【3分で分かる東京モーターショー見所ガイド】発売直前出展車一挙公開!!


■マツダ 新型MX-30(EVの新型SUV)(展示場所 有明エリア南2ホール)

マツダMX-30

 マツダにとって初の量産EVとなるMX-30だが、パワートレーンは変わっても、ドライバーをはじめ、乗っている人すべてが楽しくなる、というマツダの走りのDNAは変わらないという。 フル充電での航続距離は200km。純EV仕様と、ロータリーエンジンを使ったレンジエクステンダー仕様の2タイプが用意されるという。欧州では2019年10月23日から予約受付を開始し、2020年後半から販売を開始。日本導入も決まっており、2021年中に発売というのが濃厚。なおドイツでの価格は3万3990ユーロ(日本円で約410万円)から。

■マツダの追加情報…マツダが初の量産EVのMX-30を世界初公開!!【東京モーターショー2019】

■スズキ 新型ハスラーコンセプト(展示場所 有明エリア西1ホール)

スズキハスラーコンセプト

「遊べる軽自動車」として一世を風靡したハスラーは、2013年の第43回東京モーターショーで初披露、その年の12月に正式発表となった。今回出展された新型ハスラーコンセプト」も、このままの姿で今年の年末あたりに正式発表される見込み。デザインは、タフさと力強さをプラス。都会にもなじむアーバンアウトドアスタイルと、ベーシックなデザインを融合させている。 このコンセプトモデルの車体寸法は、全長3395×全幅1475×全高1680mm。ホイールベースは2460mmで、現行型に比べて35mm延長。全高は15mm高くなっており、安全性能などがアップしている。すごく売れそう。

■スズキの追加情報…期待の新型ハスラー公開!! 小さいクルマをより磨き上げる【東京モーターショー2019】

次ページは : ■ダイハツ 新型ロッキー(展示場所 青海エリアBホール)

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ