【蘇れ日産!再生できるのか?】ゴーン後の「日産ラインアップ改善計画」


 日本の自動車メーカーのなかで、いま最も注目されているのが日産だろう。いや、最も心配されている自動車メーカーといったほうが正しいのかもしれない。

 過去にはカルロスゴーン元会長の逮捕という、ショッキングな出来事があった。さらに直近の2019年度第一四半期(4~6月)の決算は、連結営業利益がわずか16億円、売上高営業利益率は0.1%、当期純利益は前年同期比で94.5%減って64億円になった。

 そのために2022年度までに1万2500人の人員削減も公表された。この数字は日産全社員の10%に相当する。同時に商品ラインアップを2022年度までに10%以上減らす(少なくとも4~5台以上)と発表している。

 不安な要素を抱える一方で、日産社内からは、「2020年以降は日本国内でも新型車を活発に発売する」という前向きな予想が聞かれる。

 こうした状況のなかで、クルマ好きが気になるのは、C・ゴーン後の日産はどうなるのかということ。

 まだ、五里霧中で今まさに再生計画を練っている状態かもしれないが、ここで、自動車評論家の渡辺陽一郎氏が、日産を再生するにはどうしたらいいか、懸案事項と今後の日産車のラインアップ改善計画を考えてみた。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカーWEB編集部 日産自動車


日本市場軽視の傾向は変わるのか?

国内向けのシーマ ハイブリッド、フーガ ハイブリッド、フーガ、スカイライン、GT-R、フェアレディZ のほか、海外向けのインフィニティ各モデルが生産されている日産自動車栃木工場

 日産の場合、2008年に発生したリーマンショックの影響もあり、近年は日本向けの商品開発が滞っていた。

 2011年以降は新型車の発売が大幅に減り、1~2年に1車種の状態が続いている。2018年もフルモデルチェンジや新規投入が行われず(グレード追加などを除く)、2019年も既に発売されたデイズのみになる可能性が高い。

 2019年1~6月の販売統計を見ると、日産の世界販売台数の内、日本国内の比率は12%にとどまる。

 2000年の時点では、日産の世界生産台数に占める国内の販売比率は28%だった。これが2005年には25%、2010年には16%、2015年には11%と減っていく。日本を軽視するために国内で発売される新型車が減り、その結果、売れ行きがさらに下がる悪循環に陥った。

 今までの日産の考え方は、「今の国内市場は規模が小さく、将来性も乏しいから新型車の投入も少ない」というもので、国内販売が大きく落ち込んだ。

 その結果、最近の日産のメーカー別国内販売ランキング順位は、トヨタ、ホンダ、スズキ、ダイハツに次ぐ5位で落ち着いている。

 過去を振り返ると、2007年頃までは日産が安定的に2位であった。それがリーマンショックによる世界的な不況が発生した2008年頃から下がり始め、軽自動車の増加によってスズキとダイハツのシェアが拡大したこともあり、日産が5位まで後退した。

 それにしても、10年ほどの間にメーカー別国内販売ランキング順位が2位から5位に下がるのは、下落の仕方が激しすぎる。この流れを見直すわけだ。

日産ラインアップ改善計画はこれだ!

VQ、VRエンジンが年/約56万基が生産されている日産自動車いわき工場

 そこで日本国内の「日産ラインアップ改善計画」を考えてみたい。まず2019年度第一四半期決算報告などで発表された内容は以下の通りだ。

・2020年度末までに、世界で20車種の新型車を発売する
(これらの内で、日本国内への投入は8~9車種と予想される)
・今の日産車は発売してから平均5年を経過するが、新型車の投入で3.5年に短縮する
・2020年度中には(ツインモーターによる)4WDの高性能な電気自動車を発売
・軽自動車サイズの電気自動車も発売

・商品ラインアップを10%以上削減(4~5台)

 さらに2019年7月25日には、商品ラインアップの10%(4~5台)を減らすと明言している。10%以上の人員削減については不採算のダットサンや小型車ラインだというが、以上の点も踏まえて、日本のユーザーから見た欲しい新型車について考えてみたい。

2019年6月に取締役、代表執行役社長兼最高経営責任者に就任した西川廣人氏。ゴーン後の鍵を握る西川さんの采配次第で日産は変わってくる

 今のところ、ベストカーが掴んだここ数年のうちにフルモデルチェンジする新車情報は以下の通り。それ以外の車種も長寿命ぶりが目立つ。これを踏まえた上で、ラインアップ改善計画を考えてみたい。

■ベストカーが予想するフルモデルチェンジ予定の日産車
●新型ノート 2020年早々
●新型デイズルークス 2020年春
●新型ジューク/2020年春
●新型エクストレイル 2020年秋
●新型エルグランド 2021年

■日本市場における日産車の車齢(長い順)※2019年8月現在
●GT-R/2007年12月(11年8カ月)、2014年2月 NISMO発売
●キューブ/2008年11月(10年9カ月)、2012年10月 マイナーチェンジ
●フェアレディZ/2008年12月(10年8カ月)、2013年6月 NISMO発売
●NV200バネットワゴン/2009年5月(10年3カ月)、2015年6月 NV200タクシー発売
●フーガ/2009年11月(9年9カ月)、2010年11月 ハイブリッド発売
●ジューク/2010年6月(9年2カ月)、2013年2月 NISMO発売
●マーチ/2010年7月(9年1カ月)、2013年6月 NISMO発売
●エルグランド/2010年8月(9年)、2014年1月 マイナーチェンジ
●シーマ/2012年4月(6年4カ月)、2017年6月 マイナーチェンジ
●NV350キャラバン/2012年6月(7年2カ月)、2017年7月 マイナーチェンジ
●ノート/2012年9月(6年11カ月)、2016年11月 e-POWER発売
●シルフィ/2012年12月(6年8カ月)、2015年8月 Sツーリング発売
●スカイライン/2013年11月(6年3カ月)、2019年7月マイナーチェンジ
●エクストレイル/2013年12月(5年8カ月)、2015年5月 ハイブリッド発売
●ティアナ/2014年2月(5年6カ月)、2015年2月 エマージェンシーブレーキ設定
●デイズルークス/2014年2月(5年6カ月)、2016年12月 マイナーチェンジ
●e-NV200/2014年10月(4年10カ月)、2018年4月 一部改良
●セレナ/2016年8月(3年)、2018年3月 e-POWER発売
●リーフ/2017年10月(1年10カ月)、2019年1月「e+」発売
●デイズ/2019年3月(5カ月)

次ページは : キューブのフルモデルチェンジ

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ