【RAV4、シビックら日本に復帰した4台の精鋭】何が人気の明暗を分けたのか


 売れないクルマは淘汰される。今ではビッグネームでさえ例外でなく、2019年に入ってからだけでも三菱パジェロ、トヨタマークXが消滅することが発表されている。

 自動車メーカーも日本専売モデルを極力少なくしグローバル化を推進している。日本では売れないがほかの地域では売れているモデルもあり、そんなモデルは日本マーケットから撤退、というのは当たり前になってきている。

 本企画では日本で販売不振を理由に販売を取りやめながら再び日本で販売を開始したモデルについて渡辺陽一郎氏が考察する。

文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA、HONDA


トヨタRAV4

価格帯:260万8200~381万7800円
日本での販売をやめた時期:2016年
日本で販売を復活した時期:2019年4月
2019年4~6月販売台数:1万7775台
2019年月販平均販売台数:5325台

 RAV4の初代モデルは、1994年に5ナンバーサイズのコンパクトSUVとして発売された。当時は前輪駆動をベースにしたシティ派SUVは珍しく、初代RAV4は軽快な3ドアボディが若年層を含めて幅広い人達から注目された。一躍ヒット車になっている。

 ところが2代目以降はフルモデルチェンジの度にボディを拡大させ、売れ行きを下げた。2013年に発売された4代目は、国内では売られない海外専用車になっている。

初代RAV4は1994年にデビュー。スターレットをベースにSUV化してシティオフローダーとして大ヒット。特にスポーティな3ドアは新世代のクーペ感覚が受けた

 ちなみに当時はRAV4と同じプラットフォームを使ってホイールベース(前輪と後輪の間隔)を伸ばし、後席の足元空間を広げたヴァンガードが販売されていた。

 2013年には、レクサスRXの姉妹車ではない国内向けの3代目(現行)ハリアーも登場している。そのためにRAV4は不要だと判断され、4代目は国内に投入されなかった。

 ところが2019年4月になると、5代目RAV4が国内販売を再開した。海外専用車から国内向けに変わったわけではない。全幅は1855mmだから相変わらずワイドで、外観も日本向けとはいえないデザインだ。

 RAV4が国内販売を再開した理由を開発者に尋ねると「SUVが国内でも好調に売れているため」との返答だった。今ではヴァンガードが廃止され、前輪駆動をベースにしたトヨタブランドのシティ派SUVは、C-HRとハリアーのみになっていた。そこでRAV4を加えた。

日本で販売を再開した現行RAV4は本格的なオフロード走行をこなす実力派。実は歴代RAV4とも4WDシステムにこだわり、玄人からの評価も高い

 RAV4の全長はC-HRとハリアーの中間だが、クルマの性格は違う。C-HRとハリアーは典型的なシティ派SUVだが、RAV4のラインナップは4WD仕様が中心だ。

 特に4WDの2Lエンジン搭載車には、後輪左右の駆動力配分を積極的に変化させるダイナミックトルクベクタリングAWDも用意され、後輪駆動ベースの4WDを搭載するランドクルーザーや同プラドほどではないが、雪道や未舗装路に強い。

 RAV4の商品特徴は、野性味が伴ってエクストレイルにも似ており、販売も好調だ。2019年6月には7822台を登録した。

 その代わり、C-HRの登録台数は、前年の6月に比べて36.3%減った。ハリアーも13.8%減少している。RAV4が増えたぶんだけほかのSUVが下がったわけだが、トヨタの前輪駆動をベースにしたSUVの合計台数は、2018年6月が1万482台、2019年6月は1万5319台に増えた。

 結論をいえば、RAV4の復活は成功といえるだろう。


RAV4はC-HRよりもボディサイズも大きくキャラクターも被らないが、トヨタで一番の人気SUVのC-HRはRAV4の登場により販売に影響が出ているのは事実

トヨタハイラックス

価格帯:322万1000~375万6240円
日本での販売をやめた時期:2004年
日本で販売を復活した時期:2017年9月
2019年1~6月販売台数:3800台
2019年月販平均販売台数:633台

 ハイラックスはトヨタのピックアップトラックだ。1968年の発売以来、乗用車の5ナンバーサイズに相当する4ナンバー車を中心に発展してきたが、2004年に6代目で国内販売を終えた。

 7代目は海外市場を重視してボディが拡大され、4ナンバー仕様を設定できなくなった、というのが日本での販売をやめた理由だ。

写真は7代目ハイラックスで2004年にデビューして2015年まで販売されたが日本のマーケットでは販売されず一部のファンを悲しませた

 その後、2017年にタイから輸入する方法で、ハイラックスは国内販売を再開した。ただし日本向けの4ナンバーボディを開発したわけではない。全長は5335mm、全幅は1855mmに達する大柄なダブルキャブになる。最小回転半径も6.4mと大回りな1ナンバー車だ。

 販売再開の理由を開発者に尋ねると以下の返答だった。

「先代ハイラックスは、今でも(発売された2017年の時点で)日本国内において9000台所有されている。この乗り替え需要が期待できる。またピックアップトラックはタフなクルマだから、アウトドアライフの表現にもなる。なお2007年頃から、販売店がハイラックスの国内復活を希望するようになった。そこで販売の再開を検討したが、いろいろな理由で見送られた。今回は3回目の検討によって販売を再開できた」。

 2008年9月末からのリーマンショックによる世界的な不況などもあり、国内販売の再開が先伸ばしになったようだ。

 ただし「9000台保有されている」という先代ハイラックスは純粋な商用車として使われるが、現行型はダブルキャブの4WDでボディも大柄だ。

 クルマの性格が大幅に異なり、価格も現行型はベーシックなXが332万1000円、上級のZになると375万6240円に達するから、先代型の130~140万円に比べると大幅に高い。

ハイラックスは日本で復活し、日本では少数派のピックアップで押し出しもきくということで若年層から支持を受け、小さいながら新たなマーケットを開拓

 従って発売後に改めて開発者に尋ねると、「先代型から乗り替えたお客様はほとんどいない」との返答だった。

 その代わり「クルマ離れといわれる20代から30代のお客様が多く、ディーラーオプションのベッドライナー(荷台のキズを防ぐ樹脂製の内張り)を大半のお客様が装着する。ファッショナブルで実用的な新しい遊びグルマになっている」とコメントした。

 規模は小さいが、熱心なファンを獲得できたようだ。クルマにお金を掛けてくれる有り難いユーザーでもあるだろう。

次ページは : ホンダシビック