三菱の新車攻勢に期待高まる!! SUV尽くしで市場を席捲!?


 今年から2年後の2021年にかけて、三菱自動車が新車攻勢を仕掛ける。

 三菱の新車といえば、昨年はエクリプスクロス1台、その前は4年ほど新モデルを出していなかっただけに、いったん「出せるサイクル」に入ると新モデルが連発することになる。しかも世界的なブームとなっているSUVカテゴリーは、本来三菱の十八番。昨今進んできた電動化のブームも三菱はそのパイオニアの一角。

 日本市場では長く苦戦を強いられていたが、そのあいだ海外市場で力を蓄え、そのリソースを新車開発につぎ込んでおり、そうした成果がここ1~2年で「形」になる。三菱の新車攻勢が始まるのだ。

 以下、ベストカーが掴んだ三菱の新型車スケジュールをお届けしたい。

■三菱新型RVRとe-EVOLUTIONの特選写真はこちら

文:ベストカー編集部
『ベストカー 2019年4月10日号』「2021年までにくる! 三菱注目のモデルたち」より

■eKクロス 新発売 2019年3月発売

日産の先進安全装備「プロパイロット」が搭載されたことで、安全性能も大幅に向上している

 三菱自動車は、3月28日に新型「eK」シリーズを発表した。エクリプスクロス以来1年ぶりの新型車となり、月販目標台数は4000台。特に注目は新設定の『eKクロス』で、以下いずれも2WD仕様でM(141万4800円)、G(155万5200円)、ターボハイブリッド仕様のT(163万6200円)と3グレードを用意。

 日産とのアライアンス効果により、評判の高いプロパイロットの三菱版を用意。高い安全技術と快適装備、個性的なデザインと豊富なカラーバリエーションを持つ。

 この「eKクロス」は三菱オリジナルの仕様で、姉妹車である日産デイズにはこうしたSUV風グレードは用意されないところもポイントが高い。

■エクリプスクロス ディーゼル仕様追加 2019年5月中旬

アドブルーで排出ガスを浄化する尿素SCRシステム採用

 新型デリカD:5に搭載して好評を博している、新開発の2.2Lディーゼルターボと8速ATを搭載したエクリプスクロスが、今年5月中旬にデビューする予定だ。

 最高出力は145psながら、2000rpmという低回転から最大トルク38.7kgmを発生するディーゼルエンジンはとてもパワフル。車重1960kgのデリカD:5でそう感じるのだから、FFでは1460kgと500kg以上軽いエクリプスクロスが搭載したら、どうなるか想像しただけでワクワクするだろう。

 JC08モード燃費のほうは、車重が重いデリカD:5で13.6km/Lということを考えれば、エクリプスクロスではガソリンモデルの15.0km/Lを上回る数値になるかもしれない。価格はガソリンモデルよりも高くなるが、このパワートレーンの付加価値を考えれば、妥当なものと感じられる程度に収まるのではと思われる。

次ページは : ■RVR ビッグマイチェン 2019年8月中旬

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ