普通免許で乗れる特殊車両の世界

 ベストカー読者なら多くの人が持っている普通自動車免許(以下普通免許)。現行の制度で取得した普通免許で運転できる車両の範囲は車両総重量5000㎏未満、最大積載量3000㎏未満、乗車定員10人以下となっており、ハイエースの10人乗りワゴンや多くの小型トラックも運転することができる。

 さらに普通免許を持っていれば原付や小型特殊自動車、トライクに代表される三輪自動車、トヨタ車体のコムスのような超小型車も運転可能だ。

 このなかで普段、特に意識しないのが小型特殊自動車。小型特殊自動車とは農業用のトラクターなどが属する特殊自動車で、ナンバーを取得できるものを登録すれば公道の走行がOKなのだ(ただし、その車両で作業をするには資格がいる場合も多々あり、公道での移動と作業の見分けがつかないものはナンバーが付いていても普通免許だけでは公道での走行が違法となることもあるので要注意)。

 なお小型特殊自動車の枠を超える特殊車両は大型特殊自動車に分類され、大型特殊免許が必要。大型自動車免許で大型特殊車両は運転できないのでこちらも要注意だ。

 そういったことを踏まえて普通免許で運転できる車両を探すと意外に多く、楽しそうなものがたくさんある。ここではそんな車両たちを紹介していこう。生活が変わるかも知れないぞ!

最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ