【e-POWERモデルも狙い時!!】ノートに強力ライバル登場で値落ち不可避!??

 2020年2月はトヨタ「ヤリス」に続き、ホンダ「フィット」もモデルチェンジを行い国産コンパクトカーは活気づいている。そんな国産コンパクトカーのなかで、2012年9月より販売開始され、約7年半というロングセラーモデルが日産の「ノート」だ。

 先代モデルは1.5Lエンジンを搭載していたが、現行型は1.2L直3エンジンへと排気量をダウンサイジング。さらに、上級グレードには直噴化、ミラーサイクル、過給器のスーパーチャージャーを採用したHR12DDR型エンジンを採用するなど高出力、低燃費を追求した。

 しかし、ノートはトヨタ「アクア」、ホンダ「フィット」の牙城は崩せず、2016年の年間新車販売台数はコンパクトカーで3位(2016年)に甘んじていた。そのノートが、2017年の新車販売台数はプリウスに次ぐ第2位に躍進。そして2018年にはトップの座を獲得したのである。

 モデルライフが長くなっているノートの販売台数が伸びた要因は、2016年11月に追加されたe-POWERの効果にほかならない。e-POWERはリーフで培ったEV技術を利用し、1.2Lガソリンエンジンで発電、その電力を使用してモーターを駆動して走行するシリーズハイブリッドシステムのこと。

1.2L、直3エンジン+モーターを組み合わせるノートe-POWER。エンジンは発電用で、走行はモーターで行う

 燃料はレギュラーガソリンを使用するものの、EVと同じようにモーターを駆動させて走行するので、高い静粛性と鋭い加速性能そして優れた燃費性能により大ヒットにつながったのだ。そこで、今回はe-POWERのヒットによってノーマルのガソリン車がどう動いているのか。また、ヤリスやフィットのフルモデルチェンジの影響はあるのかなどを注目しながら、ノートの中古車事情を紹介する。

文/萩原文博
写真/NISSAN

【画像ギャラリー】2012年に登場したノート。その変化と特別仕様車をチェック!


■安全装備も充実の後期型の流通量多し! 市場動向にも変化あり

 ノートは2012年に販売開始されて以降、マイナーチェンジや一部改良など何度も行い商品力に磨きをかけている。今回はe-POWERの登場をキーポイントとするので、便宜上 e-POWER登場前の2012年~2016年10月までを前期型、2016年11月以降を後期型としたい。

2012年に登場したノート(前期)。初代ノートが採用していたBプラットフォームから、軽量化のためにVプラットフォームに変更。ヘッドライト、テールライトにブーメラン型で、ボディサイドには「スカッシュライン」というプレスラインを採用していた
2016年11月に大人気となっている「e-POWER」を搭載したモデルが登場。2018年7月には「e-POWER」搭載車に4WDが追加され、降雪地域のユーザーにも選択肢が増えた

 今月(2020年2月時点)で、現行型ノートの中古車は約6455台流通しているが、2012年~2016年10月までを前期型が約2300台、そして2016年11月以降の後期型が約4155台と中古車の流通台数は新車の販売台数に比例し、後期型のほうが圧倒的に多くなっている。

 現行型ノートの中古車の平均走行距離は、3カ月前の時点が約1.9万kmだったが、今月は約1.7万kmと短縮されている。その距離短縮に連動して、中古車の平均価格は3カ月前が約112万円だったが、今月は118万円まで値上がりしているのだ。

 中古車の平均走行距離が短くなり、価格が上昇するということの理由はふたつ考えられる。ひとつは、走行距離の進んだ安い中古車が市場から大量に姿を消したこと。もしくは、走行距離の短い未使用中古車が大量に市場に出回ったことのどちらかだ。

こちらの写真をクリックすると「ノート(前期型)」の中古車情報が見られます!

 確かに流通台数は約5700台だったので、700台ほど増加している。そこで、さらに中古車の走行距離を調べてみると、2019年式では走行距離500km以下が約300台。1000~3000kmの中古車が約200台。そして3000~5000kmという中古車が約500台も流通しているのだ。

 500km以下は未使用中古車で、1000~5000kmというのはレンタカーやディーラーでの試乗車アップのものだろう。最近のユーザーが1年で5000kmも走行して手放すとはとても信じがたいからである。

■ガソリン車がお買い得! 意外にe-POWER搭載モデルも狙い目

 それでは、現行型ノートの中古車のグレード構成を調べてみる。最も多いのは約1655台で「e-POWER X」。まだ販売開始から約3年しか経過していないにも関わらず、堂々の第1位。この点からもノートの販売台数はe-POWERに支えられているのがわかる。

 続いて第2位となったのが「1.2X」で流通台数は約1610台。こちらは2012年から販売されている1.2Lガソリン車の売れ筋グレードである。そして第3位は1.2Lスーパーチャージャーエンジンを搭載した「1.2X DIG-S」で約645台。続いて「e-POWERメダリスト」の約470台となっている。

 そこで、流通台数の多い1.2Xとe-POWER Xの平均価格の推移を比べてみた。年式は両モデルともに2018年式とした。その理由は2017年式が初の車検サイクルを迎えるクルマがあるため、中古車相場にブレが生じるからだ。まず最も流通台数の多いe-POWER Xは3カ月前の平均価格は約168万円で、今月は約163万円まで値落ちしている。流通台数も増加しており、買いのタイミングと言える。

こちらの写真をクリックすると「ノート(後期型)」の中古車情報が見られます!

 一方の、1.2Xは3カ月前が約119万円で、今月は約110万円まで値落ちしている。わずか3カ月で中古車の平均走行距離が倍近くまで伸びていることも大きく影響しているようだ。こうして見ると、人気のe-POWERのほうがガソリン車より値落ちは鈍い状況となっている。

 モデルライフが長くグレードが多彩となっている、ノートの中古車の価格帯は現在7万~約280万円と非常に幅広い。最も流通台数の多いe-POWER Xは68万~238万円と100万円以下で手に入る中古車も流通している。一方のガソリン車で最も流通台数の多い1.2Xの価格帯は約18万~約160万円とかなりリーズナブル。試乗した際に、充実した運転支援システムと高い静粛性が好印象だったe-POWER メダリストの価格帯は約95万~約230万円となっている。

■特別仕様車は希少! ライバル車の影響で今後高年式車も値落ちか

 ノートにはこういったモデルに加えて、特別仕様車やカスタマイズモデルなども多く設定されているのが特徴だ。なかでも1.6Lエンジン+MTというパワートレインを搭載した「NISMO S」は約74万~約220万円。100万円でも手に入れられる中古車もあり、MT初心者にはピッタリだ。

 また、「e-POWER NISMO」は139万~255万円。クロスオーバーSUVテイストをプラスした「e-POWER X C-ギア」の流通台数はわずか6台と少ないこともあり、価格帯は158万~198万円とまだ高値を維持している。そしてカスタマイズカーのオーテックはかなり流通台数少なく、最も多い「e-POWER オーテック」でも10台しかなく、価格帯は177万~228万円とまだ高値をキープしている。

トヨタ「アクア クロスオーバー」の対抗馬として2017年に登場した特別仕様車。2018年には「C-ギア リミテッド」が登場した

 中古車は、自車のフルモデルチェンジかライバル車がフルモデルチェンジした際に相場が動きやすい。ノートもヤリス、フィットとライバル車がフルモデルチェンジしたことで、高年式車の中古車を中心に値落ちには拍車がかかりそうだ。

【画像ギャラリー】2012年に登場したノート。その変化と特別仕様車をチェック!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ