新型ランクル300は510万円からスタート!! GR SPORTはいくらで買える??


エンジンスペックも判明! 日本正式発表は8月予定

 新型ランクルに対する、販売店の動きを見ていきたい。

 車両本体価格の情報はすでに販売店の本部に到着済みだ。数日遅れてオプション関係のデータベースも到着するだろう。車両・MOP・DOPのデータが集まり次第、商談用端末にデータを反映し、各営業スタッフが見積り(商談メモ)を作成できるようになる。

 営業スタッフの端末へデータが反映するのは、本部のデータ取得から約1週間後だ。本格的な事前受注活動は7月のはじめから、随時スタートしていくのではないかと、筆者は考える。

 また、現在販売店端末には、スタッフマニュアルが配信済みだ。新型ランクルのディテールや新装備などは、スタッフマニュアルで確認できる。写真撮影や、紙媒体でデータを持ち帰ることはできないが、新型ランクルの姿は、営業スタッフの説明を聞きながら、目に焼き付けることができるだろう。

3.5LのV6ツインターボの最高出力415PS、最大トルク66.3kgfm。そして、3.3LのV6ツインターボの最高出力は309PS、最大トルクは71.4kgfmという、現行型を超える出力をもつ

 また、新たにパワートレインの詳細情報が判明したので、お伝えする。ガソリンエンジンは3.5LのV6ツインターボで、型式はV35A-FTSだ。

 新型ガソリンエンジンは、現行型を超える最高出力305kW[415PS](現行234kW[318PS])、最大トルク650Nm[66.3kgfm](現行460Nm[46.9kgfm])を発生する。

 ディーゼルエンジンは3.3LのV6ツインターボで、エンジン型式はF33A-FTVだ。最高出力は227kW[309PS]、最大トルクは700Nm[71.4kgfm]を発生する。トルクの太いディーゼルエンジンは、オフロード性能を高めた「GR SPORT」と相性が良さそうだ。

◆  ◆  ◆

 14年にわたる200系の活躍に別れを告げ、間もなく次世代の300系ランドクルーザーが走り出す。価格も明らかになり、予約販売活動がいよいよ本格化していくだろう。様々な変更点を見ていけば、価格上昇しているとはいえ、コストパフォーマンスが充分に高いクルマであることは間違いない。

 新型ランクルの日本正式発表は、8月上旬を予定している。陸の王者が新たな装いで走り出すまで、あと少し。期待に胸躍らせながら、王者の君臨を待ちたい。

【画像ギャラリー】未掲載写真含む28枚 新型ランドクルーザー海外仕様モデルをみる

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ