【掴んだ2020年9月発売予定!!】スバルの「本命」 新型レヴォーグ全情報

 2019年10月の東京モーターショーでプロトタイプとして初公開された新型レヴォーグ。

 続いて2020年1月に開催された東京オートサロンでは「STIスポーツ」が公開され、ティザーWebなども公開されてモデルチェンジに向けてカウントダウンが始まったことを感じさせるのだが、いまいち確定的な情報が伝わってこない。

 こうなったら販売店を直撃するのがイチバンだろうということで、スバルディーラーを何軒か訪れ、次期型レヴォーグの購入を考えている旨を伝え、取材したところ、新情報を教えてくれたので報告しよう。

文/ベストカー編集部
写真/スバル ベストカーWeb編集部
初出/ベストカー2020年4月10日号(2020年3月10日発売号)

【画像ギャラリー】2ランク進化した新型レヴォーグの詳細写真


ここまでわかった新型レヴォーグの中身

2014年6月に発売された現行レヴォーグ。ボディサイズは全長4690×全幅1780×全高1490mm(STIスポーツ)、ホイールベースは2650mm
現行レヴォーグには170ps/25.5kgmを発生するFB16型1.6Lターボと、300ps/40.8kgmを発生するFB20型2Lターボの2種類をラインナップしている
2019年10月の東京モーターショーでレヴォーグプロトタイプが公開。2020年1月にはさらにそこから進化したレヴォーグSTIスポーツコンセプトが公開。こちらはより市販型に近いものであった。 STI製のパーツは、フロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラー、リアアンダースポイラーなどで、そのほかLEDのアクセサリーライナーを装着

 話を聞いた各ディーラー、共通していたのが「すでに販売店上層部には新型レヴォーグについてのミーティング的なものがあり、アピールポイントなどの具体的な説明があった」ということ。ここで明らかにされたのは以下のポイント。

■発売時期は2020年9月の予定

■投入時のエンジンは、すでに明らかにされている新開発水平対向4気筒1.8L直噴ターボのみ

■エンジンスペックの具体的数値は明らかにはされていないが、レギュラーガソリン仕様で、最高出力は200ps程度、フラットトルクで最大トルクは30kgm程度を1500rpm付近から発揮する

■トランスミッションはCVTで、もちろんAWD

■グレードは具体的な名称は明らかにはされていないが、『標準タイプ』、「上級タイプ」、「STIスポーツ」の3グレードの設定で、ビルシュタインサスモデルはなし。STIスポーツの電子制御サスはZF製ダンパーを採用

■価格は、ボトムが330万円程度からで、最上級のSTIスポーツは420万円程度となる

2020年1月に行われた報道陣向けのスバル技術ミーティングで明らかにされた1.8Lリンバーン(希薄燃焼)ターボエンジン

 エンジンはすでに明らかにされているように、新開発される水平対向4気筒1.8L直噴ガソリンエンジンが搭載される。

 このエンジンはレギュラーガソリン仕様で最高出力は200ps程度、最大トルクは30.0kgmで、フラットトルクで扱いやすさがアピールポイントだという。

 スバルグローバルプラットフォーム・SGPは第二段階に入り、フルインナーフレーム構造でより高いボディ剛性を実現する。

SGP+フルインナーフレーム構造を採用する車体構造により、高いシャシー性能を実現。ハンドリングのよさは安全にも大きく寄与する

 ボディサイズは全長4755×全幅1795×全高1480mm、ホイールベースは2670mmで、これは確定情報。

 現行型に対し全長は65mm長くなり、全幅は15mm拡大し、全高は10mm低くなる。ホイールベースは20mm延長されている。

 さらに走り好きにとって嬉しいのは、スバル初の電子制御ダンパーだ。

 これはダンバー内部のバルブを電動でコントロールすることで、オイルの流量を変え、ダンバーの固さを調整するもの。

 さらにスイッチ1つで、乗り心地を重視したモードから、ひとりで走りを楽しみたい時にスポーティモードにできるモードを持つ「ドライブモードセレクト」をスバルとして初採用している。

 アイサイトの進化はすでに伝えられているが、具体的にはステレオカメラに加えて4つのレーダーによる360度センシングを実現しており、右左折時の歩行者や自転車に対するブレーキ作動や、右直衝突に対するアラートなどにも対応しているという。

 また、高精度マップ&ロケーターを採用したことで自車位置特定を可能とし、カーブ前の減速支援や渋滞時のハンズオフにも対応する。

 インテリアだが、カーナビモニター画面は縦型12.6インチの大型サイズで、STIスポーツはメーターパネルが液晶グラフィックになるとのこと。コネクテッドサービスにも対応する。

新型は現行から2ランク進化

新型レヴォーグにはスバル初の電子制御ダンパーとドライブモードセレクトが装着され、大幅に進化

 新型レヴォーグの進化ぶりについて、以前ベストカーWebが商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャーの五島賢氏に質問をしたことがある。

 「現行レヴォーグからどれくらい進化したのか?」という問いに対して、五島賢氏はこう答えている。

 「私は”2角開けました”とよく言っていますが、2ランクは進化したと思っています。その一番のポイント電子制御サスペンションとドライブモードセレクトです。

 ドライブモードセレクトが何段階で切り替えるれるのかはまだ言えませんが、非常に上質な乗り心地のコンフォートから、ワインディングで走りを楽しめるスポーティなモードまで切り替えられるドライブモードセレクトは私の自信作です。早くみなさんに乗ってもらいたいですね」。

2.4Lターボエンジンが搭載されるという情報もあり

2018年から北米市場で販売されているアセント。 ボディサイズは全長4998×全幅1930×全高1819mmという3列シート7人乗りの大型SUVだ
アセントに搭載されているFA24型2.4Lターボエンジン。FA20型のボア・ストローク86×86mmに対して、FA24型は92×86mm。ストロークは同一で、ボアアップによる排気量拡大を実現した新世代直噴エンジン264ps、38.2kgmを発生

 正式な情報ではないが、1年後をめどにハイパワー仕様のエンジンが追加されるという情報もある。これはWRX S4にも搭載される2.4Lターボだろう。

 これは北米市場で販売されている大型SUV、アセントに搭載されているFA24型2.4Lターボエンジンをベースに、WRX S4用に320ps/45.0kgm程度にパワーアップされたものを新型レヴォーグの上級グレードにも流用する計画だ。

 たしかに、現行レヴォーグは、1.6Lターボ(170ps)2Lターボ(300ps)の2種類だから、新型では200ps程度の1.8Lターボのみとなると物足りない。

 2021年頃に発売が予定されている新型WRX S4およびSTIの登場後に、新型レヴォーグにFA24型2.4Lターボが搭載される説が濃厚だ。

スバルグローバルプラットフォームをSTIモデルとして初めて採用される次期WRX STI。当然STI専用に強化されるはずだ (CGイラストはベストカーが製作したもの) 。搭載される専用のFA24ターボはS4用から大幅にパワーアップされ、400ps/50.0kgm級になるだろう
進化した新型レヴォーグの走りは大いに期待できそうだ

【画像ギャラリー】2ランク進化した新型レヴォーグの詳細写真

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ