【ハイエースらの奮闘がここに】今こそ復活を!!「数」で勝負した車たち


 今はクルマだけに限らず、無駄を省き、高効率化を図る合理化の時代だ。自動車メーカーが積極的に車種整理、グレード整理している昨今だが、かつては数で勝負したクルマも存在した。

 数は多いほうが偉い、という発想は短絡的だが、自動車メーカーが数を追求する場合のほとんどは、ユーザーのニーズを鑑みてなのだ。

 バカなことやってるな、とか無駄と言われようが、ユーザーのニーズに応えるために数で勝負した、その発想、その努力、実際に市販化した行動力のすべてを讃えたい。

 合理化の推進により、遊び心のなくなってきている現在の日本に復活してほしい発想だ。さて、どんな数勝負が登場するか?

文:永田恵一/写真:HONDA、TOYOTA、NISSAN、MITSUBISHI、ベストカー編集部


数が多ければ偉いわけではないが、その発想は合理化時代の今こそ必要!?

 実用品でもあり趣味の対象でもあるクルマは、選択肢に代表される「数の多さ」が魅力になることもある。

 そこで本企画では必ずしも数が多ければいいという訳ではないにせよ、いろいろな分野で「数の多さ」を追求したクルマを振り返る。

乗車定員を増やしたい→前席3人掛けシートで勝負

 1980年代まではステアリングコラムに置かれるシフトレバーなどとのセットで、前席を間のないベンチシートとした前席3人掛けシートはタクシーを含めた商用車、1BOXカーでは珍しくなかった。

 フロント3人掛けシートは乗車定員が増える、仲のいい仲間で乗る際の雰囲気のよさなど、なかなかいいものだったのだが、1990年代に入り安全性に対する法規が厳しくなると、目にすることが減ってしまった。

 そんな状況下に2列シートで前席3人掛け、乗車定員6人を実現したのが1998年登場の日産ティーノとフィアットムルティプラ、2004年登場のホンダエディックスであった。

エディックスの3人がけフロントシートは真ん中のシートが若干後方に配置されていたため、V字となっていたのが特徴で、小さい子どものいる夫婦に最適とされていた

 前席3人掛けとした手法はムルティプラが1870mmという広い全幅に独立した3つのシートを置く、ティーノはオーソドックスなベンチシート、エディックスは3つのシートは独立させ、中央席はVの字のようにスライドさせ左右の空間を確保すると、三車三様で面白かった。

 しかし3列シートミニバンの台頭や5ナンバー幅のコンパクトミニバンでも充分使える3列目シートを持つようになるという時代の変化、技術の進歩もあり、今では残念ながら前席3人掛けシートは安全基準が緩い商用1BOXバンで見るくらいになってしまった。

次ページは : いっぱい人が乗れるクルマ→普通免許限界の10人乗りで勝負

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ