新型スープラのいまわかってること 17年ぶりの復活の意図とは

デトロイトモーターショーで2019年1月14日に新型スープラの市販バージョンがお披露目された。約17年ぶりとなるスープラ復活。

BMWとの提携でエンジンを共用するなど、生まれ変わった新生スープラの”すっぴん”姿は今回が初公開となる。

デトロイトで明らかになったスペック、そして気になる価格についてもベストカーの情報と、公式情報と合わせてお伝えします。最後の開発責任者の多田哲哉氏のインタビューもお見逃しなく!!

文:ベストカーWeb編集部/写真:奥隅圭之、トヨタ


■”スープラ”に込めた豊田社長の強い思い

スープラは「A90」と名乗り世界中でカムフラージュされたテストカーを露出させ、かなり大掛かりなPRを続けてきた。

トヨタのスポーツカーイメージをけん引してきたスープラだけに、その動向については世界が注目していたともいえる。

2018年12月にはメディア向けに国内でプロトタイプ試乗会を実施。

ベストカーWebで試乗した荒聖治選手は、ボディ剛性の高さ、ブレーキやエンジンの完成度の高さを評価しつつも、ピーキーな特性を持ったマシンという総評をしていた。

それから約一カ月が経過した2019年1月14日のデトロイトショーにおいて、いよいよ市販バージョンのスープラが登場となった。

カンファレンスでトヨタの豊田章男社長はこう語った。

デトロイトショーで豊田章男社長自らが思いを語ったスープラのワールドプレミア。社長の右後ろにはかつてニュルブルクリンクでスープラの開発に携わり、そして豊田社長の運転の師であるトヨタの「トップガン」故・成瀬弘さんの写真もあった

ずいぶん昔ですが……私はマスタードライバーになるための運転訓練で、中古のスープラと、数えきれない程多くの時間を過ごしました。

他のメーカーが美しく新しいプロトタイプで走行しているなか、私に向けられた視線や冷やかしは、想像できるでしょう。

私は、スヌーピーに出てくるチャリーブラウンのクリスマスツリーの様に、何の飾りっけのないクルマを走らせていたわけです。

スープラは素晴らしいクルマでしたが、でも、やっぱりね……。

ですから、トヨタは新しいスープラをつくる計画はありませんでしたが、世界中の多くの熱狂的なスープラファンの皆さんと同様、私は密かに、このクルマを復活させたい、と願っていました」

「スープラ」への思いの強さはきっと人一倍強かったであろう豊田社長。80スープラのように現代でもまた誇りに思えるスープラを作りたいという思いが伝わってくる。

報道解禁されたカムフラージュなしのスープラ。想像していたとおりではあるが、サイドの曲線などはより艶めかしく見える

この記事では2018年12月に国内で事前撮影をしたスープラの詳細写真と、今回のデトロイトで明らかになったスペック、そして開発責任者の多田哲哉氏のインタビューを紹介する。

■3Lモデルは500万円台から登場か!?

デトロイトで明らかになったことは既報のとおり、3Lの直6エンジンのグレードに加えて、2Lの直4グレードが追加されるということ。

そしてグレードは3LがRZ、2LがSZ-RとSZになる。80スープラと同じグレード名だ。うーん、なんだか感慨深い。

RZは340ps、51.0kgm/1600~4500rpmを誇る。もちろんカタログ上は史上最強のパワーユニットを持つスープラだ。

BMW謹製の珠玉の直6エンジン。シルキーシックスをトヨタに搭載する時代が来るとは感慨深いものがある。ボンネットキャッチャーもダブルだ

SZ-RとSZは排気量は同じものの、エンジンチューニングが異なり258ps(SZ-R)と197ps(SZ)となる。車両重量はRZが1520kg、SZ-Rが1450kg、SZが1410kgと最大110kgの重量差がある。

ボディサイズは小さく全長4380×全幅1865×全高1295mm(RZ)。86/BRZなどとサイズ感に大きな差はなくいかにスープラがコンパクトになったかがわかる。

0-100km/h加速は3Lモデルが4.1秒、SZ-Rが5.2秒、SZ6.5秒となっている。全体的に驚くべき瞬足というわけではないが、スープラという名に恥じないパワーを身に着けている。

シフトノブやペダルなど随所にBMWの面影が残る。もちろん仕上げはZ4とは異なるが、80スープラのインテリアのようなオリジナリティは薄い印象

気になる日本での販売価格はまだ公開されていないものの、アメリカ市場(2019年夏から発売開始)での価格は発表された。

北米での3Lモデルは4万9990ドルから5万3990ドルとなっており、約543万円から約586万円(2019年1月15日現在)の価格帯になる。

マッシブな印象のリア周り。可変LSDなど最新の電子制御を備えるが試乗会でレポートされた電子制御の粗さなどは市販型ではどう調整してくるのだろうか

かねてからBMW X4との部品共通化などを考慮すると、3Lは700万円近いとの話にもなっていたスープラだが、意外なほどにお得感の溢れる価格だ。

新型スープラは生産国のオーストリアから輸入することになり、日本での販売価格もほぼ同等になりそう。2Lモデルについては3Lモデルより80万円から100万円安いはずだ。

2019年春には日本発売との話もあるが、いよいよ17年ぶりに伝説が復活することになる。

■開発責任者 多田哲哉氏「営業の大反対を押し切った2シーター」

ベストカー2019年1月26日号にてスープラのチーフエンジニア、多田哲哉氏がスープラへの思いを語ってくれた。


プロジェクトのスタートは2012年5月。「BMWに行ってくれ」と言われて「スープラを作るんだな」と直感しました。

米国市場でスープラを復活させてほしいという声が大きかったのはよく知っていましたから。米国では映画『ワイルド・スピード』の影響で、スープラが神格化されているようなところがあるんですよ。

でも、スープラは直6エンジンのFRでなければならない。トヨタ単独では無理でもBMWと組めばできるわけで、これはそういうことだろうなと思ったわけです。

基本コンポーネントはBMW Z4と同じですが、開発チーム、特にテストドライバーは完全に分けていて、お互いにどんなクルマに仕上げるのか知らないまま開発は進みました。

クルマ作りの意識の違いなどもBMWとの開発では感じたという。妥協なく対等な関係で作りこんでいったスープラは、営業部門などからの反発も抑え込んで開発しているそうだ

例えばサスペンションの取り付け部などは同じでもチューニングはまったく違っていて、私もZ4には市販化されてから初めて乗ったくらいで、乗るとやはりスープラとはぜんぜん違うなと感じましたね。

BMWとの共同開発だけど、効率よく作ろうという意識はありませんでした。実を言うと、最初はそのつもりだったんだけど。

「共用化ありきで自分の好きなクルマを作れるのか?」とBMWに言われ、その意識を完全に捨てました。作りたいクルマを作り、そのあと共用できるものを探すという順番に変えたんです。

スポーツカーは「ドライバーを最後に裏切らない」のが大切です。アンダーステアが出てもステアリングの切り増しが効くクルマは安心で、それがすごく大事なんです。

そのためにボディのバランスなどは何回も作り直しました。

また、ドライバーにタイヤの四隅をしっかり感じてもらうためにはリアシートを置けなかった。だから営業部門からの大反対を押し切って2シーターとしたんです。

世界中の公道で目撃されているスープラのプロトタイプ。公道でテストをするからこそ得られるものが多くあるという

ほかにもスポーツカーとして必要なものを守るために、私の判断で割り切ったことはたくさんあります。燃費はいっさい気にせずパフォーマンスの向上だけに集中していますし、重量を増やすパーツはとことん削っています。

スープラはテスト走行の9割を一般公道で行っています。雪道も含めて一般道でどれだけ楽しめるかを最も重視して開発したんです。

いずれサーキット向けのモデルも用意したいとは思っていますが、まずは一般道で最高に楽しめるクルマであること。スープラの狙いはそこにあるんです。

【新型スープラ諸元表】

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ