普通免許で乗れる特殊車両の世界

 ベストカー読者なら多くの人が持っている普通自動車免許(以下普通免許)。現行の制度で取得した普通免許で運転できる車両の範囲は車両総重量5000㎏未満、最大積載量3000㎏未満、乗車定員10人以下となっており、ハイエースの10人乗りワゴンや多くの小型トラックも運転することができる。

 さらに普通免許を持っていれば原付や小型特殊自動車、トライクに代表される三輪自動車、トヨタ車体のコムスのような超小型車も運転可能だ。

 このなかで普段、特に意識しないのが小型特殊自動車。小型特殊自動車とは農業用のトラクターなどが属する特殊自動車で、ナンバーを取得できるものを登録すれば公道の走行がOKなのだ(ただし、その車両で作業をするには資格がいる場合も多々あり、公道での移動と作業の見分けがつかないものはナンバーが付いていても普通免許だけでは公道での走行が違法となることもあるので要注意)。

 なお小型特殊自動車の枠を超える特殊車両は大型特殊自動車に分類され、大型特殊免許が必要。大型自動車免許で大型特殊車両は運転できないのでこちらも要注意だ。

 そういったことを踏まえて普通免許で運転できる車両を探すと意外に多く、楽しそうなものがたくさんある。ここではそんな車両たちを紹介していこう。生活が変わるかも知れないぞ!

市場内を機敏に駆け回る! ターレット型構内運搬車

運転方法は外側の円周がハンドル、内側の円周がアクセル(押し下げるとパワーが出る)、ブレーキは右足でペダル踏む、レバーで前進、後退の切り替えと、ごく簡単だ
運転方法は外側の円周がハンドル、内側の円周がアクセル(押し下げるとパワーが出る)、ブレーキは右足でペダル踏む、レバーで前進、後退の切り替えと、ごく簡単だ

 俗に「ターレ」と呼ばれているターレット型構内運搬車は見たことがない人も多いかもしれない。ターレは運転台に立ち乗りで運転する三輪トラックで、市場などでの構内運搬用に使われている。

 ほとんどの車種が小型特殊登録可能となっており、公道を走ることもできる。最近はガソリンエンジン車に加え、市場内の空気を汚さないため、天然ガス仕様やEV仕様も増えつつある。

 「超狭路を通って近所まで大きな荷物を運ばなければならない」という人なら便利な乗り物だ。

降雪時に大活躍!都会でも必要かも? 小型除雪車

住宅街や狭い生活道路、歩道などの除雪を使用対象としたモデルで、最大除雪量は最大。パワフルなエンジンと、低い重心で安定性が高いことも大きな特徴。
住宅街や狭い生活道路、歩道などの除雪を使用対象としたモデルで、最大除雪量は最大。パワフルなエンジンと、低い重心で安定性が高いことも大きな特徴。

 雪国では走っている光景をよく見る除雪車には、小型特殊扱いで普通免許での公道での走行が可能な小型のものがある。ただし公道を買い物などのために走るだけなら普通免許でOKだが、公道などの除雪作業をするには講習を受け資格を取ることが必要だ。

 自分の敷地内の除雪は資格なしで可能なので、家が広い豪雪地帯の人なら持っていると非常に便利だろう。日本除雪機製作所のHTR53はこのクラス最大の除雪量を誇り除雪のほか草刈りや道路の清掃などにも活用できる拡張性の高さも特徴だ。

圧倒的な走破力で雪山でも大活躍!  クローラー装着車

当然ながら乗り降りは大変だ
当然ながら乗り降りは大変だ

 かつてはメーカーのカタログモデルがパジェロやミニキャブにラインナップされていたクローラー装着車。雪道というよりスキー場のような豪雪路や泥濘状態になっている山のなかでも難なく走れる走破性が特徴だが、この種のクルマはスキー場のなかにあるペンションやホテルへの送迎、本格的なハンティングの足に使われることが多いという。

 公認車検を取得すれば普通免許で公道走行可能なので、クルマ好きだったら一度は乗りたい1台だ。

  • ノースウエスト特殊車両 ハイパーデルタV3(ハイエースなどに装着)=328万円
  • ※別途取付加工費、公認車検取得費用が必要
  • 問・販売元=ノースウエスト特殊車両

コイツに乗ればオトコになれる! ミニホイールローダー

パーキングブレーキはなんと乗用車顔負けの電動式!オプションのキャブを装着すれば、天気が悪くても濡れずに走行や作業ができる
パーキングブレーキはなんと乗用車顔負けの電動式!オプションのキャブを装着すれば、天気が悪くても濡れずに走行や作業ができる

 工事現場などで土や砂利をすくうショベルカーのなかで、タイヤで走行するものがホイールローダーだ。ホイールローダーも小型特殊の枠に入る小型のものでナンバーを取得していれば普通免許での公道走行が可能となる(作業をする際には、小型車両系建設機械特別教育を受講し、運転資格を取得しなければならない)。

 日立建機のZW20は環境性能や静粛性に優れた市街地や夜間作業に向くホイールローダーだ。操作性や快適性にも優れ、除雪や農畜産にも使える多用途性も備えており、幅広い使い方ができる。

  • 日立建機ミニホイールローダーZW20
  • 価格=477万3600円
  • 問・日立建機

目立たぬところで路面をお掃除 路面清掃車

夜に黙々と働く姿には敬意を表したい
夜に黙々と働く姿には敬意を表したい

 路面清掃車は文字どおり、路面を清掃するクルマ。夜の公道や走行時間終了後のサーキットなどで目にしたこともあるだろう。路面清掃車は普通のトラックと同じ扱い、つまり最大積載量が自分の免許の範囲に入っていれば公道での運転が可能だ。路面清掃車は舞い上がらせたゴミや埃をタンクに吸い込むことで路面を清掃している。

 豊和工業のストリートスイーパーHF78Hは左側ギリギリに寄せて走らなければならない公道の路面清掃の用途のため、左側に寄せて走らせやすい左ハンドル車もラインナップされており、働くクルマに求められるニーズの広さを知ることができる。

  • 豊和工業ストリート スイーパーHF78H
  • 価格=2257万2000円
  • 問・販売元=英和

小さなボディで重量物を運ぶ力持ち フォークリフト

フォークリフトは4輪が操舵するものもあるが、後輪が操舵するものが基本なので、運転には慣れが必要。最近はEV仕様も増えつつあるという
フォークリフトは4輪が操舵するものもあるが、後輪が操舵するものが基本なので、運転には慣れが必要。最近はEV仕様も増えつつあるという

 作業現場などの荷物の上げ降ろしなどで活躍しているフォークリフト。フォークリフトもナンバーが取得できる小型特殊仕様に限って公道を走行することができる(荷役と呼ばれる荷物を動かす作業を公道で行うのは違法で、荷役をする際にはフォークリフト運転技能講習を受け、フォークリフトの運転資格を取らなければならない)。

 豊田自動織機のジェネオは積載量1トンから8トン、エンジンも2・2ℓと3・7ℓのガソリン、ディーゼルも1・8ℓ、2・5ℓ、3ℓという幅広いラインナップを揃える。

 さらにジェネオは業界から安全性や使いやすさにも深く配慮されたフォークリフトとして高い評価を受けており、現場で働く人たちに欠かせないパートナーとなっている。

  • 豊田自動織機ジェネオ
  • 価格=285万6000円~(小型特殊仕様)
  • 問・トヨタL&F

田畑作りの必需品! トラクター

ヤンマー独自のフロアフレーム防振構造を採用し、振動を大幅に低減。疲労も軽減されている
ヤンマー独自のフロアフレーム防振構造を採用し、振動を大幅に低減。疲労も軽減されている

 トラクターは田んぼや畑を耕すための農機だ。トラクターは多くの機種が小型特殊車の枠に収まっており、小型特殊の枠に収まっている機種を選んでナンバーを取得すれば公道を走行することができる(田植え機はナンバーを取得できる機種がほとんどないため、公道を走行することは難しい)。

 ヤンマーのGKシリーズは、数あるヤンマーのトラクターの中でも小規模兼業農家層をターゲットにした最もベーシックな機種だ。乗降性、メーターの視認性、操作性などに深く配慮し、女性や高齢者からも高い評価を集めている。オプションパーツも豊富に設定されており、幅広い用途に使える点も大きな魅力だ。

  • ヤンマーGKシリーズ
  • 価格=136万6200~184万6800円
  • 問・ヤンマー

収穫の時期にはフル回転 コンバイン

楽刈ボタンひとつで一連の操作がOK
楽刈ボタンひとつで一連の操作がOK

 コンバインは稲の刈取り、籾の脱穀や裁断に代表されるわらの処理を行う農機で、稲の収穫のほか大豆やそばの収穫にも必需品となっている。
コンバインもトラクターと同様に多くの機種が小型特殊車の枠に収まっており、小型特殊の枠に収まっている機種を選んでナンバーを取得すれば公道を走行することができる。

 クボタのコンバイン「ラクティー」は小規模個人農家向けに4月に発売されたニューモデルで、905㎜という広い刈り幅を持ち走行部のほぼ全面を刈り取る「2条全面楽刈」を実現したほか、機体レイアウトの変更により田畑の入口、四隅、あぜ際など今まで手刈りをしていた場所もコンバインで刈り取ることを可能とし、作業者の仕事量を大幅に軽減している。ふだん、意識することはほとんどないが、急速な農機の進歩は拍手モノだ。

操作ボタンは文字が大きく非常に見やすい。
操作ボタンは文字が大きく非常に見やすい。
  • クボタラクティー
  • 価格=151万2000~211万8600円
  • 問・クボタ

空以外ならどこでも行けちゃう? 水陸両用車

乗車定員は陸上6人、水上4人。エンジンをかけると「ドドド、ズババ」と力強い音が鳴り響く。操作系にペダルはなく、スロットルとブレーキのレバーを使うだけなので運転は簡単だ
乗車定員は陸上6人、水上4人。エンジンをかけると「ドドド、ズババ」と力強い音が鳴り響く。操作系にペダルはなく、スロットルとブレーキのレバーを使うだけなので運転は簡単だ

 ODG社(カナダ)のアーゴは水陸両用車という夢のようなカテゴリーに属する車両だ。水上で乗るには小型船舶扱いとなるため最低でも二級船舶免許が必要となるが、地上では小型特殊扱いとなるためナンバーを取得すれば公道も走行可能だ。

 アーゴはタイヤで動くのが標準状態であるが、タイヤをクローラー車のようにキャタピラに履き替えることもできるので、クローズされた雪道などを強烈なトラクションを生かしてガンガン走るという楽しみ方もできる。加えてスピードこそ遅いもののウインドシールドがないためスピード感は強烈なので、リスク少なく爽快な走りを味わえる点も大きな魅力だ。

  • ODGアーゴ8×8 750HDi 価格450万円
  • ※価格は為替などの事情により変更の可能性あり
  • I6輪仕様(250万円)などもラインナップ
  • 問・販売元=サポートマーケティングサービス

害虫をシャットアウト!農業界の守り神 農業用薬剤散布車

車体の3分の2近くを1000ℓのタンクが占める。快適装備はエアコンのほか、バックモニターや電動ミラーも装着される
車体の3分の2近くを1000ℓのタンクが占める。快適装備はエアコンのほか、バックモニターや電動ミラーも装着される

 農業用薬剤散布車は読んで字のごとく畑に農薬を散布する車両。農業用薬剤散布車も小型特殊扱いで、ナンバーが取得可能な機種なら公道の走行も可能だ。

 昭信スピードスプレヤーの3S─FSC1061は1000ℓの農薬が入るタンクを備え、切り替え機能付きの4WD、4WS、畑や悪路での高い走破性と乗用車感覚の乗り心地を実現するハイブリッドサスペンションを採用。エアコンも装備されるので快適に農薬散布ができるゾ。

  • 昭信スピードスプレヤー3S-FSC1061
  • 価格=820万8000円
  • 問・ショーシン

畑で頑張る軽トラの弟分  ホイールタイプ運搬車

屋根がつくキャビン付きも設定される
屋根がつくキャビン付きも設定される

 ホイールタイプ運搬車は主に軽トラでも入れないような畑で使われるトラックだ。ホイールタイプ運搬車も小型特殊扱いで、ナンバーが取得できる機種なら公道の走行も可能だ。

 筑水キャニコムのライガーはパートタイム4WDであるのに加えダンプカーでもあり、高い機動力を備える。さらにトレーラーのようにキャビンと荷台が独立して連結しているので、多少の凹凸路ならタイヤが浮き上がらないという強みも持つ運搬車だ。

悪路もヘッチャラのクルマ椅子 不整地用クルマ椅子

実際に乗ってみると、ちょっと怖さはあったものの、高さ10cmほどの角材を容易に乗り越えることができる。
実際に乗ってみると、ちょっと怖さはあったものの、高さ10cmほどの角材を容易に乗り越えることができる。

 アクショントラックは「ハンデキャップを持つ人の行動範囲を広げたい」という願いを込めて開発された、キャンプ場やスキー場のような足場が悪いところでも進むことができる電動クルマ椅子だ。電動車椅子なので免許は一切不要で誰もが乗ることができる。

 一回の充電での走行可能距離は12.8kmで、残量ゼロからフル充電に必要な時間は6時間。フットレストや3点式シートベルトも装備される。

 スタンダータイプなら直立状態での移動も可能となる点も大きな魅力で、これからの超高齢化社会を考えても普及を望みたい乗り物だ。

放心状態になるほどの充実感を味わえる 逆トライク

14逆トライク1

 最近日本でも人気が高まっているトライクは三輪自動車扱いとなるため、普通免許でヘルメットも着用しないで運転できる。

 トライクには「元祖トライク」といえる前1輪、後2輪のものと、ここで紹介するカンパーニャV13R(カナダ製)のように前2輪、後1輪の「逆トライク」と呼ばれるものがある。

 V13RはハーレーのVツインエンジンを搭載し、左右2人掛け構造を採用。フォーミュラ感覚のコーナリングとオープンエアモータリングを同時に楽しめることが最大の魅力だ。

15逆トライク2
後輪左右に見えるトランクはオプションで、それぞれにヘルメットが入る。バイクのミッションなのでクラッチミートは回転を上げめにし、半クラを長めに使うとうまくいく

 価格は為替などの事情により変更の可能性あり

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ