ふた皮剥けた究極の新型シビックタイプR見参! 力作揃い 渾身の出展車にホンダ魂を見た【東京オートサロン2022】

ふた皮剥けた新型シビックタイプ見参! 東京オートサロンのホンダ出展車に驚愕!

 本日1月14日に開幕した東京オートサロンにホンダが出展したクルマは実に7車種以上!

 カモフラージュ仕様の新型シビックタイプRを筆頭に、ステップワゴンe:HEV SPADAコンセプト、フィットe:HEVクロスターカスタム、ヴェゼルe:HEV モデューロXコンセプト、N-WGNピクニック、N-VANカスタム「3rdPlace VAN」、N-ONE K-CLIMなど力作が並ぶ。

 さて、ホンダ渾身の出展車たちを紹介していこう。

文/ベストカーweb編集部
写真/ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】ひと皮どころか『ふた皮』剥けた新型シビックタイプRなど東京オートサロン出展のホンダ車を見る!!(24枚)画像ギャラリー

■新型シビックタイプRプロトタイプ

カモフラージュに包まれた新型シビックタイプR。ホンダブース最大の注目車だ。搭載が予想される2L、VTECターボエンジンの予想スペックは320ps/40.8kgm。従来型同様ながら、細部の改良によりトルク特性はチューニングされ、コーナー立ち上がりのレスポンスに優れたエンジンに進化しているという

 ホンダブース最大の注目車は新型シビックタイプR。ピンク色のカモフラージュに包まれたこの姿は、すでに鈴鹿サーキットでの走行シーンが公開されているので目にした人がいるだろう。

 まずエクステリアから見ていきたい。新型シビックハッチバックをベースにしたタイプRだが、バンパー内のグリルがハッチバックでは台形となっているのに対し、タイプRは逆台形。

 さらにバンパーやサイドスカートの形状が異なっており、専用のブラックアウトされたアルミホイールにブレンボ製キャリパーが装着されているのがわかる。

 さて、アルティメイト(究極の)スポーツを目指して開発された新型シビックタイプR。

 FF最速の座を獲得し、現行シビックタイプRでもはや、やることはすべてやったのではという印象があるが、はたしてどれほど進化しているのか、会場にいた現行および新型シビックタイプRの開発責任者である柿沼秀樹氏に直撃した。

新型シビックタイプRの開発責任者である柿沼秀樹氏。「現行モデルからふた皮ぐらい進化しています」とのこと。楽しみだ!


――現行モデルからどれほど進化しているのでしょうか?

柿沼氏:新型シビックは当然、しっかり進化していますが、その進化にタイプRならではの進化をプラスしました。

――エンジンは2L、VTECターボですか? 現行モデルでやり切った感はあるのでは?

柿沼氏:それがゴールか、いやもっとできるはずだ、という想いで開発しました。まだ何のエンジンか、排気量、スペックを含め、みなさんにお伝えすることはできませんがハイブリッドではありません。純ガソリンエンジンです!

――具体的にニュルブルクリンクのタイムはどれくらい速くなったのでしょうか?

柿沼氏:昨年10月のニュルブルクリンクのテストで手ごたえを感じています。すみません、何分何秒速くなったのかはまだ言えません。現行モデルからふた皮ぐらい進化しています。

――ふた皮ですか! それは凄い進化じゃないですか!

柿沼氏:速さもそうなんですが、意のままに操れる感覚、究極のスポーツフィールになっていると思います。現行モデルからさらに磨き上げています。クルマを信じ切って、ブレーキを我慢して、ラクに先代よりも速いスピードで入っていけます。

 ……ということで、柿沼氏のコメントにある通り、新型シビックタイプRには凄い進化を遂げているとみた。ちなみに新型シビックタイプRの日本発売は2022年内とアナウンスされている。

 価格や生産工場も明らかになっていないが、現行シビックタイプRからふた皮むけたその進化ぶりはいかなるものか、期待して待ちたい!

■ステップワゴン e:HEV SPADAコンセプト

新型ステップワゴン e:HEV SPADAコンセプト。SPADAをドレスアップして精悍さが増している

 1月7日に先行発表された新型ステップワゴンのe:HEVコンセプト。SPADAをよりスポーティにドレスアップしたもの。

 具体的にはOZ社製の18インチホイール、カーボンラッピングのサイドミラー、そしてAピラーからDピラーにかけてボディ上部にグラデーションのラッピングが施されている。

次ページは : ■ヴェゼルe:HEV モデューロXコンセプト