新型オデッセイ11/5発表決定! かつての名門はアルファードに追いつくか? それとも…??

 2013年11月にデビューしたホンダの高級ミニバン、現行オデッセイ。本企画筆者である遠藤徹氏の調査によると、オデッセイのビッグマイナーチェンジが2020年11月5日に発表され、翌6日に発売されることが決まったようだ。

 2度目のマイナーチェンジとなる今回の目玉はオラオラ度が増したフロントマスク。このマイナーチェンジによって、高級ミニバン界で独壇場となっているアルファードに追いつけるのか?

 流通ジャーナリストの遠藤徹氏が、オデッセイのビッグマイナーチェンジのポイントを解説するとともに、オデッセイ、アルファードを販売する営業マンに本音を聞いた!

文/遠藤徹
写真/ホンダ トヨタ

【画像ギャラリー】フロントマスクはアルファードより凄いのか? 新型オデッセイを写真でチェック! 


オラオラ度はアルファードに近づいた?

ビッグマイナーチェンジ前のオデッセイアブソルート
今回のビッグマイナーチェンジによってコワモテ度が増した

 オデッセイのビッグマイナーチェンジモデルは、2020年11月5日に発表、6日発売のスケジュールで決定した。

 ホンダはホンダカーズ各社に通達、商品概要と今後の戦略展開を提示した。すでに2020年10月上旬には簡易パンフレットを配布、ティザーキャンペーンと先行予約の受付けをスタートさせている。

 2020年10月から2021年3月までの下期で約1万5000台規模の受注を確保すべく販売店に要請している。

 現行モデルの発売が2013年10月31日だから、実に7年ぶりのマイナーチェンジとなる。

 本来であれば全面改良のフルモデルチェンジによる世代交代の時期にあたるが、同市場はトヨタのアルファード/ヴェルファイアの一極に集中し、全体的には頭打ち傾向にあることから、ホンダとしてはとりあえずビッグマイナーチェンジで様子を見る作戦と思われる。

 ただ、ホンダとしては、今回のオデッセイのビッグマイナーチェンジにはかなり力を入れているスタンスも伺える。

 今回の改良内容はフロントマスクを中心とした外観デザインの大幅変更が目玉。インテリアはメーター、インパネ、シート表皮の質感がアップしたのがポイント。

 装備面ではパワーテールゲート、シーケンシャルターンランプ、国内ホンダ車初のジェスチャー開閉コントロール式パワースライドドア、予約ドアロック機能の追加などで商品性の大幅な向上を図っている。

 フロントマスクは従来のバンパーまで切れ込んだ逆台形グリルを廃止し、横長6角形グリルに、バンパーと独立させた顔立ちに改めている。ヘッドランプは横長のLEDデザインを採用している。グリルを前方に立たせた意匠にすることで、全長を15mm程度延長している。

フロンマスクだけでなくインテリアの改良もポイントの一つ

 インテリアはメーターパネル、ナビの変更に加えて、新たに収納を設定し、質感を向上させた。ナビはディーラーオプションのみで従来の7インチから見やすい10インチモニターを採用。

 メーターパネルは3.5インチから7インチ液晶に拡大。快適装備としては助手席にリッド付き大型収納ボックス、運転席側に収納式カップホルダー、フロント&スライドドアガラスに遮音ガラスを採用し、静粛性を向上している。シートは撥水、撥油シートを採用。テールゲートのガラス板厚も厚くし強化した。

 搭載されている2.4LガソリンNAエンジンは従来の直噴からポートインジェクションに変更することで、静粛性と乗り心地を向上。

 2Lハイブリッドの変更は基本的にはなし。装備とグレードの関係はハンズフリーアクセスパワーテールゲートをEXに標準設定、ほかのシーケンシャルシグナルランプ、予約ロックは全グレードに標準設定。

 ベーシックグレードであるG・エアロとハイブリッドグレードは売れ行き不振のため廃止し、タイプ数は従来の60から14タイプにボディカラーは6色から5色に削減。

 新型のグレードは2.4LガソリンNAと2LハイブリッドともアブソルートEXとアブソルートに絞られる。

 両タイプの主な装備差はEXだと17インチアルミホイールから18インチアルミホイールとなり、ハンズフリーパワーテールゲート、2列目LEDアンビエントランプなど。

 パワーユニットと乗車定員、駆動方式の組み合わせは2LハイブリッドがFFの7人乗り、8人乗り、2.4Lガソリンは7人乗りのFF、8人乗りのFF、4WDのラインナップとなる。

 安全パッケージのホンダセンシングは後方誤発進抑制機能を追加する。ボディカラーは新色のオプシダンブルーパールはじめ、プラチナホワイトパール、スーパープラチナメタリック、プレミアム、スパークルブラックパール、プレミアムヴィーナスブラックパールの5色。

 インテリアカラーはブラックのコンビシートとブラックの本革シート(メーカーオプション)。

 価格は、装備の充実、質感向上などによるコストアップで車両本体価格は2.4LガソリンNAのアブソルートEXが15万4000円、同アブソルートが19万5000円、2LハイブリッドのアブソルートEXで26万5000円、同アブソルートが27万7000円の値上げとなる。

マイナーチェンジでアルファードに追いつけるか?

この角度から見ると威風堂々たるフロントマスクでアルファードにも通じるコワモテ顔だ
独壇場ともいえる人気のアルファード。さすがにオーラが凄い

 2020年度上半期(4~9月)におけるオデッセイの登録実績は4075台で前年同期に比べて46.4%もの大幅なマイナスとなっている。月販平均約680台である。

 2020年下期で営業マン1人1台を売るとすると、ホンダの全営業マンは約1万5000人だから、トータル目標は1万5000台で月販平均2500台となる。

 上期実績の3.7倍もの強気の計画となるが、これまでの実績を踏まえれば、実現可能性は高い。

 一方、アルファードの2020年1~8月の販売台数は月販平均6519台、ヴェルファイアは月販平均1652台。2002年8月の販売台数を両方合わせると8329台に達する。

 新車販売ランキングでは、アルファードは6月4位、7月5位、8月5位。プリウスだけでなく、セレナ、シエンタ、ノートより売れている。

 マイナーチェンジ後の予想月販平均は2500台のオデッセイに対し、アルファードは月販平均6519台。アルファードはオデッセイの約2.6倍にもなる。

 ホンダカーズの営業担当者に、オデッセイはアルファードを超えると思っているのか、本音を聞いてみた。

 「オデッセイのユーザーは歴代オデッセイやステップワゴンと代替えのお客様がほとんどを占めています。アルファードとはあまりバッティングしないと思います。販売台数でも追いつけないでしょう。

 現行モデルとなって、以前のように”背の低い走りのミニバン”というイメージはなくなりましたが、ミニバンとは思えない安定感と走行性能、ダイレクトなハンドリングなど、やはりドライバーズカーとして評価していただき購入されている方が多いですね。特にアブソルートがお勧めです」。

 そのほかの首都圏ホンダカーズの営業担当者にも聞いたが、アルファードは優雅で快適な走りとおもてなしの居住空間が一番のウリ。それに対しオデッセイはダイレクトなハンドリングと取り回し性、ドライバーズカーとしての運転の楽しさと同乗者の快適さを両立しているなど、その違いを明確に答えている。

 こうしてみると、オデッセイとアルファードは一部かぶるかもしれないが、一般ユーザーは、オデッセイのライバルをアルファードとはあまり思っていないのではないだろうか。

 メーカーのホンダとしても、当面、歴代オデッセイとステップワゴンからの代替えを中心に売り込みを強化するよう要請している。

 一方、アルファードを販売する営業担当者はどうなのだろうか? 首都圏のトヨタ店営業担当者はこう証言する。

 「ヴェルファイアと悩む方もたまにいらっしゃいますが、アルファードは指名買いの方がほとんどです。

 先代モデルの時にはエルグランドと比較される方もいらっしゃいましたが……。オデッセイは車格も違いますし、車高も低いですし、アルファードのライバル車として検討対象にはならないのではないでしょうか」。

 たしかに全高を見ると、オデッセイのアブソルートが1685mm、標準車が1695mmと、アルファードの1950mmと比べると250mmも低い。とはいえ、オデッセイは低床のため、天井の低さはあまり感じないし、乗降性もいい。実際、オデッセイを高く評価する人も多い。

 現在、ホンダカーズ店では店頭に簡易パンフレットを置き、来店客に配布し、またチラシでは先行予約をアピールするなどティザーキャンペーンをスタートさせている。

 首都圏にあるメーカー資本の大型店舗のホンダカーズで、ハイブリッドEXプラチナホワイトパール(車両本体価格462万4000円)にナビ、ETC、ドライブレコーダー、コーティング、フロアマット、ドアバイザーなど約70万円のオプション&付属品を付けて引いてもらうと、法定、法定外費用を含めて560万円強と出た。

 初回の値引き額は20万円程度となっている。ホンダカーズ店各社は残価設定クレジットでの購入希望者に1.9%の特別低金利を設定し、受注の台数上乗せを目指している。10月中旬現在の納期は12月下旬となっている。

※値引き額は遠藤徹氏が独自に調査したもので地域や時期によって異なりますのでご参考程度にお考え下さい。

ジェスチャーでスライドドアの開閉をコントロールできるジェスチャーコントロール・パワースライドドア
低床設計のおかけで見た目以上に室内空間は広い。写真はマイナーチェンジ前のモデル

証言1:首都圏ホンダカーズ営業担当者

 「オデッセイは久しぶりのビッグマイナーチェンジなので、お客さんの反応はまずまずと受けとめています。販売台数ですが、フルモデルチェンジではないのでアルファードには到底追いつけないと思います。

 ガソリンとハイブリッドの割合は半分ずつで、今のところ大部分は上級のEXで占められています。

 ほとんどは歴代オデッセイやステップワゴンからの代替えユーザーです。価格がEXで20万~25万円とだいぶ上がりましたが、装備の充実やクオリティアップ、安全対策強化によるものなので、お客さんはあまり気にしていないようです。

 最近は大半が残価設定クレジットが多くなっています。毎月の支払が少なくて済みます。通常だと実質年利は3.5%ですが、新型オデッセイは1.9%で設定しています。

 これだと5年間の均等払いでEXは毎月5000円、分割払い手数料は30万円近く得をするので効果はあります。5年後の残価は26%、150万円程度残る計算になります」。

証言2:首都圏トヨタディーラー営業担当者

 「エルグランドとオデッセイがマイナーチェンジする情報は知っています。ただ、アルファードは指名買いのお客様がほとんどで、たまにヴェルファイアと迷われる方もおりますが多くの方がアルファードに決めていただいています。

 アルファードの比較対象車としてオデッセイとはならないと思います。実際、室内高は明らかにアルファードのほうが高いですし、車格も違います。

 オデッセイは昔からの走りのミニバンというイメージがまだ残っていますのでそのあたりは素晴らしいと思います」。

【画像ギャラリー】フロントマスクはアルファードより凄いのか? 新型オデッセイを写真でチェック! 

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ