マツダ2 スイフト…メジャーネーム続々! コンパクトカー戦線を占う

マツダ2 スイフト フリード シエンタ…メジャーネーム続々! 2022年以降のコンパクトカー戦線を占う

 走りだけでなく経済性も重視されることで、電動化がひときわ進むコンパクトカーカテゴリー。

 2022年功は、ライバルをしのぐ性能と高いお買い得感を両立するために各社が負けじと開発を続ける注目車たちが目白押しとなっている!

※本稿は2021年8月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年9月10日号

【画像ギャラリー】来年まで待てない!? 一部改良を受け充実出来! のマツダ2特別仕様車をギャラリーで見る


■マツダ 新型マツダ2(2022年3月登場予定)


●プレミアム路線をさらに進める!

 現行型登場から約7年、マツダ2が来年3月についにフルモデルチェンジを行う。

 新型は2019年に登場したマツダ3から投入されているマツダ第7世代商品群のひとつで、進化したSKYACTIV技術を投入する。

小型車用の新世代SKYACTIVシャシーを採用。さまざまな進化により走りの質感が大幅に向上。3ナンバーサイズになりそうだ(画像はベストカー編集部による予想CG)

 注目されるのは新開発の3気筒のSKYACTIV-Xエンジンだ。このエンジンを筆頭に、1.5Lディーゼルターボ、1.5Lガソリンエンジンを設定する。

 またエクステリアはマツダ3から採用している「魂動デザインフェイズ2」に進化。よりプレミアム性を追求した姿へと生まれ変わる。

 また、2023年には期待の高まるロータリーエンジンを発電専用として使うハイブリッド、PHEVも投入していく可能性があり、そちらも注目。

■スズキ 新型スイフト(2022年7月登場予定)

 現行型のトータルバランスが高く好評価を受けているスイフトが、来年7月に6代目へとフルモデルチェンジを行う。

 基本的にはこれまでのコンセプトを守りながらも、新開発のプラットフォームを採用し、走りにさらに磨きをかける。

 エクステリアは基本的にはキープコンセプトだが、現行型に比べてエッジの利いた印象になる。デザインに定評のあるスズキなので、その期待値は高い。

マイルドハイブリッドは発電効率に優れたIGS(モーター機能付発電機)を使ったシステムを継続採用することになる(画像はベストカー編集部による予想CG)

 パワーユニットは1.2L NAと1.2Lベースのマイルドハイブリッドが継続して設定される。

 いずれも大幅に改良が加えられ、燃費性能やパワーフィールは現行型のものを大きく上回ることになる。

 ただし、ストロングハイブリッドは新型には設定されない見込みだ。ユーザーの購入目的や好みに合わせた判断のようだ。

次ページは : ■ホンダ 新型シャトル(2022年4月登場予定)