「この世で最も黒いクルマ」の意外な短所は?

 BMWは今回のフランクフルトモーターショー(2019年9月12~23日(日本時間))に、既知の物質でもっとも黒いと言われる「VANTA(ベンタ)ブラック」の技術を塗料に用いたBMW X6特別仕様を出品する、と発表した。

 カーボンナノチューブを用いて可視光の99.965%を吸収するVANTAブラックの技術を元にした塗料で塗られたクルマ。担当したデザイナーは「光の反射や映り込みをいっさい考慮しないため、自動車デザインの新たな可能性を感じる」と語っているが、確かに公開された写真を見ると、ボディパネル以外の部分、ライトやナンバー、グリルが異様な存在感を放つように見えて、不思議な感覚に包まれる。

 現時点ではまだショーモデルの特別仕様車だが、公式リリースや仕様を読むと、将来的に市販モデルのオプションとして設定する可能性を示唆している(BMW公式リリースでインタビューに答えるVANTAブラック技術者は「この塗料技術の発表以来、世界中の自動車メーカーから問い合わせがあった」と語っている)。

 しかしこの「この世で最も黒いクルマ」、もし夜中に前を走っていたら自分のクルマの衝突軽減ブレーキ用カメラは認識してくれるのでしょうか? 危なくない? それだけでなく、どうも別方向で意外な弱点もありそうな気が…。
文:鈴木直也 写真:BMW

■塗装中の写真も公開!! この世で最も黒いクルマ写真ギャラリー


■「三次元の外観を失っているよう」な黒

 モーターショー用のコンセプトカーには、量産車では使えない特殊な塗装がしばしば用いられる。

 よく見かけるのが、何層も重ね塗りをして反射の深みや上質な光沢感を表現するテクニック。

 まるで金属のような光沢のシルバーとか、見る角度によってさまざまに変化するリフレクションを表現したメタリック色など、華やかなコンセプトカーにはそれにふさわしいペイントが不可欠だ。

 ところが、そんな常識に真っ向から反旗を翻すユニークな塗料が出現した。

BMW X6の「スーパーブラック」仕様。この塗料を2014年に開発したSurrey NanoSystems社の創業者ベン・ジェンセン氏によると、これまで多くの自動車メーカーから問い合わせがあったが、BMWはその個性的で表現力豊かなところが気に入って採用を許可したそう

 BMWがフランクフルトショーに出品したX6は、全球反射率1%と「世界一黒い」ことが特徴。プレスリリースによると「この塗料でペイントされた素材は三次元の外観を失っている」ように見えるほど、とにかく真っ黒なのだという。

 この特殊な塗装は、「Surrey NanoSystems」という英国の会社が航空宇宙用途に開発したもの。Vertically Aligned Nano Tube を略して「VANTA(ベンタ)ブラック」。人工衛星用では最大99.965%の光を吸収し、反射率と迷光をほぼ完全に排除する機能を持っているという。

 その原理は、長さが14〜50マイクロメートル、直径が20ナノメートルのカーボンナノチューブを垂直に整列させた構造にある。入射した光は垂直に並んだナノチューブ内にほぼ完全に吸収され、最終的に熱に変換されてしまう。光を反射しない物体は、人間の目にはブラックホールのような存在となるわけだ。

 プレスフォトを見ると、たしかに「カメラマン露出間違えた?」と思えるほど黒ぐろとした印象。プレスラインはもちろん、ドアのパーティングラインやホイールアーチすら漆黒の闇に沈んでいて、ずーっと見ていると立体物とは思えないような錯覚に陥る。

 最近、高級車を中心につや消しのマット塗装が流行っているが、コイツはその究極の存在。実車がどういう質感に見えるのかかおおいに興味深いが、光を反射しないがゆえに逆にものすごく目立つということも考えられそうだ。

あまりに黒くて細かいボディラインがまったく判別できなくなるが、その代わり全体的なシルエットとライト類の存在感が増す

■最新の画像センサーにも手ごわい相手…だが…

 それにしても、こういう反射率ほぼゼロのステルス機みたいな塗装が出現すると、自動ブレーキ用のカメラやレーダーがどう反応するのかがちょっと懸念される。

 カメラについては、人の目と同じ原理で対象物からの反射光を捉えてクルマをして認識するわけだから、反射率1%以下では最新の画像センサーにとっても手ごわい存在だ。

 現実には闇夜でライトを消して走るわけではなく、必ず光源があって背景とのコントラストによって「真っ黒なクルマ」として認識されるのだが、それでも明るい色のクルマに比べたら認識精度は低下しそう。

 大昔のメルセデスのカタログには、「安全のためには白や黄色など明るい色を推奨します」という記述があったが、いくら自動ブレーキが進化しても真っ黒なクルマは視認性の点で不利となるのは否定できないだろう。

 自動ブレーキのもうひとつの重要なセンサーであるミリ波レーダーについては、同じ電磁波でも光よりだいぶ波長が長いため、カーボンナノチューブによる減衰の影響は少ないと思われる。

 というか、もしこの塗装がXバンドとかKバンドのレーダー電波を効率的に吸収したら、それは高性能なステルス塗装。そうなったら軍事方面が放っておかないはずだ。

 まぁ、ぼくのヤマ感的な予想ではあるんだけど、自動ブレーキへの影響は(ゼロではないにしても、気にしなくていいほどには)あんまり心配しなくてもいい気がいたします。

(編集部注/BMWの公式発表リリースによると、夜間でのカメラへの悪影響についての記述はなかったが、しかしこのVANTAブラックは「昼間の日光入射が車載カメラに悪影響を及ぼさないよう、先進安全技術の一部として採用されている」と説明しています)

 それより、もしこの塗装が実用化した場合の現実的な欠点としては、夏めちゃくちゃ暑いのでは?という問題の方だろう。

 前述のとおり、ナノチューブ内に入射した光は熱に変わって消滅する。ということは、入射した光の99%が熱に変わっているわけで、つまりめっちゃボディが熱くなるってことですよ。

 やっぱりこの塗装、航空宇宙用途にはアリだけど、クルマの塗装としては実用的じゃなような気がするなぁ。

BMWは塗装中→塗装後の写真も公開している。これ特殊な映像加工をしたように見えるが、いちおうちゃんとライティングされているというから、夜道に向こうから走ってきたら普通に驚くと思う

■塗装中の写真も公開!! この世で最も黒いクルマ写真ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ