登場から1年…売れまくり新型RAV4に早くも中古車が!! 広がる選択肢と相場情報

 システム最高出力306ps、満充電時のEV走行距離95kmというハイスペックを実現して、2020年6月より発売開始されたトヨタ「RAV4 PHV」。ガソリン車上回る人気で、発売3週間で受注停止となった。

 同じタイミングに、ミドルサイズSUVの人気モデル「ハリアー」がフルモデルチェンジを行うなど、トヨタはSUVマーケットに攻勢を掛けている。その攻勢を勢いづけたモデルが、2019年4月に登場したRAV4だ。

 2019年の新車販売台数は8カ月と少ないものの、5万3965台を記録し第16位にランクイン。もし1年を通じて販売されていれば、14位のホンダ「ヴェゼル」、15位のトヨタ「C-HR」を抜いて、SUV新車販売台数No.1に輝いていたかもしれない。

 そこで、今回は激戦の国産ミドルサイズSUVで人気の高い「RAV4」の中古車事情に迫ってみる。販売開始から1年が経過し、どのような値動きそしてグレードが流通しているのだろうか。

文/萩原文博
写真/編集部、TOYOTA

【画像ギャラリー】購入前に見ておきたい! 現行型RAV4の内外装を詳しくチェック!


■5代目RAV4はオンオフ問わない走行性能の高さが魅力

 木村拓哉をTV CFに起用し、大ヒットした初代モデルから数えて5代目にあたる「現行型RAV4」は2019年4月に登場。トヨタのクルマ構造改革であるTNGAを導入。最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」そして「安全・安心」「快適・便利」を提供するコネクティッドサービスも利用できるなど、高い安全性と利便性を実現した最新鋭のSUVとなっている。

1994年発売の初代RAV4。それまでのクロカン四駆とは一線を画し、日常使いにも優れた乗用車感覚のモデルとしてヒット。今に至るSUVのパイオニアといえる1台だ

 現行型RAV4の最大のトピックスは、オンオフ問わない高い走行性能を実現させる4WDシステム。注目は、ガソリン車の「アドベンチャー」と「G”Zパッケージ”」に搭載されている世界初となる新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」。

フロントデザインはよりオフロードを想起させる「アドベンチャー」、より都会的な「G・Xグレード」の2種類を設定。左が「アドベンチャー」、右が「ハイブリッド G」

 このシステムは走行状況に応じて、前後トルク配分に加え、後輪トルクを左右独立で制御する「トルクベクタリング機構」により、旋回性能を発揮。また、4WD走行が不要と判断した時には、後輪に動力を伝達させる駆動系を切り離す「ディスコネクト機構」の採用し、燃費向上を図る。

 そしてガソリン車の「G」と「X」の4WD車には、通常の走行時は前輪駆動の2WD状態で走行し、発進時や滑りやすい路面での走行時にはステアリングの操舵角から算出し、車両挙動に応じて、後輪にトルクを配分する「ダイナミックトルクコントロール4WD」を採用。一方のハイブリッド車には「E-Four」と呼ばれる電気式4WDシステムを搭載し、3種類の4WDシステムを用意している。

ダイナミックトルクベクタリングAWDを搭載した「アドベンチャー」のオフロード走行。対角線スタックでタイヤが空転しても、トルクベクタリング機構が働いて、駆動トルクを最適配分すると同時に、ブレーキLSDが働いて瞬時にトラクションを回復させる

 現行型RAV4のパワートレインは、最高出力171ps、最大トルク207Nm(21.1kgm)を発生する2L 直列4気筒ダイナミックフォースエンジン+10速シーケンシャルシフトマチック機構の付いたCVT。そして、システム最高出力222ps(2WD車は218ps)を発生する2.5L 直列4気筒ダイナミックフォースエンジン+モーターというハイブリッドシステムの2種類。

 駆動方式はガソリン車、ハイブリッド車すべてに2WDと4WDを設定し、ガソリン車にのみアクティブ感を強めた「アドベンチャー」というグレードが用意されている。

2L 直列4気筒ダイナミックフォースエンジン(写真左手前)と2.5L 直列4気筒ダイナミックフォースエンジン+モーターのハイブリッド(写真右奥)

■人気のハイブリッドモデルも割安感アリ! 充実の中古車市場

 販売開始から1年が経過した現行型RAV4の中古車の流通台数は約360台と人気モデルだけあって非常に豊富。しかも、3カ月前の2020年4月の時点ですでに現在と同じ360台となっていた。

 中古車の平均走行距離は現在でも1000km以下で推移しており、走行距離の少ない中古車が中心となっている。注目の平均価格の推移だが、3カ月前の時点が約314万円で、現在は約322万円へと値上がり基調となっている。

ボディサイズは全長×全幅×全高は4600×1855×1685mm。新開発されたTNGAプラットフォームはカムリなどと基本設計を共通化したものだ
オレンジのアクセントカラーが配され遊び心も感じさせるインテリア

 RAV4の新車価格が265万6500~388万8500円なので、グレードと装着されている装備次第では、中古車のほうが割安となっているし、何より新車より納車までの期間が短く、この夏にも活躍してくれるのは嬉しいところだ。

 現行型RAV4の中古車の価格帯は約236万~約498万円で、400万円を超える中古車の多くはカスタマイズ済の中古車となっている。

●ベストカー厳選の気になる「現行型RAV4」の中古車情報はコチラ!

 約360台流通している現行型RAV4の中古車のうち、約226台は走行距離500km以下で、未使用中古車が多く流通しているのが特長だ。中古車のグレード構成を見てみると、約100台と最も多いのが「アドベンチャー」で、価格帯は約269万~約403万円。続いて多いのが、約93台の「Z”Gパッケージ”」で、約270万~約474万円で、最もカスタム済の中古車が多い。

 ここまでは2Lガソリン車が占めたが、第3位は約56台でハイブリッド車の上級グレードである「ハイブリッドG 4WD」がランクイン。価格帯は約329万~約498万円となっているが、新車と比べて割安感が最も高いのはこの「ハイブリッドG 4WD」となっている。

 ボディカラーやオプション装備などに制約があり、車検期間は若干短くなることもあるが、高コンディションの中古車が新車より割安に手に入り、納車期間も短いというメリットがあるので、新車のRAV4を検討している人は、こういった中古車にも選択肢を広げてもらいたい。

【画像ギャラリー】購入前に見ておきたい! 現行型RAV4の内外装を詳しくチェック!

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ