【楽しくて安全で長く乗れる!!】「高齢者に優しいクルマ」とは

 最近、高齢者によるペダル踏み間違いによる急発進や暴走事故がニュースを賑わせている。

 本企画担当者の両親も80代。免許返納する、しない、急発進や暴走事故を起こさないクルマを買う、買わないなどと、両親に会うたびに言い争いになっている。

 きっと70代後半から80代の高齢者を持つ方たちも同じような境遇の人も多いのではないだろうか。

 本当は運転免許を返納したいけど、プライドの問題や、そもそも自家用車がライフラインになっている地域もあり、「1日でも安全にクルマに乗っていたい」という高齢者は多い。

  そこで、こうした高齢者にお薦めしたい優しいクルマとして、まずは、あえてスポーツカーから1台を選び、続いてSUV、ミニバン、コンパクトカー、軽自動車と、各ジャンルのなかから選んでもらった。

 はたして、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏がお薦めする高齢者に優しいクルマとは?

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカーWEB編集部

(画像ギャラリー) 【楽しくて安全で長く乗れる!!】「高齢者に優しいクルマ」とは


高齢者の立場になって考えてみた

 高齢者に優しいクルマを考える時、当たり前の話だが、高齢者の気持ちになることが大切だ。読者諸兄なら、どのようなクルマを選ぶだろうか。

 注意したいのは「高齢者」と聞くと、面白みのない運転しやすいだけのクルマを選びやすいこと。体力が衰えるから、運転のしやすさと安全性は大切だが、それだけでは推奨できない。

 高齢ドライバーの現在の年齢が70歳であれば、誕生したのは1949年だ。20歳の時は1969年だから、初代フェアレディZ(S30型)、3代目スカイラインの2000GT-R、ベレット1600GT-Rなどが発売された。1970年に入ると初代セリカ、初代カリーナ、ギャランGTO、初代カペラ、初代ジムニーなども登場している。

 1969年の大卒初任給は約3万2000円、2019年は約21万円だから、当時150万円だったスカイライン2000GT-Rは、今の価値に換算すると約1000万円に相当する。1966年に46万円だった初代サニーも、今の価値に換算すれば約300万円だ。

 クルマは相当な高額商品だったから、憧れる気持ちも強く、今までポリシーのあるクルマを選んできたに違いない。そのようなベテランのご両親に、失礼のないクルマを選んでいただきたい。

 ひとことでいえば、ご自分の好みを満足させられる上質な大人のクルマだ。その上で運転しやすく、誤操作も生じにくく、先進的な緊急自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)を備えることなどが求められる。

スポーツカー/マツダロードスター

価格は255万4200~325万6200円。ボディサイズは全長3915×全幅1735×全高1235mm。車重は990~1060kg。ロードスターに搭載される1.5L、直4エンジンは132ps/15.5kgm

 この条件に合った車種として、まずはスポーツカーのジャンルからはロードスターを挙げたい。上質な大人のスポーツカーだから、若い頃にフェアレディZやセリカに憧れた世代にピッタリだろう。「ロードスターに乗ってみない?」といわれて怒る人はいない。

 ロードスターは生粋のスポーツカーでありながら、全長は4m以内に収まって運転しやすい。コンパクトで軽いから、自分の手足のように操れる。クルマで出かけるのが楽しくなり、気分もアクティブになるだろう。

 6速MTを選べば、運転のトレーニングになり、乱暴に扱ったり操作を誤ると発進すらできない。従ってペダルの踏み間違い事故も防げて、運転技術も下がりにくい。

 スポーツカーでは珍しく、緊急自動ブレーキのスマートシティブレーキサポートが装着されることもロードスターの魅力だ。

ドライビングポジションにこだわるマツダらしく、ステアリングにテレスコピック機能が搭載されている。ロードスターへのテレスコピック機能採用は歴代初

SUV/スバルXV

価格は1.6Lモデルが213万8400~226万8000円。2Lモデルが250万5600~270万円。e-BOXER搭載のアドバンスが282万9600円。ボディサイズは全長4465×全幅1800×全高1550mm。1.6Lは115ps/15.1kgm、2Lは154ps/20.0kgm、2Lハイブリッドのe-BOXERが145ps/19.2kgm+13.6ps/6.6kgm

 流行中のSUVのジャンルでは、XVがお薦めだ。最低地上高は200mmを確保するから、悪路のデコボコを乗り越えやすい。着座位置も適度に高まるため、乗降時の腰の移動量が少ない。体にあまり負担をかけず、スムーズに乗り降りできる。

 着座位置と併せて視線の高さもちょうどよく、後方を含めて視界も優れているから、混雑した街中や駐車場でも運転しやすい。

 安全装備では、アイサイトが歩行者や自転車も検知して緊急自動ブレーキを作動させる。アイサイトセイフティプラス(運転支援)をオプション装着すると、ドライバーの死角に入る後方の並走車両なども知らせてくれる。

 このようにXVは、高齢ドライバーをサポートする安全装備を充実させ、適度に高められた車高によって視界や乗降性も良い。

 その一方で外出を楽しくする外観のカッコ良さ、適度にスポーティな運転感覚も併せ持つ。高齢ドライバーのニーズをバランスよく満たしたSUVだと思う。

アイサイトをはじめとする安全装備満載のXV

ミニバン/トヨタシエンタ

価格はハイブリッドが218万7000~253万2600円。1.5Lガソリン車が177万6600~217万2960円。ボディサイズは全長4260×全幅1695×全高1675mm。ハイブリッドは74ps/11.3kgmの1.5L、直4+61ps/17.2kgmのモーターを組み合わせる。1.5L、直4ガソリン車は
109ps/13.9kgm

 自分の子供が孫と一緒に帰省した時、3世代でそろって出かけるため、ミニバンを購入する高齢者も多い。この時に推奨されるのがシエンタだ。

 もしそのような状況にない場合には7人乗り、6人乗りのほか、5人乗りも用意されているからそちらを選ぶこともできるのは嬉しい。

 コンパクトなミニバンだから、ミドルサイズのヴォクシー/ノア/エスクァイアなどに比べて運転しやすい。混雑した街中における扱いやすさは、コンパクトカーに近い。

3列7人乗り仕様。これだけコンパクトなサイズで7人乗れるのは心強い。3列シート車はほかに6人乗り仕様もラインアップ

 そしてシエンタは薄型燃料タンクの採用で床を低く抑えたから、乗降性が優れている。荷室の床も低く、荷物を積む時に高い位置まで持ち上げる必要もない。

 こういった使い勝手は、高齢ドライバーにも優しい。緊急自動ブレーキを作動できる安全装備は、歩行者を検知できるから安心できる。

 低床設計により、3列目シートが意外に快適なこともシエンタの特徴だ。床と座面の間隔が相応に確保されるから、乗員の膝が持ち上がりにくく、窮屈な着座姿勢にならない。

 3列の各シートが相応に快適なので、コンパクトミニバンでありながら、3世代のドライブにも適している。

3列5人乗り仕様。 2列目のシートを倒すとフラットで最大荷室長2065mmの大容量ラゲッジが現われ、26インチのマウンテンバイク2台の積載や車中泊が可能

コンパクトカー/スズキスイフト

価格はハイブリッドRSが178万9400円、RStが180万360円、RSが168万5880~169万200円。ハイブリッドSLが194万9400円、マイルドハイブリッドML が172万800円。XLが156万1680~156万6000円、XGリミテッドが145万6920~146万1240円。ボディサイズ:全長3840×全幅1695×全高1500mm(FF)。ハイブリッドSLは91ps/12.0kgmの1.2L、直4と、13.6kgm/3.1kgmの電気モーターを組み合わせる

 コンパクトカーは、2名乗車と割り切って考えたい。高齢のご夫婦の場合、普段は、ほとんど後席に乗せる機会がないと予想されるからだ。するとスイフトの推奨度が高まる。

 後席は狭めだが、全長が3840mmに収まり、最小回転半径も4.8mだから運転しやすい。

 軽量化に力を入れて開発され、車両重量は大半のグレードが900kg以下だから、走りも軽快で楽しい。緊急自動ブレーキが完備されて安心できる。

ハイブリッドSLのコクピット。質感は想像以上に高い

 そしてインパネ周辺など内装は丁寧に作り込み、質感はミドルサイズセダン並みに高い。前席は体をしっかりと支えるから、着座姿勢も乱れにくい。

 このようにスイフトは、機能と価格のバランスを見ると買い得だ。なおかつ安いクルマに乗っている印象を受けない。1.2Lエンジンをメインに搭載するコンパクトカーでありながら、ベテランドライバーが所有してもプライドを満足させられる。

 なおスイフトスポーツも注目のグレードだ。スイフトの素性が優れているため、最高出力が140psに達する1.4Lターボエンジンを搭載しても、動力性能を過剰に高めた印象は受けない。

 走行安定性が優れ、ドライバーのコントロール性も良好だ。上質なスポーツハッチに仕上げている。

軽自動車/ホンダN-WGN

価格は標準が127万4400~150万1200円、ボディサイズ:全長3395×全幅1495×全高1675mm(FF)。エンジンはNAが58ps/6.6kgm、ターボが64ps/10.6kgm

 軽自動車ではN-WGNを推奨したい。後席の居住性を重視するならN-BOXも魅力的だが、N-WGNは設計が新しいために、安全装備と運転支援機能のホンダセンシングが先進的だ。

 緊急自動ブレーキは自転車も検知する。今のところホンダの安全装備で自転車を検知できるのはN-WGNだけなので、レジェンドやオデッセイよりも優れた安全機能を備えるわけだ。夜間の歩行者にも対応した。

 また、車間距離を自動調節できるクルーズコントロールは、電子制御式パーキングブレーキの採用で全車速追従型になった。

 N-BOXは速度が時速25km未満になるとキャンセルされるので、N-WGNが使いやすくて安全だ。

広くて使いやすいN-WGNの居住空間

 フロントシートは充分な厚みを持たせ、体が適度に沈んだところでしっかり支える。座り心地が快適で長距離移動でも疲れにくく、サポート性も良いから峠道を走った時でも着座姿勢が乱れにくい。

 最近はスイフトやN-WGNのように、コンパクトカーや軽自動車が上質になった。安全装備も充実しており、高齢のドライバーが好みに応じて自分にピッタリの車種を選べる。

 安全装備の充実したクルマを購入して、体調を整えて運転することにより、カーライフを楽しんでいただきたい。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ