【プリウス、スイスポ…】3ナンバーになっても成功したクルマ4選+α

 9月にフルモデルチェンジを受けたセダンのカローラ、ステーションワゴンのツーリングは昨年先行してフルモデルチェンジされた5ドアハッチバックのスポーツも含め、日本で販売されるカローラの車名が付くモデルとしては初めて全幅が5ナンバーサイズから3ナンバーサイズに拡大されたことが思いのほか注目されている。

 税制を見れば平成になってから日本は排気量で区分されるため排気量が2L以下であれば5ナンバーも3ナンバーも変わらない。

 しかし3ナンバー化はイメージや駐車場などの使い勝手により5代目アコード、9代目スカイライン、6代目シルビアなど、理由はそれだけではないにせよ失敗したクルマも多い。

 その反面3ナンバー化で成功したクルマというのもあり、当記事ではそんなクルマたちを紹介しがら、カローラの3ナンバー化の是非も考察する。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、SUBARU、MAZDA、NISSAN、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】全車3ナンバーのカローラシリーズ


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ