何度もすみません… もう無理? 可能性あり?? 未練と執着なのは重々承知 シルビア後継車の行方

 2020年9月25日に新型フェアレディZプロトが公開され、新型フェアレディZの誕生が確実になった。

 その一方で、トヨタ86&BRZのようなコンパクトなFRクーペが日産にもあっていいんじゃないかという声も聞かれる。そう、かつてのスペシャルティ、シルビアの復活である。

 しかし、日産にはそんな悠長なことはいってられない事情がある。日産が2020年5月に発表した2020年3月期の連結決算は、純損益が6217億円という11年ぶりの巨額赤字を計上したのだ。

 この状況下のなかにあって新型フェアレディZを復活させただけでも凄いのに、シルビアも……となると、もう無理ではないだろうか? それとも経営状況が好転すれば復活する可能性はあるのだろうか?

 これまで幾度となくお伝えしてきたが、何度もすみません。どうしても次期シルビアがある……と情報を信じたいもので……。

 そこで、長年ベストカー本誌でスクープ企画を担当してきた、宇井弘明氏がシルビアの復活はあるのか、現在の状況を徹底レポートする。


文/宇井弘明(元ベストカー編集局長)
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 日産
CGイラスト/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】コンパクトなFRクーペが日産にも欲しい! 歴代シルビア7代の軌跡を写真でチェック!


リーマンショック前までは動きは確実にあった

2002年8月に惜しまれつつ生産を終了したS15シルビア

 これまでベストカー本誌、ベストカーwebでも次期シルビアに関して長い間レポートしてきたが、なかなかその実像を捉えきれていない。というか本当にあるのか、という声も当然聞こえてくる……。

 日産が新型フェアレディZを発売することで、ここ十数年の国内マーケットに冷淡だったイメージを払拭させ、過去の日産ファンを再び呼び戻す狙いがあるのだろう。

 この新型フェアレディZに続き、多くのファンがいたシルビアのような過去の名車を復活させることがあるのだろうか?

 もう時効(という表現が正しいかどうかはわからない)だと思うが、ベストカー本誌でスクープページを担当している頃、自動車メーカーの極秘資料を何度も見てきた。

 そのなかには2002年8月のシルビア生産終了後に計画されていた2LクラスのFR車のエンジンとシャシーの設計CADデータを確かに見たし、とある開発関係者から話も聞いた。

 自動車メーカーであるから先行開発として、あらゆる可能性を想定して、いろいろな図面を作り、ターボの配置、吸排気ユニットの位置、それによる予想性能などの研究をしていただろうから、そのなかの一つだったのかもしれない。

2005年の東京ショーに登場したフォーリア。2ドアでNAエンジンなど次期シルビア像にピッタリの想定だった
2005年デトロイトショーに登場したアズィール。後に登場するセントラのデザインに採用された
2008年にベストカーがスクープした次期シルビア(予想CGはベストカーが製作したもの。V36スカイラインクーペのようなライトなど、当時の日産のトレンドに則ったデザイン。設計図面なども確認していたのだが……

 直前の2005年の東京モーターショーでは、初代シルビアのデザインを彷彿させるショーモデル「フォーリア」が飾られ、いよいよシルビア後継車の動きが真実味を帯びてきたように感じたものだ。

 そのモーターショーで、テリー伊藤さんと一緒に中村史郎日産自動車デザイン本部長(当時)に話を伺った時も、こういうFR車を出していきたいと語っていた。

 実際、この図面を見た頃、日産の開発陣のなかには強く市販化を押すグループがあったという話も漏れ伝わってきていた。

 また同年のデトロイトショーでは「アズィール」と2ドアクーぺのコンセプトを立て続けに公開したのだ

 残念ながら、リーマンショックとともにこの計画は頓挫することになったといわれるが、その後もモーターショーで日産はこのクラスのFR車に興味があるような演出を続けてきている。

2013年の東京モーターショーで公開されたIDxは日産の本気を感じさせた

2013年の東京モーターショーで公開されたIDx。新しい日産のFRコンパクトスポーツが誕生するかと会場もメディアも湧いた。写真は標準仕様のIDxフリーフロー。ボディサイズは全長4100×全幅1700×全高1300mmというコンパクトなサイズ
レーシングバージョンのIDx NISMO。2台は無理でも1台は市販したい、と意気込んでいたのにどちらも市販化されていない
細部まで作り込まれており、誰もが市販すると信じていた

 2013年の東京モーターショーでは510ブルーバードを思わせるIDxを公開。セダンというかクーペというか、コンパクトFRをイメージさせるスポーツモデルも提案している。

 残念ながら、最新の情報では、日産デザイン本部の上層部の一人がIDxの市販化の予定はなかった、と証言し、日産にシルビアクラスのFRの計画は存在していない可能性も示された。

 これをそのまま正直に受け取れば、シルビア後継車登場の可能性をレポートしていてきたベストカーとしては、本当に残念。

 ひと言釈明させてもらえるならば、自動車メーカーには同じ開発グループのなかにもさまざまな部署があり、企画が決まり、デザインに入る企画以外に、陽の当たらない長く研究を続けているところもある。

 そうしたところから入ってくる情報もあり、このクラスの次世代FR車はどうあるべきか、というテーマで研究しているセクションもあり得る。

新しい時代のコンパクトスポーツはやはり必要だろう

e-POWERを採用したスポーツモデルの予想CG(ベストカーが製作したもの)。シルビアサイズのFRプラットフォームの開発はコスト的に厳しいが、FFプラットフォームを採用してe-POWERで後輪駆動を採用できる可能性はある

 ただ、もし今後、日産がシルビア後継車のような小さめのFRスポーツを作るとしたら、これまでのような、2Lクラスの直列4気筒エンジンや、あるいはダウンサイジングの1.5Lクラスのターボエンジンを使ったガソリン車になる、という説があるが、そうはならないと思う。

 これから開発が進み5年後の2025年くらいにデビューするとしても、もはや電動化技術を外すことはできない。

 特に日産は世界的に見て電動化に対しては先発メーカーで、この技術に関しては世界をリードしてきたように思われている。

 日本の多くの日産ファンも、おもしろいクルマ作りにその技術を使わず、EVだけに特化して使ってきたと思われていた。

 その点からいってもこうした新しいトライアルには電動かは必須だし、これからの時代それがなければ生き残れない。

 日産はリーフのような量産型EVで先行してきたが、今や、時代は大きく変わりつつある。日本では普及が進まないなか、世界レベルではEVが急速に伸びている。

 2020年1〜5月の世界のEV販売台数の1位はテスラで約12万8000台。これに対し、日産は約2万2000台で11位という数字だ。2位がBMW、3位がVWとなっており、後発メーカーに大きく後れをとっている。

 EVでは先行していたと思われていた日産は実はそうではなかったことにショックを受けるが、だからといって日産に技術がないわけではない。

 テスラはEVに特化したメーカーだが、日産には長い歴史があり、内燃機関と組み合わせたe-POWERのような武器もある。

 時代が完全にEVに切り替わる前に持てる技術を使った新しいコンパクトなFRも当然作れるはずだし、もしかしたら、完全なEVでも新しい時代のスポーツモデルも可能なはずだ。何よりそうしたクルマを多くのファンが求めている。

 テスラの例を見てもわかるように、モデル3は未来的なセダンで、性能はとにかく速くスポーティだ。

 モデルYは小型SUVとして注目されている。日産も今後行くべき道は安い量産車だけではなく、電動化したモデルでも完全なEVでもSUVやスポーツクーペ、あるいは高級車市場に打って出ることもあり得る。

 これも時効(?)だが、日産のCADデータでエンジンとモーターを一体化した図面も見たことがある。「それ」が何だったのか、まだ世に出ていないが、もしかしたら新しいFR用の電動ユニットなのかもしれない。

 そうなれば次世代シルビア後継車だけではなく、スカイラインやセドリッククラス、あるいはサファリなどにも応用できる可能性もあるように思われる。シルビア後継車はなくなったとは、まだ言えないのかもしれない。

【画像ギャラリー】コンパクトなFRクーペが日産にも欲しい! 歴代シルビア7代の軌跡を写真でチェック!