F1開幕! 注目のホンダF1とトップ勢 今季を占う各マシンの特徴は?

 2018年のF1開幕戦、オーストラリアGPは3月25日に決勝を迎え、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが優勝。新生トロロッソ・ホンダは、完走最下位の15位とリタイアという結果に終わったが、史上最多タイの21戦で争われる今季F1はいよいよシーズンが本格化する。そこで、今シーズンを戦う注目チームのマシンの特徴を、F1ジャーナリストの津川哲夫氏が解説!

文:津川哲夫(ベストカー2018年4月10号)、
ベストカーWeb編集部
Photo:Getty images/RedBull Content Pool,Daimler,Ferrari 


「王者筆頭候補」メルセデス AMG

・パワーユニット:メルセデス
・開幕戦成績:【予選】1位、10位/【決勝】2位、8位

ハミルトンが圧倒的な速さで予選1位を獲得するも決勝は2位に終わったメルセデス
ハミルトンが圧倒的な速さで予選1位を獲得するも決勝は2位に終わったメルセデス

 今シーズン最もコンサバといえそうなのがメルセデスかも。

 決して空力やメカニカル面のことを言っているのではなく、(マシン開発の)哲学そのものが、すでに“挑戦”ではなく“ディフェンス”に向けられている感があるからだ。

 2017年までのアドバンテージは、少なくなっても大きく崩れることはないと判断したようで、車体も昨年の発展型。

 ただし、空力がレーキエアロ(=前傾姿勢でのエアロ)に傾いているのは、新規制で消失した部分を補うためか。だとしたら、やはり保守的な開発なのでは。

 メルセデスの注目点は車体よりも新パワーユニットにありそうだ。オイル燃焼規制で、ICE(エンジン)のコンセプトを変更せざるを得ないので、その結果が楽しみだ。

「王座奪回誓う赤い跳ね馬」フェラーリ

・パワーユニット:フェラーリ
・開幕戦成績:【予選】2位、3位/【決勝】1位、3位

予選で2位を獲得したのはキミ・ライコネン。ベッテルは3位スタートから逆転優勝
予選で2位を獲得したのはキミ・ライコネン。ベッテルは3位スタートから逆転優勝

 醜いとされたハロ(頭部保護デバイス)でさえ、見事にF1車体デザインのなかに昇華してみせたフェラーリ。空力面は極めて過激に攻め込みバックエンドの効率を確実に取り戻し、2017年を超えていそうだ。

 極端に前面投影面積の小さなサイドポッドのエントリーダクトは、小さいながらも上部が後方へ下がっている「受け口型」で、スラットを利用して巧みに多くの空気流を呼び込み、ハロによる空力干渉もこれでうまく削減していそうだ。

 これに伴いサイドポッドは、狭く、低く、コンパクトという「2018年サイドポッド3原則」のトレンドを過激にクリアしている。

 この空力の追い込みがバックエンドの不安を解消し、美しさにさえ繋がっている。

「2強の一角を崩せるか!?」レッドブル

・パワーユニット:ルノー
・開幕戦成績:【予選】4位、5位※/【決勝】4位/6位

母国レースに挑んだダニエル・リカルドは4位。6位のマックス・フェルスタッペンとともに表彰台には一歩及ばず
母国レースに挑んだダニエル・リカルドは4位。6位のマックス・フェルスタッペンとともに表彰台には一歩及ばず

 フェラーリが革新・過激な空力追求なら、レッドブルは空力の王道を過激に進めてきた。

「2018年サイドポッド3原則」は、真空パックのように驚くほど絞り込まれたボディワークで過激にクリア。お椀を伏せたようなサイドポッドはレッドブル的で、後部フロアに大きな空間を築いている。

 もちろん、基本は2017年仕様からの発展型だが、サイドポッドから後部への追い込みはフェラーリとは違う過激さで、ハロ対策とかシャークフィンやT-ウィング、モンキーシートの穴埋めではなく、アグレッシブに空力を攻めた結果にみえる。

 今シーズンのルノー製パワーユニット次第だが、レッドブルは間違いなくトップコンテンダーのはずだ。

(※予選5位となったダニエル・リカルドは、ペナルティにより8番手スタート)

「船出を託すニューマシンの特徴は?」トロロッソ・ホンダ

・パワーユニット:ホンダ
・開幕戦成績:【予選】16位、20位/【決勝】15位、リタイア

テストでは信頼性抜群だったトロロッソ・ホンダながら開幕戦ではマシントラブルで完走した1台も15位止まり
テストでは信頼性抜群だったトロロッソ・ホンダながら開幕戦ではマシントラブルで完走した1台も15位止まり

 ホンダとのコラボ第一号車、STR-13 HONDA。テストでは初日にいきなり90周超え、問題なく走行を続けていた。

 車体は2017年仕様のSTR-12に、ホンダエンジン換装と今シーズンレギュレーション対応で組み上げられた暫定マシンだが、今シーズンはあくまでもテストケース。来季のマシンこそが本当のトロロッソとホンダのコラボマシンとなるという。

 それでもSTR-13はドラッグ(=空気抵抗)の少ないマシン、高速サーキットではホンダの現実を知るいい機会だ。

 ホンダも今シーズンは信頼性の確保に注力し、パフォーマンスはその後だという。年間3基規則ならこれは当たり前の言葉。今季だけでなく来季が楽しみだ。

【津川哲夫】

開幕戦で見えた2つの熱い戦い

 今季開幕戦となったオーストラリアGPは、予選でメルセデスのルイス・ハミルトンが、2位にコンマ6秒以上の差を付ける圧倒的なタイムでポールポジションを奪取した。

 メルセデスは目下、シーズン4連覇中。追い抜きが難しいオーストラリアGPの特性を加味すると、「メルセデスの優勝は確実」。そんな空気さえ漂っていた。

 しかし、決勝レースでは既報のとおり、バーチャルセーフティカー出動という一瞬の隙をついたフェラーリ、ベッテルが逆転優勝。

 最強メルセデスをフェラーリが下したことでチャンピオン争いの白熱は必至。今季もトップ争いは、メルセデス・フェラーリ・レッドブルの3強を軸に展開されそうだ。 

フェラーリ、レッドブルの背後に並んだのはハースの2台。決勝ではピット作業のイージーミスで入賞のチャンスを失ったが、ダークフォースとして中団グループで存在感を発揮した
フェラーリ、レッドブルの背後に並んだのはハースの2台。決勝ではピット作業のイージーミスで入賞のチャンスを失ったが、ダークフォースとして中団グループで存在感を発揮した

 もうひとつの熱い戦いは、3強に次ぐ中団グループ争いだ。現在のF1は10位までが入賞、ポイントを獲得できる。順当な力関係でいけば、6位までは3強が占めることになる。

 それ以外でポイントを獲得できるのは残り4人。1チーム2ドライバーなので、中団グループで上位2チーム以内に入らなければ入賞は難しくなる。

 実際、3強以外のチームで開幕戦入賞を果たしたのはマクラーレンとルノーのみ。ここに予選で6、7位に入ったハースやフォースインディアも加わる。トロロッソ・ホンダが、この熾烈な争いにどこまで割って入れるかにも注目だ。

 今シーズンは、津川氏が指摘しているように、1台のマシンにつき年間で計3基のパワーユニットしか使用できない。つまり、開幕戦を戦ったパワーユニット以外に、たった2基しか新たなパワーユニットを投入できないことになる。

 それだけに、各チームがどこで新しいパワーユニットに載せ替えるか、そのパワーユニットにどのような改良を施すか、によって力関係が変わる可能性もある。

 これは、厳しい船出となったトロロッソ・ホンダの浮上を左右する要素となりそう。次戦、第2戦バーレーンGPは4月8日決勝だ。

【編集部】

■2018年 F1グランプリ日程
第2戦 バーレーン 4月8日決勝
第3戦 中国 4月15日決勝
第4戦 アゼルバイジャン 4月29日決勝
第5戦 スペイン 5月13日決勝
第6戦 モナコ 5月27日決勝
第7戦 カナダ 6月10日決勝
第8戦 フランス 6月24日決勝
第9戦 オーストリア 7月1日決勝
第10戦 イギリス 7月8日決勝
第11戦 ドイツ 7月22日決勝
第12戦 ハンガリー 7月29日決勝
第13戦 ベルギー 8月26日決勝
第14戦 イタリア 9月2日決勝
第15戦 シンガポール 9月16日決勝
第16戦 ロシア 9月30日決勝
第17戦 日本 10月7日決勝
第18戦 アメリカ 10月21日決勝
第19戦 メキシコ 10月28日決勝
第20戦 ブラジル 11月11日決勝
第21戦 アブダビ 11月25日決勝

最新号

ベストカー最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール ベストカー9月10日号

 自動車総合誌「ベストカー」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ