【ヴェゼル新型 ロッキー/ライズの対抗馬も!?】2021年 姿を表すホンダ車たち

 シビックマイナーチェンジ、フィット発売、ホンダe、N-ONE、グレイス…と、刺激的なニュースが定期的に届いてきそうな2020年のホンダ。2021年もこの活発さは続くようだ。

 まずはなんと言ってもヴェゼル。2018年2月にマイナーチェンジを受けてから2年もの歳月が流れているが、ようやくフルモデルチェンジの情報が見えてきた。世界的なデザインの潮流に合わせたのか、クーペSUVとして生まれ変わる!? という話も。

 また目下のところ絶好調が続くトヨタ&ダイハツ ロッキー/ライズの対抗馬として、新型コンパクトSUVの開発も続けられているという。

 ほか、NSXのオープンモデル、オデッセイのビッグマイナーチェンジと合わせて、最新情報をお届け。

■2020年 ホンダ 新車登場予定カレンダー
1月 シビック(セダン&ハッチバック)/2月 フィット&アコード/夏頃? シビック タイプR/10月 ホンダe/11月 N-ONE/12月 グレイス

■2021年 ホンダ 新車登場予定カレンダー
3月 新型ヴェゼル/5月 新型コンパクトSUV/6月 NSXスパイダー/2021年内? オデッセイ

【画像ギャラリー】2021年登場予定のホンダ車たちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年1月のものです。新車スケジュールは2019年12月時点で当編集部および流通ジャーナリストの遠藤徹氏が、各メーカーや新車販売店に取材した結果を反映したものであり、発売日が近づくことによって流動する可能性があります。新型車の発表スケジュールについては、新情報が入り次第更新していきます
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年2月10日号


■ホンダ 新型ヴェゼル(2021年3月デビュー予定)

●クーペスタイルに大胆変身! 人気のヴェゼルが2モーターe:HEVを搭載し2代目に進化!

 フィットと並ぶホンダ登録車のヒットモデル、ヴェゼルが2021年春にフルモデルチェンジするという情報が入ってきた。

 コンパクトなサイズはそのままにエクステリアを一新。一見するとマツダCX-30を彷彿とさせるクーペSUVに変身するという情報だ。

マツダCX-30のようなスタイルだったという証言がある次期ヴェゼルのデザイン。スポーティに変身する(画像はベストカー予想CG)

 現行型のパワーユニットは1.5L NA、1.5Lターボ、1.5Lハイブリッド(1モーターのi-DCD)だが、次期型は新型フィットにも搭載される1.5Lの2モーターハイブリッドがメインとなる。

 この2モーターハイブリッドシステムは従来「i-MMD」と呼ばれてきたが、新型フィットから「e:HEV」に名称が変わる。

「e:HEV」はガソリンエンジンを発電中心に使い、通常はモーターで走り、高速時にはエンジンで走るシリーズハイブリッドで、走行性能と燃費性能が高い次元でバランスされているのが特徴。

2モーターHVの「e:HEV」を搭載……図はCR-Vのi-MMDシステム図。次期ヴェゼルはこのシステムをコンパクトにして搭載する

 このほか価格を抑えた1.5L NAエンジンも継続される可能性が高いが、1.5Lターボの搭載は現時点では不明。

 ヴェゼルのよさは扱いやすいサイズとカジュアルな雰囲気で、次期型はその魅力を踏襲しながらクーペスタイルとしてスタイリッシュさも追求。また、コネクテッドシステムも充実させる。

 気になるのは、クーペスタイルとすることにより後席居住性が悪化しないかだが、当然必要な性能は担保されているはず。実用性とスポーツ性の両立に期待したい

■ホンダ 新型ヴェゼル予想スペック
・全長×全幅×全高:4400mm×1790mm×1590mm
・ホイールベース:2610mm
・車両重量:1350kg
・エンジン:直列4気筒DOHC1.5L+モーター
・最高出力:109ps/6000rpm
・最大トルク:13.7kgm/5000rpm
・モーター出力:131ps/27.2kgm
・価格:230万~300万円

■ホンダ 新型コンパクトSUV(2021年5月デビュー予定)

●安く、楽しく、使いやすい。みんなが待ってる「ホンダらしさ」にあふれたコンパクトSUVが登場!

 ヴェゼルのフルモデルチェンジ情報をお届けしたが、2021年、ホンダからはもう1台新しいSUVが登場するという。

 ミドルクラスのCR-V、コンパクトサイズのヴェゼルに続く第3のSUV、それがリッターカークラスのニューSUVだ。

人気のロッキー/ライズをターゲットにするリッターカークラスのSUV。もちろん5ナンバーサイズでスタート価格は100万円台。今必要なのは、こういうクルマだ

 昨年末にロッキー/ライズが登場して好調なスタートを切ったことからもわかるとおり、廉価で小さなSUVの需要は旺盛。

 新型車が高くなる一方の日本で、100万円台で狙える登録車は購買意欲をそそる商品ということで、ホンダもそこを狙ったクルマを企画するのはある意味当然といえるのかもしれない。

 エンジンは欧州仕様のシビックなどに搭載されている3気筒、1L VTECターボが有力。

欧州シビックの直3、1L VTECターボが有力。シビックは129ps/18.4kgmで、このクルマもそのスペックを踏襲するはず。CVTと組み合わされる

 しかし、ホンダの関係筋からは「日本市場に1Lターボはそぐわない」という意見も出ており、もしかすると次期ヴェゼルと同様、1.5L NAエンジンと2モーターハイブリッドとなる可能性もある。

 しかし、いずれにしても「廉価」であることがこのクルマの大事な要素であり、その点で1L VTECターボが最もふさわしいのは確かだろう。

 ライバルはロッキー/ライズやクロスビーといったところで、ラダーフレームの本格4駆であるジムニーシエラは一線を画す存在となる。

 ボディサイズは全長3990×全幅1695×全高1600mm前後。5ナンバーサイズに抑えるのは必須の条件で、サイズでもやはりロッキー/ライズと同等のレベルに落ち着きそうだ。

 ベストカー編集部にこのクルマの情報が入ったのはじつはもう何年も前のこと。その間、何度も誌面で紹介してきたが、いよいよ機は熟したといえそうだ。機能性にあふれた廉価で小さなSUVは、きっと多くのファンの心をつかむだろう。

■ホンダ 新型コンパクトSUV予想スペック
全長×全幅×全高:3990mm×1695mm×1600mm
ホイールベース:2550mm
車両重量:1180kg
エンジン:直列3気筒DOHC1L+ターボ
最高出力:129ps/5500rpm
最大トルク:18.4kgm/1700-4500rpm
価格:190万~230万円

■ホンダ NSXスパイダー(2021年6月デビュー予定)

●スーパースポーツにオープンモデルがあり。NSXスパイダーも然り!

 アウディのR8のスパイダーやBMW i8のロードスターがあり、昨年(2019年)11月にはレクサスLCのコンバーチブルも発表された。

 このように近年、世界的にスーパースポーツやラグジュアリークーペにはオープンモデルの一定の需要があり、NSXにもスパイダーが設定される可能性が高い。パワーユニットに変更はないだろうが、期待したい一台。

NSXが登場したのが2016年。2021年に大幅改良と同時にスパイダーモデルが投入される見込み

【番外スクープ!】エスクァイア顔に変身!? オデッセイはビッグマイナーチェンジ!!!

 2021年にはオデッセイのBIGマイナーチェンジも予定されている。「フロントマスクがトヨタエスクァイアのように変わる」という情報があり、今よりさらに派手なカオになること確実だ。

 パワーユニットなどに大きな変更はなさそうだが、新しい機能として、ウィンドウ部に手をかざすとスライドドアが開く「ジェスチャースライドドア」が採用される。2021年ではなく、今年中に発売となる可能性もある。

写真は現行オデッセイ。トヨタ エスクァイアのような顔になるという情報だが、果たしてどうなるか?

【画像ギャラリー】2021年登場予定のホンダ車たちをギャラリーでチェック!!!

◎限定記事も配信中! ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ