大人気ハイエースのベストグレードはこれ!! 複雑怪奇なグレードを謎解く


 東京モーターショーで超大型ミニバンのグランエースが出展され、2019年内に発売を開始することが明らかになっている。

 グランエースがキング・オブ・ミニバンなら、商用車の人気車種といえば、筆頭に挙がるのがハイエースだ。姉妹車のレジアスエースも含めると、1か月の登録台数は5000台近くに達する。乗用車に当てはめると、ノアやC-HRと同等の台数を販売している。

 ハイエースはホームページなどで見てもらえればわかるが、とにかくバリエーションが豊富で何を選んでいいかわからない。乗車定員、ボディタイプ、エンジンなどが複雑に組み合わされるからだ。

 そこでハイエースを購入する時には、どのグレードを選べばいいのかを渡辺陽一郎氏に考察してもらう。

文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】もう新車で買えないハイエース好き垂涎の特別仕様車


三者三様のモデル構成

写真のワゴングランドキャビンは入ルーフ仕様で、ボディサイズは全長5380×全幅1880×全高2285mmとかなり大きい

 まずハイエースのモデル構成は、バン、ワゴン、コミューターの3種類に分類される。

 ワゴンは3ナンバー車だから一般ユーザー向けに思えるが、ミニバンとは機能が根本的に違う。シートの配列は4列で、乗車定員も10名だ。

ワゴンは2-2-2-4という4列のシート配列で乗車定員は10名で、普通免許で運転できる上限となる。アルファードなどのミニバンのような豪華なシートではない

 3列シートミニバンの6~8名を大幅に上まわり、座席の造りも10名分に区分けされる。8人乗りのミニバンでは、2/3列目に3名が横並びで座り、中央部分はサポート性が悪いが、ハイエースワゴンなら10名が快適に移動できる。

 その代わりシートアレンジは単純だ。一部のグレードで、4列目を左右に跳ね上げて荷室を広げられる程度にとどまる。実用的だが、足を支えて快適に座れるオットマンなどは用意されない。名称はワゴンでも、10名で移動できるマイクロバス的な仕様になる。

 さらにコミューターは、全長が5380mmのバンでいえばスーパーロングのボディを使う。5列のシートを配置して乗車定員は14名だ。11名以上30名未満になるため、中型運転免許が必要になる。

 7名以上が同時に移動する時にはハイエースワゴンやコミューターも便利だが、6名以下の乗車なら、アルファード&ヴェルファイアのような3列シートのミニバンが使いやすい。

全長5380mmのコミューターは乗車定員が14名のマイクロバス。普通免許で運転できるのは10名までだから普通免許では運転できない

オススメはバンの一択

 いろいろな点を考慮すると、ハイエースの推奨モデルはバンだ。後席の背面からリアゲートまでの寸法は3000mmと長く、3/6人乗りの後席を使った状態でも、1960mmの荷室長が確保される。

 4名で乗車して荷物をタップリ積んだり、後席を畳んで趣味の空間として活用することも可能だ。

 ディーラーオプションでは、床の汚れを落としやすいロンリュームフロアに仕上げることもできる。ボードを使ったベッドキットを装着すれば、シンプルなキャンピングカーになって車中泊も楽しめる。

 このような発展性からも、ハイエースではバンが魅力だ。箱のような空間は、ユーザーの好みと工夫次第でさまざまな用途に使える。

 そこでハイエースバンのグレード選びを考えたい。まず選ぶべきはボディ形状だ。全長が4695mm、全幅は1695mmとなる標準的な4ナンバー車のロングと、全長が5380mm、全幅が1880mmのスーパーロングがある。

ハイエースはやはりバンが魅力的。物を積載することを前提に設計されているのでスペースユーティリティに優れ、いかようにもアレンジできる

 さらに最上級グレードのGLには、全長が4840mm、全幅が1880mmとなるロングのワイドボディも設定した。

 機能と価格のバランスを考えると、4ナンバーサイズのロングボディで、両側にスライドドアを備える5ドアのDX(6人乗り)が買い得だ。

 スライドドアを左側のみに装着する4ドアも3万~5万円安い価格で選べるが、車内の右側に棚などを装着する用途を除くと、スライドドアを両側に備えた5ドアが便利に使える。

次ページは : ディーゼル高いが差額を回収できるのか?

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ