売れまくり新型RAV4に早くも中古車が!! 広がる選択肢と相場情報

 システム最高出力306ps、満充電時のEV走行距離95kmというハイスペックを実現して、2020年6月より発売開始されたトヨタ「RAV4 PHV」。ガソリン車上回る人気で、発売3週間で受注停止となった。

 同じタイミングに、ミドルサイズSUVの人気モデル「ハリアー」がフルモデルチェンジを行うなど、トヨタはSUVマーケットに攻勢を掛けている。その攻勢を勢いづけたモデルが、2019年4月に登場したRAV4だ。

 2019年の新車販売台数は8カ月と少ないものの、5万3965台を記録し第16位にランクイン。もし1年を通じて販売されていれば、14位のホンダ「ヴェゼル」、15位のトヨタ「C-HR」を抜いて、SUV新車販売台数No.1に輝いていたかもしれない。

 そこで、今回は激戦の国産ミドルサイズSUVで人気の高い「RAV4」の中古車事情に迫ってみる。販売開始から1年が経過し、どのような値動きそしてグレードが流通しているのだろうか。

文/萩原文博
写真/編集部、TOYOTA

【画像ギャラリー】購入前に見ておきたい! 現行型RAV4の内外装を詳しくチェック!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ