ハイエース今年4月17日改良情報ゲット!! 次期型は2022年以降か…

 現行ハイエースは、2004年8月に登場し、すでに16年が経過しようとしている。海外仕様のハイエースは発売されているものの、新型ハイエースの情報がなかなか入って来ないため、いつデビューするのか気になっている人も多いハズだ。

 そんなところへ、今月、4月17日に現行ハイエースが一部改良されるという情報が飛び込んできた。

 その一部改良の情報とともに、次期ハイエースに関する今わかっているすべての情報をお伝えしよう。

文/遠藤徹
写真/トヨタ
CGイラスト/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】見納めか? 現行ハイエースのエクステリア/インテリア詳細写真


2020年4月17日に一部改良、レジアスエースは廃止!!

4月17日に一部改良が行われ、フロントグリルの変更をはじめ、安全性能強化、法規制対応などの装備が設定されるという(写真は現行ハイエース)

 トヨタは2020年4月17日にハイエース(ワゴン、バン)を一部改良する。従来モデルはほぼ売り切り、すでに先行予約を開始している。

 一部改良モデルは、2020年5月1日から生産開始され、納期は5月下旬以降となる予定だ。

 今回の改良はフロントグリルのデザイン変更、安全対策強化、法規制対応、燃費測定モードの切り替えなどが主なメニュー。

 安全対策はICS(インテリジェントクリアランスソナー)、踏み間違い防止装置が設定され、パノラミックビューモニター、VSC(横滑り防止装置)、電子インナーミラー、オートライト機能追加、ドアアウターミラー、タイヤの騒音規制対応などで、多くがメーカープション設定となる。

 またカタログ燃費が、従来のJC08モードから、より実走行に近いWLTCモードに切り替わる。今回はオプション設定の装備品が多いため、車両本体価格は1万~2万円のアップにとどめている。

この5月から全国規模でトヨタの販売チャンネルが4系列から1つに統合されるのに伴い兄弟車のレジアスエースが廃止され、ハイエースに1本化される

 ハイエースはこれまで全国レベルではトヨペット店の専売モデルで、兄弟車にはネッツ店扱いの「レジアスエース」がある。

 2020年5月からトヨタブランドの全車全系列店併売がスタートするに伴い、レジアスエースは廃止され、ハイエースに1本化される。

 すでに先行予約は3月下旬から開始しており、全系列店で見積書の作成が可能だが、今のところ、これまでの専売店を優先させており、他系列店で見積書の作成を依頼するとまだできない場合がある。この5月からは横並びで一斉に商談が可能になる見込み。

次期ハイエースの動向は?

次期ハイエースの予想CG(ベストカーが製作したもの)。次期ハイエースは衝突安全性能対応のため、セミボンネットスタイルになる可能性が高い

 次期型への世代交代はどうなるのか? 現行モデルの登場は2004年8月23日だからもうすぐ16年になる。

 3回のマイナーチェンジが行われ、進化を続けてきたが、2017年11月22日の一部改良では安全支援装備の「Toyota Safety Sense P」の採用や坂道発進時にブレーキをホールドしてくれるヒルスタートアシストコントロールなども全車に標準装備。

 また、バンとコミューターに設定のディーゼル車はエンジンを2.8Lの1GD-FTV型に変更された。従来の4ATはガソリン車と同じ6速(シーケンシャルシフトマチック付き)に多段化。

 ワゴンとコミューターではすでに装備されているVSC&TRCやヒルスタートアシストコントロールをバンにも拡大して標準装備するとともに、オートアラームを全車に標準装備された。

 今回の一部改良では、2020年10月から始まるタイヤ騒音規制のフェイズ2、継続生産車のオートライト規制が始まる2021年10月の法規制対応にも対応している。

 したがって現段階では新型ハイエースの登場は2021年10月以降になる可能性が高い。すでにお伝えしているが、海外版ハイエースが日本のハイエースになることはなく、基本4ナンバーのセミボンネット型の専用ボディを持つことになるだろう。

現行ハイエースの値引額は45万円!

左/特別仕様車スーパーGLダークプライムII(2800ディーゼル・2WD・標準ボディ)。ベース車両はスーパーGL(2800ディーゼル・2WD・標準ボディ)。ボディカラーの特別設定色スパークリングブラックパールクリスタルシャイン220(3万3000円)はメーカーオプション。右/特別仕様車スーパーGLダークプライムII(2700ガソリン・4WD・ワイドボディ)。ベース車両はスーパーGL(2700ガソリン・4WD・ワイドボディ)。ボディカラーのホワイトパールクリスタルシャイン070(3万3000円)はメーカーオプション

 参考までに、今ハイエースを買うと値引き額はいくら引き出せるのか、首都圏にある某トヨペット店で見積書を作ってもらった。

 見積もりをお願いしたのは、売れ筋のバン・スーパーGLダークプライムII、2/5人乗り5ドア2.8Lディーゼル(車両本体価格380万8000円)。

 有料色、パワースライドドア、両側サイドプライバシーガラス、パノラミックビューモニター、インテリジェントクリアランスソナー、フロアマット、サイドバイザー、ETC、ドライブレコーダー、バックガイドモニター、ナビなどのオプションをつけて法定、法定外費用を含めて値引き込みで445万円強と出た。

 値引き額は総費用の10%にあたる45万円との提示だった。人気モデルの一部改良車にしては上々の回答だ。

※値引き額は時期、場所によって異なりますので参考程度にお考え下さい。

特別仕様車バン・スーパーGLダークプライムIIのコクピット。渋い輝きを放つダークな仕上がりのインテリア。全体のトーンをブラック系で統一しながら、シートサイドのステッチや黒木目マホガニー調加飾などでシックな遊び心を表現

証言1:首都圏トヨペット店営業担当者

 「今回、一部改良し、フロントグリルのデザイン変更、安全対策強化、法規対応を行うが、さらに販売が上向くと思っています。

 この5月から全系列店扱いになりますが、トヨペット店ではこれまで専売で多数の代替え母体があり、売るノウハウもあるので、他系列店との競争が激化しても心配はしていません。

 次期ハイエースはセミボンネット型になると言われています。でも現行型のスタイルはまだまだ人気があるので、フルモデルチェンジして世代交代しなくても十分に売れる状況にあると思っています」。

【画像ギャラリー】見納めか? 現行ハイエースのエクステリア/インテリア詳細写真

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ