2020年は中止決定 ラリージャパンとトヨタWRCの未来

 2020年11月に開催予定だった、WRC最終戦ラリージャパン2020の中止が、2020年8月19日に発表された。2019年はWRCプロモーターから「カレンダー入りは確実」とお墨付きをもらいながらも、最終局面で反故にされた。

 そして、2020年は新型コロナウイルスの影響により、自主的に開催断念をWRCプロモーターおよびFIAに伝達。

 2年連続で開催実現に至らなかったことで、ラリージャパン2020実行委員会の関係者は大きく落胆している。

 実行委員会の髙橋浩司会長は、「次回2021年大会については開催が内定しており、開催実現に向けてすぐに準備にとりかかります」と述べているが、果たして2021年にWRCファンはラリージャパンを本当に見ることができるのだろうか?

 2020年のWRCはコロナ禍によって中断を余儀なくされていたが、8月に再開となり、第4戦ラリー・エストニア終了時点で、ドライバーズはトヨタのセバスチャン・オジエがポイントトップに立っている。

 いっぽう、マニュファクチャラーズでもトヨタが僅差ながらトップを走っているだけに、開催中止は残念すぎる。

文:古賀圭介/写真:TOYOTA、HONDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】日本の風景がよく似合う!! ヤリスWRCが 2019年11月のセントラルラリーで愛知・岐阜を激走!!


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ