新型ISは純EV+ワゴン追加で2025年に出る!! レクサスのエースセダン次期型情報掴んだ

レクサスのエースセダン次期型情報掴んだ!! 新型ISは純EV+ワゴン追加で2025年に出る!!!!

 RZを公開したばかりのレクサスに、新たなBEV(電気自動車)の情報が入ってきた!

 2025年に「エースセダン」たるISがBEVへと生まれ変わり、なんとワゴンが設定されるという。

 今わかっているすべてをお伝えする!

※本稿は2022年6月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか、撮影:三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY ほか
初出:『ベストカー』2022年7月26日号

【画像ギャラリー】レクサス次期IS・予想CG、現行型のデザインをギャラリーでチェック!!!(33枚)画像ギャラリー

■欧州プレミアムブランドの戦いはBEVへとステージを変え続いてゆく!!

 2022年5月にスバルとの共同開発となるbZ4Xを投入し、今年末に登場予定のレクサスRZを事前に公開するなど、トヨタ&レクサスのBEV(電気自動車)戦略は風雲急を告げている。

 そしてまた、ベストカースクープ班に衝撃的な情報が入ってきた。レクサスISだ。

 現行型レクサスISは2013年の登場で、すでに9年が経過しているモデルだが、2020年11月にビッグマイナーチェンジを行い、走りとスタイルを一新。

 シャープで高級感あるデザインとなって人気を復活させており、貴重なミドルクラスのスポーツセダンとして君臨している。9月には北米で販売中のV8、5Lエンジンを搭載する「IS500」も国内に導入する計画だ。

 実はレクサスISが登場から9年にも及ぶ長寿モデルとなっているのは、フルモデルチェンジ計画が流れたからだ。

 数年前には次期型へスイッチされるはずだったが断念。現行モデルを2025年まで延命し、BEVに切り替えることになったというわけだ。

 トヨタは昨年(2021年)12月のBEV説明会で16車種もの近未来モデルを公開したが、そのなかの「レクサス エレクトリファイドセダン」が次期ISと目されている。

昨年(2021年)12月の「バッテリーEV戦略に関する説明会」で披露された「レクサス エレクトリファイドセダン」

 公開したのはモックアップ(模型)で、このまま登場するわけではないが、ある関係者は「これを見せちゃっていいの?」と思ったというから、かなり近いデザインになりそうだ。

 それだけなら事情通には「想定内」かもしれないが、ここからがベストカー独占新情報。

 BEVとなる次期ISにはステーションワゴンが設定されるとの情報が寄せられているのだ。

 つまり欧州プレミアムブランドのベンツ(Cクラス)、BMW(3シリーズ)、アウディ(A4)と勝負するなら、それらが必ずラインナップするワゴンは欠かせないという判断。

 BEVに生まれ変わるISは、欧州プレミアム市場でも抜きん出た存在を狙うというわけだ。

次期ISも「Dセグメントのプレミアムセダン」というポジションは変わらず、日本でも欧州でもベンツ、BMW、アウディがライバル。次期モデルはスタイリッシュなワゴンも加わる(画像はベストカーによる予想CG)

■リア左右輪独立モーター採用か?

 この次期IS、中身に関してはbZ4X、レクサスRZと同じBEV専用のe-TNGAプラットフォームを採用する可能性が高い。

 ISといえばFRのイメージが強く、BEVでも後輪駆動とするならトランスアクスル、モーター、インバーターなどを一体化した電動駆動モジュールのeアクスルをリアに搭載することになるが、高出力を得るためにはサイズが大きくなり、セダン&ワゴンとしてはパッケージで不利。

 フロントに配置したモーターの駆動力をシャフトでリアに移すということも考えにくく、後輪駆動ではなく、前後2モーターの4WDが有力となりそうだ。

 そもそもトヨタは電動車で駆動方式にこだわる必要はないと考えているフシもある。

 しかし、2025年の発売に向けて開発が進んでいるだけに、今はまだない新たな技術が実用化されている可能性も高く、その点では予想がつきにくい。

 考えられる新技術のひとつとして、後輪左右を独立したモーター(つまり2モーター)で動かす電動トルクベクタリングがあり、アイシンとデンソーの合弁会社であるブルーイーネクサス社が鋭意開発中。

 2019年には現行ISにそのシステムを搭載した試験車を報道陣に試乗させてもいる。また、同社では2速トランスミッションを搭載したシステムも開発しており、そちらの実用化も近い。

 日進月歩のBEV技術だけに、次期ISの実像に迫るのは難しいが、ひとつ言えるのは、駆動方式がどうなるにせよBEVでなければ制御できない新しい走りを実現してくれそうだということ。

 欧州プレミアムブランドとのBEV対決は、走りの制御も重要な要素のひとつとなる。

次ページは : ■最大のアピールポイントはデザイン

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ