SUV新情報祭り!! RAV4、CR-V、フォレスターと新型情報一挙お届け

SUV新情報祭り!! RAV4、CR-V、フォレスターと新型情報一挙お届け

 毎日ディーラーを回り、販売店幹部と会って「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。今回はSUVの新車情報を中心に、ニューモデル情報や発売直後の注目車の売れ行きを調査してくれました。

 RAV4、CR-V、ジムニー、CX-8、フォレスター、エクリプスクロスと、新型SUV情報祭りとなっております!
文:遠藤徹
ベストカー2018年4月26日号「遠藤徹の地獄耳スクープ」より


■トヨタRAV4が2019年春に日本発売

 3月30日から開催されたアメリカ・ニューヨークショーにて、トヨタは新型RAV4を世界初公開しました。

 通常は北米仕様のみの発表となるのですが、トヨタはここで「日本においては、(市販開始は)2019年春頃を予定しています」と公言。関係者を驚かせました。

3月のニューヨークショーで北米モデルが公開された新型RAV4。ここで「2019年春に発売」とトヨタから発表された
3月のニューヨークショーで北米モデルが公開された新型RAV4。ここで「2019年春に発売」とトヨタから発表された

 新型RAV4のパワーユニットは新開発2.5Lの直噴NAガソリンエンジンと同ハイブリッドを搭載すると思われます。

 NAガソリンは2列シート5人乗りと3列シート6~7人乗り、ハイブリッドは2列シート5人乗りを設定する見込みです。エンジン違い、もしくはグレード違いで、2種類のグリル形状が異なったフロントマスクを用意。

 車両本体価格は250万~300万円で、日産エクストレイル、マツダCX-5、三菱アウトランダー、スバルフォレスターなどに対抗させます。

 従来のハリアーはアッパーミディアムクラス、C-HRはコンパクトクラスであり、その中間のミディアムクラスにはこれまで真っ向から対抗できるSUVがありませんでした。

 今回これをカバーすることや同クラスでの3列シート仕様のニーズに対応するためにRAV4投入を決断した側面があります。扱い店はこれまでのネッツ店専売から、ネッツ店とトヨペット店の併売ないしは全系列店となりそうです。

■次期型CR-Vはハリアー&CX-8が対抗モデル

 ホンダが8月下旬にも投入する新型CR-Vは、トヨタハリアーとマツダCX-8をライバルに想定していることが明らかになりました。新型は2列シート車と3列シート車が設定され、対抗モデルは2列シートがハリアー、3列シートがCX-8となります。

2016年から日本市場での販売を中止していたCR-Vが今夏復活する
2016年から日本市場での販売を中止していたCR-Vが今夏復活する

 新型は、昨年の東京モーターショーにプロトタイプが出品されましたが、市販モデルはこれとほぼ同じ内容となります。パワートレーンは1.5Lガソリンターボと2Lハイブリッドで、1.5Lターボは2列シート5人乗りと3列シート6~7人乗り、ハイブリッドは2列シート5人乗りのみになります。

 駆動方式は1.5Lターボが2WDと4WD、ハイブリッドは2WDのみとなります。トランスミッションは全車CVT。車両本体価格は295万~450万円程度に設定する見込みです。

■現行ジムニーの販売好調

 今年7月にフルモデルチェンジを予定しているスズキのジムニーが、末期モデルながら好調な販売推移を見せています。

20年ぶりにフルモデルチェンジするジムニー。キープコンセプトだが、よりスクエアなボディとなり、安全装備も充実
20年ぶりにフルモデルチェンジするジムニー。キープコンセプトだが、よりスクエアなボディとなり、安全装備も充実

 今年1~2月の届出台数は3133台で前年同期に比べて30.2%もの大幅な増加となっています。世代交代が決まっている末期モデルなのに、これだけ好調に売れているのは珍しいです。

 SUV車がブームになっているのと、ジムニーの場合、ラダーフレーム構造でラフロードでの走破性のよさを得意としている軽自動車唯一のモデルといった特性も好調の要因として挙げられます。

 20年近くもモデルチェンジせず、マイナーチェンジや一部改良、特別仕様車の設定などで商品ラインアップを強化してきました。新型になればさらに人気に加速がつく可能性があります。

■マツダCX-8が引き続き好調で2カ月待ちの状況

 マツダが昨年9月中旬に発表、12月中旬から売り出した3列シートSUVのCX-8が引き続き好調な販売推移を見せています。

 今年に入ってからの登録推移は1月が2938台、2月が3032台。2列シートのCX-5を大幅に上回る売れゆきで、マツダ車ではデミオに次ぐ2番手の販売実績となっています。

販売絶好調のCX-8。マツダ車で唯一の3列シート車となる
販売絶好調のCX-8。マツダ車で唯一の3列シート車となる

 売れ筋は最上級のXD Lパッケージで、ボディカラーはテーマカラーのソウルレッドプレミアムを中心にホワイト、ブラック、シルバーなどの人気が目立ちます。3月中旬現在の納期は5月中旬で、2カ月待ちの状況です。

 3月にCX-5が改良して本格販売に入っており、今後CX-8に対峙して、どのような売れゆきになるかが注目されます。

■次期型フォレスターは6月に国内投入

 スバルは今年6月に次期型フォレスターを国内投入します。4月中旬にも現行モデルをオーダーストップし、在庫一掃セールをスタートさせます。

新型フォレスターは北米仕様がニューヨークショーで公開。日本仕様は6月に発売予定
新型フォレスターは北米仕様がニューヨークショーで公開。日本仕様は6月に発売予定

 次期型のエクステリアデザインはキープコンセプトになりますが、中身はがらりと変えて、新世代の「スバルグローバルプラットフォーム」を採用します。パワートレーンも現行モデルのMT仕様および同ターボ仕様を廃止し、代わって2.5L水平対向NA直噴ガソリンエンジンが中心となります。そのほかマイルドハイブリッド仕様も用意されますが、こちらは「発売時から用意」と「発売一年後に追加設定」というふたつの情報が入っています。

 ハイブリッドユニットは、先代XXVなどに搭載されていたスバル独自システムの発展形で、2L水平対向エンジンと組み合わせます。

 全車フルタイム4WDであり、トランスミッションはCVTとの組み合わせとなります。最新安全パッケージ「アイサイト・ツーリング・アシスト」を全車標準装備します。

■エクリプスクロスの売れゆきは順調な滑り出し

 3月から発売開始した三菱の新型SUV「エクリプスクロス」が順調な販売の滑り出しを見せています。3月中旬時点の納期は2カ月待ちの5月中旬頃となっています。

 売れ筋は最上級グレードのGプラスパッケージで、次いでGタイプが多い。駆動方式は大半が4WDで占められています。人気のあるボディカラーは、ホワイト、シルバー、ブラックで、テーマカラーのレッドダイヤモンドの引き合いも多くなっています。

エクリプスクロスは三菱にとって4年ぶりの新型車
エクリプスクロスは三菱にとって4年ぶりの新型車

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 20年ぶりの革新! ベストカー8月10日号

 スズキが誇る日本の名車、ジムニーがついにフルモデルチェンジを敢行! 7月10日発売のベストカー最新号では、その新型ジムニーにいち早く試乗し、隈なくチェック。さらに、巻頭スクープではトヨタのスポ...

カタログ