祝レインボーブリッジ開通30周年! 8月19日から始まる8種類の特別ライトアップを見逃すな! 【清水草一の道路ニュース】

祝レインボーブリッジ開通30周年! 8月19日から始まる8種類の特別ライトアップを見逃すな! 【清水草一の道路ニュース】

 クルマと道路は切っても切り離せないもの。交通ジャーナリストでもある清水草一が、毎回、道路についてわかりやすく解説する当コーナー。今回は、開通から30周年を迎えたお台場の象徴、レインボーブリッジの今とその歴史についてレポートしていく。

文/清水草一、写真/首都高速道路株式会社

■レインボーブリッジが渋滞を緩和?

 2023年8月26日(土)、東京港をまたくレインボーブリッジが開通30周年を迎える。中高年ドライバーとしては、青年期に開通したあのレインボーブリッジが30歳と聞くだけで、感慨もひとしおだ。

 30周年を記念して、8月19日(土)から特別ライトアップが始まる。スケジュールは以下の通り。

過去に施されたレインボー色のライトアップ。画像:首都高速道路株式会社
過去に施されたレインボー色のライトアップ。画像:首都高速道路株式会社

8月19日(土):碧色(エメラルドグリーン)
8月20日(日):紫色(レインボーカラーの1色)
8月21日(月):青色(同上)
8月22日(火):緑色(同上)
8月23日(水):黄色(同上)
8月24日(木):橙色(同上)
8月25日(金):江戸紫色
8月26日(土):レインボー色
8月27日(日):レインボー色

 レインボーブリッジを愛する私としては、できれば毎日通い、全色を制覇したいと考えている。

 レインボーブリッジは、吊り橋としてはそれほど長いわけではない。最大支間長570mは、明石海峡大橋(1991mで日本最長)の3分の1以下。日本のベスト10にも入らない。ちなみに明石海峡大橋は世界最長の吊り橋だったが、昨年、トルコのチャナッカレ橋に抜かれて第2位に落ちた。残念。

 ともかくレインボーブリッジの価値は、長さにあるわけではない。第一に、首都高の渋滞緩和効果が絶大だった。

 1993年にレインボーブリッジを含む首都高11号台場線が開通し、1号羽田線と湾岸線が接続された。これによって、それまで首都高最大のボトルネックだった箱崎JCTの渋滞が大幅に緩和され、首都高全体の渋滞量が20%以上減少した。

 それまで箱崎JCTは、上り方向だけでなく下り方向の渋滞の先頭にもなっており、それがC1(都心環状線)全線に伸びるという最悪の構造だったが、レインボーブリッジの開通で東西方向のルートが2本になり、C1の渋滞が大きく減ったのである。

 その後レインボーブリッジは、浜崎橋JCTを先頭にした上り渋滞が常態化。2005年には1日平均交通量が6万8000台に達したが、2015年にC2が全線開通したことで交通量は減少し、現在は1日平均約5万台の交通量をほぼ快適に捌いている。

次ページは : ■かつての埋立地が都民にもたらしたもの

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!