるアイサイトver.3の3点セットより、東京~長野間、約200kmの道のりを疲れ知らずのノンストップでリラックスしながら快適に前泊地に到着した。

■走行性能やフィーリングだけでなく細やかな装備もさすがスバル

 取材当日朝はマイナス7度という寒さの中の出発。幸い寒さでウィンドウが凍る、ミラーが曇るということはなかった。

 しかし最近は関東圏でもよくあるそんな状況下でも、フロントワイパーデアイサー(熱線)とヒーテッドドアミラーに加え、シートヒーターとステアリングヒーターも装備されるので、局所を暖めながら素早く視界を確保してスタートできることは時間のない朝にはありがたかった。

疲れているときほど悪路を走るにはタフなクルマに乗りたくなるもの。スバル車ならその点、いついかなるときでも心強い

 そしてスキー場への往路はアイスバーンやシャーベット路などいろいろな雪道があったが、高性能スタッドレスタイヤを履いたアウトバックであればほぼ何も起きることはなく、絶大な安心感を持ちながら雪道を楽しみながら走れた。また寒さでちょっと疲れた帰り道の高速道路でも前述の3点セットの効果は素晴らしく、取材以上に体が疲れているであろうスキードライブではさらに手放せないものとなるに違いない。

 なおスキードライブに近い使用パターンとなった往復の燃費は、カタログに載るJC08モード燃費14.8km/Lに対し、12.5km/Lだった。

 アウトバックの持つ高い快適性と安心感、レギュラーガソリン仕様であることを総合して考えれば、納得のいくものだろう。

 2月のシカゴモーターショーで次期レガシィが公開されることもあり、アウトバックもモデル末期なのは事実ではあるが、そのぶん登場から5年目となった現行モデルにはスバルらしい熟成が進んでいるという魅力もある。

 それだけにクルマをアクティブに使い、大陸的なクルマが欲しいという方にはアウトバックも候補に挙げることを強く勧めたい。

最新号

ベストカー最新号

ニッポンの新しいクルマ77台総力特集|ベストカー4月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ニッポンの新しいクルマ77台総力特集と題し、ベストカーが把握している日本の新車をすべて紹介する!!  また、ももいろクローバーZの名物マネージャー、川上氏の不定期連載には、なんとももクロメンバー…

カタログ