【史上最大の参加台数で盛り上がり最高潮!!】エコカーカップ2019奮闘記


 エコカーカップは富士スピードウェイが主催する「速く」、「安全に」、「低燃費で」総合力で競う参加型レースだ。2013年に第1回大会が開催され、2019年で7年目を迎えたエコカーカップ2019にベストカーWeb編集部チーム、ベストカーClubチームが参戦。

 2019年で5年連続の参戦となるが、楽しみながらもレースでは苦い思いの連続という試練を味わっている我がベストカーWebチームの躍進はあるのか?

文:ベストカーWeb編集部/写真:ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】超絶盛り上がったエコカーカップ2019


キャンセル待ちが出るほどの人気

 エコカーカップは富士スピードウェイが、クルマのユーザーの燃費志向、エコランへの関心の高まりという風潮のなか、ただのエコランではなくタイム、ドライブする楽しさを加味したレースを実現したいという思いで冒頭のとおり2013年に第1回大会が開催された。

3時間耐久のチャレンジ180はエントリーが80台だったため、予選を2組に分けてもゲートオープンを待って長蛇の列ができるほどだった

 何しろ前例のないレースということで手探り状態。興味はあっても実際に参戦しようというユーザーは少なくマニア受けしても一般受けせず苦戦。

 それがどうよ。エコカーカップのエントリーは基本的に先着順で定数に達した時点で受付終了となるのだが、最近ではキャンセル待ちが出るほどの盛況ぶり。参戦台数確保に苦労していたのが嘘のよう。

 参加可能な車両は多岐にわたり、ガソリン車(G-1~4)、ディーゼル車(D-1~3)、ハイブリッド車(HV-1~6、競技車&車検対応外のSHV)、プラグインハイブリッドのPHVというかたちで排気量などによりクラス分けがされている。

 レースは3時間耐久の『チャレンジ180』と1時間耐久の『エンジョイ60』の2タイプが用意されていて、好きなほうに参戦するほかWエントリーも可能だ。

 2019年はエンジョイ60に57チーム、チャレンジ180に80チームがエントリーするという史上最大規模で開催された。

ライブの観衆ではなくレース前のブリーフィングに集まった参加者。1チーム平均5人としても500人近い数になる。エコカーカップは大人気イベントに成長

初の2台体制で参戦!!

 大人気のエコカーカップ2019の開催にあたり、5年連続参戦中で常連となっているベストカーWebチームに加え、ベストカーClubチームが初参戦となり2台体制で参戦。

 ベストカーWebチームは、自動車評論家の鈴木直也氏+4名のベストカーClub員というメンバーが現行プリウス(HV-4クラス)でチャレンジ180にエントリー。

 いっぽうベストカーClubチームは5名全員がベストカーClub員というチーム構成で、参戦マシンはプリウスPHV。

 PHVはチャレンジ180とエンジョイ60のWエントリーが義務付けられているものの、まだレギュレーションの整備ができていないため総合順位からは除外されている。

次ページは : ベストカーWebチーム(プリウス)

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ