三菱 アウトランダーPHEVラリーアートが24年デビューなるか!?

三菱 アウトランダーPHEVラリーアートが24年デビューなるか!?

 2022年1月の東京オートサロンで参考出品された三菱 アウトランダーPHEVベースの「ビジョンラリーアートコンセプト」を覚えているだろうか。販売も好調な三菱 アウトランダーPHEVだが、2024年にはこの「ビジョンラリーアートコンセプト」の市販版を投入する!!

※本稿は2023年1月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/三菱自動車
初出/『ベストカー』2023年2月10日号

■三菱の名門ラリーアートモデル復活!!

アウトランダーPHEVラリーアートは、専用エアロの採用と足回りの強化、ボディ剛性アップのほかパワーユニットはモーター出力のアップが図られる。新世代のスポーツプラグインハイブリッドモデルとしても注目だ(ベストカー編集部が作成した予想CG)
アウトランダーPHEVラリーアートは、専用エアロの採用と足回りの強化、ボディ剛性アップのほかパワーユニットはモーター出力のアップが図られる。新世代のスポーツプラグインハイブリッドモデルとしても注目だ(ベストカー編集部が作成した予想CG)

 好調な販売を見せているアウトランダーPHEVにハイパフォーマンス仕様を投入する計画が進んでいる。昨年1月の東京オートサロンで参考出品されたアウトランダーベースの「ビジョンラリーアートコンセプト」、これの市販バージョンだ。

 ラリーアートは、WRCやダカールラリーなどで鍛えられてきた三菱のモータースポーツブランド。

 その伝統の名が新型車として久々に与えられるアウトランダーPHEVラリーアートは、エアロや足回りによるチューニングだけでなく、パワーユニットも強化。2.4Lのプラグインハイブリッドをベースに、パワーコントロールユニットをチューニングしてモーターパワーを大きく引き上げてくるはずだ。

 高出力化と徹底したシャシーの強化でアウトランダーの「エボ」がついに登場する!

●三菱 アウトランダーPHEVラリーアート 予想スペック
・全長:4810mm
・全幅:1880mm
・全高:1748mm
・ホイールベース:2705mm
・車両重量:2180kg
・パワーユニット:2.4L、直4DOHC+モーター
・最高出力/最大トルク:135ps/21.3kgm
・システム最高出力:290ps
・トランスミッション:―
・予想価格:550万~610万円

【画像ギャラリー】アウトランダーPHEVは販売好調!! 2024年にはラリーアートモデルが堂々復活!!(8枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!