さよならありがとうMEGA WEB!! 22年の歴史に幕…跡地はどうなるの?


 都内近郊のクルマ好きにはお馴染みのスポット、お台場の「MEGA WEB」が閉鎖する。以前から決まっていたこととはいえ、行けば丸一日楽しめるクルマ関連スポットがなくなるのはさみしい。以下、MEGA WEBの歩みと魅力、「跡地はどうなるか」などをレポートします。

文/加藤久美子
写真/加藤博人

【画像ギャラリー】中国版ヴェルファイアも!! 大人気だった中国車展示シリーズ写真を含むMEGA WEBの思い出画像(15枚)画像ギャラリー

■累計1億2700万人が来場した「MEGA WEB」とは

 東京・お台場エリアに1999年3月にオープンした「MEGA WEB」が、今年(2021年)12月31日19時で閉館となる。22年9カ月の間に訪れた来場者数は累計でなんと1億2700万人。日本の人口とほぼ同じ人数となる。ちなみに累計来場者数は、以下のように推移してきた。

2000年5月 1,000万人 
2006年12月 5,000万人 
2016年7月 1億人突破!
2021年3月末 1億2,667万人 

 今回閉館となるのはMEGA WEBを構成する「トヨタ シティショウケース」「ヒストリーガレージ」「ライドワン」などすべての施設が対象となる。

 ちなみにMEGA WEBの最後を飾る特別展示はレーサー中嶋一貴氏の引退に合わせたもので、中嶋選手の功績を讃える特別展示「TGRドライバー 中嶋一貴の軌跡 2012-2021」が12月31日まで行われている。

日本人トップドライバーとして、またトヨタのワークスドライバーとして活躍し続けてきた中嶋一貴選手。2021年12月にレーシングドライバーとしての活動から退くことが発表された

 2018年に悲願の優勝となったル・マン優勝車のトヨタTS050ハイブリッドをはじめ、フォーミュラニッポンのFN09などの展示も行われている。

 MEGAWEBはトヨタグループの新車はもちろん、トヨタ最先端技術の紹介やモータースポーツ活動に関する展示、子どもや家族連れにも楽しく学べる展示や体験施設が豊富にあり、マニアックなクルマ好きから小さな子連れファミリーまで、老若男女…クルマにさほど興味がない人でも楽しめる施設だった。MEGA WEBがなくなるのは本当に寂しい。

 MEGA WEBの公式サイトでは12月31日までMEGA WEBファンクラブやTwitterなどで募集した。”MEGA WEBの思い出大募集♪”で投稿された数々のメッセージが公開されている。

https://www.megaweb.gr.jp/memories/

 子どもの頃にMEGA WEBに連れて行ってもらって楽しかった思い出や、MEGA WEBで子ども用のクルマを組み立てたり、キッズカーに乗ったりしているうちにクルマが大好きになった思い出など、読んでいるとなかなか胸アツになってウルウルしてしまう。

 筆者も息子が1歳の頃から幾度となくMEGA WEBに訪れていたので、閉館ときいて色々な思い出があふれ出てくる。

 MEGA WEBはトヨタの最新モデルや最新技術を知って様々な体験や試乗までできる場所でもあったが、「未来ある子供たちをクルマ好きに育てる」という偉大な役割も担っていたのだ。

多くの子供たちをクルマ好き、乗り物好きに育てる立役者となってきたMEGA WEB

■外国人来館者も多数!「おもてなしの極意」

 MEGA WEBの特徴のひとつに外国人来場者の多さがあった。今はもちろんコロナ禍にあって、外国人の来館者は少ないが、MEGA WEBの調査によると2019年1年間の来館者は国内6:海外4だったそう。筆者の記憶では平日などはとくに海外からの来場者らしき人々が多く、8割以上だったような印象がある。

 世界中で高い人気と厚い信頼を獲得しているトヨタ車の最新モデルに試乗(国際免許証でOK)もできて、しかもそのほとんどが無料で楽しめるため、とにかく人気が高かったのだ。パンフレットもドイツ語やタイ語、ロシア語、中国語など10か国語に対応していた。お台場という人気エリアに位置しており、ヴィーナスフォートや観覧車など人気施設近いことはもちろんだろうが、MEGA WEB見学は外国人向けのツアーにも組み込まれていて、非常に人気が高かった。

10か国語に対応していたMEGA WEBのパンフレット

 以前、外国人観光客の取材をした際、「何が魅力なのか」を聞いてみた。

「こんなに色々な体験ができるのに入館料が無料というのが素晴らしい。日本流、トヨタ流のおもてなしの極意を感じるよ。アメリカにもオートモールというショールームの集合体があるけれど、あくまでもそれは各社のディーラーが集まっているだけ」(アメリカ・カリフォルニア州)

「日本は2回目だけど、前回初めてMEGA WEBに来てあまりにも楽しくて絶対また来たいって思ったよ。ほとんどの展示車両はドアを開けて乗り込めるし、300円で試乗もできる。これはスゴイことだよ。もちろんフランスでは販売されていないクルマにも乗れるしホントに楽しい」(フランス)

「ヒストリーガレージがお気に入りだった。トヨタ車に限らず日本の古いクルマ、世界の歴史的名車を見る機会は中国ではほとんどないからね。珍しいクルマをたくさん見ることができて歴史の勉強にもなったよ。これも無料で見られるなんて感動だね」(中国)

 などなど。MEGA WEBを絶賛する外国人来場者が後を絶たなかった。

 バーチャルドライブが楽しめる体験施設やシミュレータゲームなどは多くの外国人客が列を作って順番待ちをしていた。

 また、海外来場者に対する「おもてなし」展示として他の日本車ショールームや自動車関連の施設にはない展示としてとびぬけてユニークな展示があった。それは、トヨタ自動車が中国で生産、販売しているいわゆる中国市場向けの車両が「常設」で展示されているエリアだ。

 こちらは、年間100万人を超える中国からの来場者に向けたトヨタ流のおもてなしとして始まった。例年、2月の春節や10月の国慶節のシーズンには中国から大挙してMEGA WEBに観光客が訪れる。中国の人々に喜んでもらうべく、トヨタ中国車の展示を始めたのである。

 中国語の化粧プレートを付けた左ハンドルのトヨタ車や中国製造であることを示す「一汽豊田」「広汽豊田」の漢字エンブレムはとても新鮮。2019年10月の取材当時はMEGA WEBを訪れる中国人来場者は年間120万人規模にもなっており、中国車展示エリアは大人気となっていたのだ。

広汽トヨタ レビン PHEV(广汽丰田 雷凌 双擎E+)など中国市場で販売中のモデルを展示。これ日本でも売ってくれんか…

 とくに、イベント期間中は日にち限定で1回10分間の試乗ができる中国来場者に限定した試乗も可能だった。中国の運転免許証があれば運転可能で、スタッフが運転する車への同乗試乗もOK。中国仕様のカローラPHEV、レビンPHEVの他、MIRAI、RAV4とC-HRのHEV、86も試乗車として用意されていた。実施日にはいずれの車種も試乗希望者が列を作って大変好評を博していた。

次ページは : ■広報担当者に聞いた「思い出のイベント」は?